« 車イス犬ドール  がんばって!!! | メイン | 元繁殖犬ドールの最後の言葉と遺影 »

さようなら ドールおねえちゃん

2013年01月31日


 (みんなに愛され、大切にされていたドールおねえちゃん=昨年12月9日)

「オパ-ルに悲しい知らせをしなければいけません

ド-ルおねえちゃんが 昨晩 天国に召されました

オパ-ルも冥福を祈ってください」

悲しい知らせが届いた

「車イス犬ドール がんばって!」と書いたばかりなのに

31日夜、18歳での旅立ちです

繁殖犬として大活躍し、北海道盲導犬協会の

老犬ホームに帰って来てからは、だれからも愛され

最高齢犬として、みんなの目標でした

ワタシも協会に行くたびに、ご挨拶していた

昨年10月にはNHKテレビ「北の大地 犬と人の物語」に出演

車イス試作に協力しているところが放映され

車イス犬として一躍有名になっていた

でも昨年暮れに会った時はタオルケットにくるまれて

固まったように寝たきりだった

もう一度元気になって車イスに乗ってほしかった

とても残念だけど、これからはゆっくりしてね

さようなら サヨウナラ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20020

コメント

ドールおねえちゃん本当にお疲れ様でした。
ゆっくり休んで下さい。
先日協会から頂いた広報誌にドールおねえちゃんが紹介されていたのに…命あるものの死は本当に悲しいですね。オパちゃん、しっかり頼むで!!
心よりご冥福をお祈りいたします。

いつも読ませていただいています。

残念です。
誰にでも最期の日は来るのですが、それに直面することは…。
うちの娘も元気にしていますが、今年で12歳。来たるべき時を考えると、胸が苦しいです。

ドールちゃんも安らかにお休みください。
そして、オパールの健康をお祈りしています。

合掌。

先週の金曜日は、ド-ルは辻さんに抱かれて
穏やかな、まるで、仏様のような表情をしていました。私が帰った後に様態が悪くなったようです。葬儀には、「北の大地」のNHKのスタッフも、来てくれました。その他、車椅子を作ってくれた会社の人、アロマの先生、いつもド-ルの体によいものと料理して食べさせてくれたボランテイアの人たちに見送くられての旅立ちでした。

プロフィール

プロフィール

オパール
 日本初(?)のブロガー犬。16歳、雌。新潟県長岡市で10年間、盲導犬として働き、2008年夏、引退。生まれ故郷の札幌に戻り、リタイア犬委託ボランティアのヨシ、ユウと暮らす。

ヨシ(児玉芳明)
 2008年夏、プロサッカー運営会社を退職。いくつかのボランティアをしている。パピーウォ―カーとして5頭の盲導犬候補犬を育てた経験を持つ。元新聞記者。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー