« アトム 元気にしていますか? | メイン | いい枕だな 楽ちんだな »

あっちこっちが痛いワタシ

2013年01月22日


 (横になっているワタシを二人と一匹で”最終検査”)

先日、老犬ホームにショートステイしてきた

爪切り、耳そうじ、尿検査、イボ治療

人間ドックならぬ犬ドックをしてもらった

「イボ治療は痛いからやめようね」

と、しばらくやらなかったが、口のはたのが盛り上がって

いずかったし、出血もしていた

諏訪先生が見かねて焼いてくれた

すぐ黒くなって細胞が死んだようで一安心

尿検査もパスしたが

足裏の一部が化膿していたのには自分でもびっくり

「そう言えば、タオルケットに血が付いていたことも」

迎えに来たユウとヨシが足の裏やイボの治療跡を確認

その様子を老犬仲間も心配そうに見に来る

一週間分の抗生物質をもらって犬ドックも無事終了

それにしてもあっちこっちに故障が出てくるね

老犬ホームのお姉さんに見送られて自宅へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19964

コメント

いぼの治療は、1日で終わったのですか?
オパ-ルは、いぼの治療が長かったから
心配です。「犬ドック」も大切だから、我慢して受けてください。

プロフィール

プロフィール

オパール
 日本初(?)のブロガー犬。16歳、雌。新潟県長岡市で10年間、盲導犬として働き、2008年夏、引退。生まれ故郷の札幌に戻り、リタイア犬委託ボランティアのヨシ、ユウと暮らす。

ヨシ(児玉芳明)
 2008年夏、プロサッカー運営会社を退職。いくつかのボランティアをしている。パピーウォ―カーとして5頭の盲導犬候補犬を育てた経験を持つ。元新聞記者。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー