« バリカンとワタシ | メイン | 食べるのも人の手頼み »

牢名主みたいなワタシ

2013年04月08日


 (広々した特等席に寝て、仲間の挨拶を受ける)

老犬ホームへショートステイに行く回数が増えた

今日は3泊4日のお泊りを終えて帰って来た

ユウが右手親指を怪我したのとヨシの外泊が理由

「介護疲れが出ると困りますから遠慮なく」

そう言ってくれる辻主任さんの言葉に甘えているみたい

5日に行った時はホームに9頭の仲間がいた

16歳8か月のワタシは最高齢

壁際の一番良い場所に置かれた布団が専用席

みんなが代わり代わり、挨拶に来る

寝たままで挨拶を受ける

まるで時代劇に出てくる牢名主みたいだ

褥瘡(床ずれ)を治療してもらうのが主な目的

治療用の絆創膏を貼り直してもらう

9日に迎えに来たヨシとユウが床ずれを見て

「小さく、きれいになりましたね」と喜んでいた

「よく寝て、良いウンチをして~」とSさん

これって、ほめ言葉だよね

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20419

コメント

オパ!チャン~
牢名主(笑)ホームを仕切ってる?(笑)
床ずれが良くなっているようでヨカッタ★ヨカッタ!
よく食べて、飲んで、唄って、踊って??
ヨシさん、ユウさんを仕切ろう ^0^

プロフィール

プロフィール

オパール
 日本初(?)のブロガー犬。16歳、雌。新潟県長岡市で10年間、盲導犬として働き、2008年夏、引退。生まれ故郷の札幌に戻り、リタイア犬委託ボランティアのヨシ、ユウと暮らす。

ヨシ(児玉芳明)
 2008年夏、プロサッカー運営会社を退職。いくつかのボランティアをしている。パピーウォ―カーとして5頭の盲導犬候補犬を育てた経験を持つ。元新聞記者。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー