北海道産ワインの希少銘柄を飲む☆

2016年10月22日

なかなか飲む機会がない、

購入するのが難しい、

そのような数量限定、かつ希少銘柄に人気が集まる傾向にある

北海道のワイン。

新しいワイナリーが開設ラッシュを迎えてゆく中、

老舗ワイナリーもマイナーチェンジを図り、

ワイン王国の可能性は、

本物の価値を追求すべく相乗効果がもたらされ

良い意味での勢いを感じずにはいられません。

海外進出への礎となるマーケティングも必要なときにある、

そう思いを新たにするひとりです。

先月、希少銘柄を飲み比べる機会がありました。

こちら、ラインナップ!

IMG_2153.jpg

限られた市場でのみ流通している4社4銘柄は

どれも個性的で、これまでの北海道産ワインに比べると

スタイリッシュ!

リタファーム&ワイナリーの「HANABI」は日本の和を感じますよね~~

今回、初めて飲んだ驚きのお味は、こちら!!

三笠市近藤ヴィンヤードの「tap-kop KonKon2014」

エチケットはシリーズものだそうです^^

IMG_2157.jpg

タプコプとは農場の名前です。

自然酵母での発酵、ステンレスタンクでの発酵を続け、

乳酸発酵も行いながらの、醸しの白ワイン。

2014ヴィンテージはややロゼの色味があり、

香りが広がる中タンニンも感じつつ、

熟成する辛口。

甲殻類との相性が抜群でした^^

次回また、お口にかかれるチャンスは来年以降とのこと。

その機会が今からとても楽しみです。

そうそう、

来月にはニセコに、とっておきのお店が誕生いたします!!

北海道のワインもしっかりセレクトする

大変注目のスポットです!!

詳細は、まだお伝えできませんが・・・

次回以降で

改めて、こちらのブログにてお知らせいたしますね☆

◆ 「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!

◆ 阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道の

   「食」「観光」「環境」「音楽」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!

◆ 北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7159

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)