ぶどうの樹の発芽☆

2018年05月23日

なんと美しい「発芽」でしょう~~~

寒冷地では、水を撒いて氷に包んで春の霜から芽を守る

とも言われる「発芽」を目にし、

感動を伝えられずにいられません!!

剪定された枝を一本ずつ、枝を横に倒して折り曲げる作業を

「誘引」と言いますが、その後、

「発芽」したぶどうの樹がこちらです。

樹形を整え一定の収穫量を確保してゆく技術のひとつが「誘引」。

ワイン用ぶどうにおける栽培には欠かせない作業で、

ぶどうの成長に無駄な競争力を抑えるため

樹の形を整えてすべての芽に均等に養分を分けて届ける役目を果たします。

「発芽」は「萌芽」とも言い、その後、葉がひろがる「展葉」を迎え

「蕾」へと成長します。

今週から北星学園大学でのワイン講座が開講します。

講師として「ワインづくりの一年を学ぶ」講座を担当いたします。

可憐で優しく、かつ力強い、心ときめく美しい萌芽です☆

IMG_7559.jpg

◆ 「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!

◆ 阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道の

   「食」「観光」「環境」「音楽」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!

◆ 北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9404

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)