【北海道のワイン】が海外でも大注目の兆し☆

2014年10月05日

映画『ぶどうのなみだ』が公開となりましたね!

私が北海道のワインを飲み始めた頃は思いも寄らないことでした。
北海道のワイナリーが、映画の舞台になったのです。
日本でのワインづくりにおいてはまだまだ歴史が浅い
北海道において、
北海道でのワインづくりを応援したいという関係者達の思いが
今回の、映画の誕生を実現させたのだと
感激するひとりです。
ワインの季節にふさわしい映画の公開に、
ますます秋の深まりを感じる日々。。。
私もロケ候補地探しにおいてお手伝いをさせていただきました。

是非映画をご覧になってくださいね~♪


北海道では盛り上がる道産ワインですが、
道外では、まだまだ過渡期の第一段階。

首都圏の北海道展に出展をしても
お客様は顔馴染みの方々ばかりで、
認知度は、やはり老舗の
十勝ワイン、ふらのワイン、おたるワインが圧倒的な人気です。

そのような中で新しいワイナリーを紹介させていただくと、
皆さん興味をもってテイスティングをしてくださり
様々な感想をお話しくださるのは私自身にとっても大変勉強となります。

更に、将来的な可能性として貴重な情報は、
ワインづくりの本場であるフランス、イタリアでの
北海道のワインに対する注目度が高くなっているというお話も!

今や、アジアだけに留まらない
北海道産品の可能性は、
世界規模で、必要とされている時期が
押し寄せているのかもしれません。まさに追い風。

ワインだけではなく、例えばアメリカではラーメンが人気上昇中。
フランスやイタリアでは
日本酒、お米、ラーメンが大絶賛されているとか。

北海道の一次産業は、
やはり観光業以上に基幹産業であると納得です!!

 

北海道のワインづくりが、
一次産業としてこれから、
益々大きな転換期を迎えるのでしょうね。
とにかく作り手の方々に敬服の意が絶えません。

 

こちら、、、
既に完売のナカザワヴィンヤード「クリサワ ブラン2013」

これまでにない、
瑞々しさの中に広がる柔らかい酸味が印象的でした☆

 IMG_20141005_132627[2].JPG

 

◆ 「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!

◆ 阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道の

   「食」「観光」「環境」「音楽」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!

◆ 北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!

 

 

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3416

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)