北海道は酒造り王国☆

2018年02月22日

とあるきっかけがあり

調べてみました!

北海道のワイナリー、酒蔵、焼酎メーカー、ウィスキー蒸留所が

いったい何軒あるのでしょうか。

2018年1月において、

北海道のワイナリーは35ヵ所、

酒蔵は14ヵ所、

焼酎メーカーは2カ所、

ウィスキー蒸留所は2カ所、

北海道って、こんなにも酒造りが盛んだったなんてっっ

改めて驚きです!!でも納得~~~

なぜなら、、、

北海道の自然資源はこんなにも豊かで世界の避暑地と言われるほど。

四季が明瞭な気候のもと、

食資源が豊富で観光資源に溢れ、

そこに集う人たちもとてもユニークな個性派揃い。

この資源豊かな大地から生まれるお酒は、

水がキレイだからこその日本酒やウィスキー、焼酎であり、

唯一、仕込みの際に水を使わないお酒であるワインもまた、

北海道の気候の下で栽培される良質なぶどうが育まれるからこその

美味しいワインに仕上がります。

しかも!ワイナリーやウイスキー蒸留所は

これから開設を控えている生産者の方々がまだまだおられ、

北海道ので酒造りの今後は

ますます目が離せません。楽しみでなりません。

北海道の魅力は、やはり「食」と「観光」

豊かな食、観光資源をどのように活用して

北海道ならではの文化に形成してゆくか。

多くの伸びしろを秘めた北の大地に生まれたことを

心から、誇りに思う今日この頃です。

こちら、

先日講演をさせていただいた北海道スタンダード研究会の懇親会で

ご用意くださった道産ワイン。

高品質なセレクトに、ご担当者さまのお目の高さを感じ

嬉しくてたまらないひとときでした☆彡

(向かって左から)

三笠市 TAKIZAWA WINERY「ケルナー2016」

洞爺湖町 月浦ワイナリー「ミュラートゥルガウ2016」

     月浦ワイナリー「ドルンフェルダー2015」

IMG_7022.jpg

◆ 「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!

◆ 阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道の

   「食」「観光」「環境」「音楽」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!

◆ 北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9083

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)