空知のワイナリーを巡る格安のタクシーツアーが大人気です☆

2017年06月18日

岩見沢市といえば、、、

この秋には近藤さん兄弟と中澤さんが共同で

「栗澤ワインズ」を開設する動きもあり、

空知地方は後志地方と同様、

ワインづくりにおける話題が絶えないますます注目のエリアですよね。

そのような中、

昨年からスタートした

貸切りタクシーで岩見沢近郊のワイナリーを巡る格安ツアーが大人気とのニュース!

岩見沢市の観光協会による観光タクシー事業の一環で

10月31日まで開催するとのことです。

(6月18日付北海道新聞朝刊にも掲載されておりました)

道内のワイナリーはまさに、これからブドウの花が開花するシーズン。

どうか昨年のような台風による被害が出ませんよう、

切に願うばかりです。。。

岩見沢市では

2006年から本格的にワインの製造販売をスタートしたのが

宝水町に位置する「宝水ワイナリー」。

2014年には映画『ぶどうのなみだ』ロケ地にもなり、

今も、道内外各地域よりワイナリーを訪れ

醸造所やブドウ畑を鑑賞しながら

ロケセットに映画への想いを巡らすお客さまが絶えません。

今月のクロスホテル札幌「和飲(わいん)な人時間(ひととき)」では、

今、ほとんどの銘柄が終売で直売店限定によるワインのみのお取り扱いとなっている

「宝水ワイナリー」の4銘柄と

「宝水ワイナリー」で販売されているソフトクリームでもおなじみの

興部町「ノースプレインファーム」のチーズ3種による

ペアリング特集です。

宝水町ならではの雪、水に表現される大地のテロワールが凝縮されたワインと、

高品質な牛乳から製造される

こだわりのチーズをふんだんに使ったメニューで、

今月も、和やかに食べ飲み語らう大人たちの時間を演出いたします。

「宝水ワイナリー」からはトークゲストもお迎えいたします。

ちなみに「宝水ワイナリー」は年中無休なので、

まだ訪れていないという方はぜひぜひ、

ワイナリーへ直接足を運んでみてくださいね。

古材を使ったアンティークな風情たっぷりの外観、

赤い屋根が目印です☆

IMG_4731.jpg

◆ 「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!

◆ 阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道の

   「食」「観光」「環境」「音楽」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!

◆ 北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8127

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)