【ココ・ファーム・ワイナリー】ワインを学ぶひととき☆

2013年12月16日

初冬を迎えた、高い青空が印象的なひとときでした。

 

栃木県、足利市で、今年ワインづくり30年を迎えた

ココ・ファーム・ワイナリー

こころみ学園という、

知的なハンディを持つ方々が共同で暮らすこの場所で、

ぶどうが育てられ、収穫され、瓶詰めされるワインづくりが、

今や、九州沖縄や北海道サミットで提供されるほどの名誉を受け、

また、次への新しい世代の人材に受け継がれています。

 

行き交う学園の方たちはとても明るく

「こんにちは!」と挨拶をしてくれました。

 

こころみ学園の畑と国内の契約栽培家の畑で育てられたぶどうは、

天然の自然酵母で発酵されています。

こころみ学園の農夫と、ココ・ファーム・ワイナリーの栽培醸造家たちが手がける

国産ぶどう100%を原料にしています。

ワイナリーには見学コースが有り、

併設のカフェでは地元の無農薬野菜を中心にしたお料理を

ワインとともにいただくことができます。

 

実際に訪れてみることで、

これまでの印象とは格別に違い、

農夫の方々の情熱を身近に感じながらの奥の深いワインの味が

喉を潤しました。

自然がみなさんを生き生きとさせているのではなく、

農夫の皆さんが、生き生きとした味わいのワインを

育んでいるという印象。 

私自身にも、

新しいエネルギーをいただいた、そんな心地良さで

ワイナリーを後にしました。

 

人の気持ちを豊かにさせてくれる、

そのようなストーリー、農夫のみなさんの思いが

ココ・ファーム・ワイナリーのワインには凝縮されているのではないでしょうか。

一方で、

ここまでの歴史には様々なご苦労もあったのではないかと推測しますが、

その経験を良きバネとしているからこその

ワインを飲む人を幸せにさせてくれる味、そのような印象です。

 

私にとっても今回の視察は、

自身のこれまでの取り組みが

また一歩目標に近づくことができた、

勇気と感謝の気持ちをいただいた良き体験となりました。

 

これまで応援をしてくださり、支援をしてくださる

周りの皆さまの存在あっての

今の私なのだと、

気持ちも新たに、

これからの2年後、3年後以降の自身の方向性も踏まえて

前進あるのみ、

地道にお仕事道を邁進いたします^^

(と、力みすぎないよう注意注意~~笑

 

今回、視察のきっかけをくださいました方に

心から御礼申し上げますm(_ _)m

 

ココファームワイナリーのワイン、

とにかく心が豊かになる幸せの味を、

ぜひ一度、ご試飲くださいませ♫♫

coco02.jpg coco01.jpg

 

◆ 「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!

◆ 阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道の

   「食」「観光」「環境」「音楽」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!

◆ 北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!

 

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1699

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)