【ワインの歴史】北海道シリーズ その32.

2018年05月29日

最近はいろいろな準備があり、

余市や空知エリアのワイナリーへ足を運んでおります。

その中で、いつの日か、この方のワインを

存分に堪能できたらいいな~~と、

想いが絶えないのは「平川ワイナリー」のワインです。

ワイナリーの設立は2015年。

オーナーは醸造家の平川敦雄さん。

大変有名な方ですね。

22歳でフランスへ渡り、フランスの農学部門最難校という

アグロモンペリエを日本人で唯一卒業。

有名ワイナリーでぶどうの栽培やワイン醸造を数々経験し、

帰国後はザ・ウィンザーホテル洞爺でシェフソムリエとして活躍。

小樽の北海道ワイン株式会社での勤務を得て

余市町で、ワイナリーオーナーとして独立をされました。

経験から実践まで、

まさに世界レベルを知っていらっしゃるという方です。

私が平川さんのワインを初めてテイスティングしたのは

市内ホテルでのメーカーズディナー。

全ての銘柄が日本ワインと思えないほど、

香りが豊かで酸味が心地よく、エレガントで高品質で、

この日のフレンチキュイジーヌにベストなペアリング。

忘れられない、本当に忘れられない贅沢なひとときとなりました。

(お連れくださったY.Kさんに感謝~~)

醸造品種は主にケルナー、ソーヴィニヨンブラン、ゲヴルツトラミネール、ピノ・ノワール。

栽培面積は5ha、生産本数は年間2万5千本(H29年度)

直売はしていないワインなので、

またいつの日か、メーカーズディナーでじっくりと

テイスティングできる日を心待ちにしております。

そろそろ、ワイナリーへも足を運んでみたいと思います。

ちなみにこの日のベストペアリングがこちら!

ウニのフランと「ケルナー レジェ―ルモン・ドゥー」

口の中でのウニの香りと穏やかな酸味と果実味が、、、

まさに、とろける!ひとときでした☆

hirakawa08.jpg

◆ 「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!

◆ 阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道の

   「食」「観光」「環境」「音楽」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!

◆ 北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9425

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)