【ワインと紅茶のテロワール☆】

2017年10月26日

北海道のワイナリーでは今年も、

ワインの仕込みが始まりましたね!

北海道のように冷涼な気候の下ではブドウがゆっくり成熟し、

酸が高く白はフレッシュ、

赤は繊細で複雑味を兼ね備えた

タンニンの多いワインという印象の中、

ここ数年ではブドウの糖度が高くなり、

香り豊かなエレガントなニュアンスのワインも多く登場しています。

開花から収穫までの100日間、今年は昨年よりも雨量が少なく

期待できるヴィンテージになるのではないでしょうか^^

まさに、ドメーヌ的な生産者たちが

その土地ならではの風土を醸す、テロワールを表現する

ワインを製造している所以ですよね。

ちなみに「テロワール」

フランス語で地勢や土壌、気候の特徴を指します。

実は紅茶もまた、「テロワール」が表現された

土地と香の特性が溢れている奥の深い世界であることを知りました。

ワインと紅茶の共通項をテイスティングから感じ、体験する

今月の「和飲(わいん)な人時間(ひととき)」

10年目のプログラム節目の機会である今月は、

宇都宮市からシニアティーコーディネーター根本泰昌さんをお迎えし、

「和飲な人時間」第一回目で特集をした

洞爺湖町、月浦ワイナリーのワインをご用意して

「ワインと紅茶のテロワール」をテーマにお届けいたします。

どのような内容になるのか、

私自身も今から楽しみでなりません。

紅茶を通したまちづくり、文化づくりを日本全国で手掛けられる

根本泰昌さん。

ワインの生産者として熱い志を貫く岸本雅直さん。

お二人の共演の模様は、

お料理とのペアリングとともに

改めて、

後日レポートをしたいと思います。

どうぞお楽しみに☆

IMG_5989.jpg

teacup.jpg

※Y's tea ネットワーク様のHPより引用させていただきました画像です

◆ 「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!

◆ 阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道の

   「食」「観光」「環境」「音楽」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!

◆ 北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8656

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)