« 2011年05月 | メイン | 2011年07月 »

町内一周散歩が出来た!!

2011年06月28日

%E3%82%AA%E3%83%91%E3%81%A8%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E7%B8%AE%E5%B0%8F.jpg

(フーン  これが新しいサプリ 効果があるといいな)


足が痛いせいか座ったり、立ったりがおっくう

部屋の中をうろうろ歩いている方が楽チン

横になる時は座ってから、よっこらしょ

掛け声をかけないと、だめになってきた

横になるのが大変なので、大好きなトイレの前で寝る時間が少ない

外に出るときはオシッコとウンチのときだけ

散歩なんて、ごめんなの

そんなワタシを見ていて、老犬ホームの辻さんに

ユウが相談した

  「足が痛いのかもしれませんね。新しいサプリメントが入ったので試してみますか」

  「痛みが薄らぐかもしれませんから」

  辻さんがそう言ってくれた

犬用の栄養補助食品

  グルコサミン、サメ軟骨抽出物、緑イ貝粉末、ヒアルロン酸

  アガロオリゴ糖、西洋ヤナギ、松樹皮エキス、トコトリエノール

  などなど

その中の西洋ヤナギは抗炎症、鎮痛作用が期待できるらしい

ヨシは盲導犬協会の評議員会に出席したついでに

老犬ホームの奥村さんから可愛い袋にいれてもらって

持ち帰った

27日夜から食事と一緒に食べている

翌28日朝食後の散歩では町内をぐるっと一周出来た

  「どこまで行ったの?」

  「あれれ 今日はよく歩いたね」

ユウが驚くほどの長距離散歩に成功

  「こんなに効果が出るなら明日は走れるかな」

  まさかね


 

後ろ足の調子が悪い

2011年06月22日

%E3%82%AA%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E5%BE%8C%E5%A7%BF.jpg

   (歳が足に来るのかな まもなく15歳だからなあ)


このごろ後ろ足の調子が悪い

歩いている最中にがくってきてしまう

   特に左の後ろ足が

   なんか、いつもブルブル震えているし

   内側に入ってしまう

立ち上がるときもなかなか踏ん張れない

ヨシやユウに「ヨッコラショ」って引っ張ってもらう

   「どうしちゃったのかなあ」

   情けなさそうな顔のワタシ

そんなワタシを見て、二人は

「しょうがないよ 今までいっぱい歩いたんだから」

と慰めてくれるのだが

ブラッシングの時のマッサージは気持ちがいい

ピーンと足を精一杯伸ばす

ヨシは「針治療がいいとアメリカの本に書いてあった」と言う

どこかで、針治療してくれるところはあるのかな

でも、痛そう

やめた方がいいよ

2,3日前、ヨシは老犬ホームから体を支える布のバンド

を借りてきてくれた

足を通してジッパーで留め、背中にある持ち手で

立ち上がったり、歩くのを補助してくれる仕組み

一度、使ってみたが

   「まだ、そこまではいらないよ」

   と、見栄をはってみせた

せっかく借りてきてくれたのだから、そのうち使って

やろうかとは思っている

毛変わりシーズン

2011年06月17日

  
DSCN1048.JPG

(頭のブラッシングは気持ちがいいけれど~)


やっと暖かくなった

今朝からユウはワタシの布団に日を当てたり

タオルの選択に忙しい

「さあ ブラッシングをするよ」

ヨシも張り切っている

ワタシはブラツシングがあまり好きではない

「ほら、こんなに抜けるよ 今日は」

ゴムのブラシ、そのあと金櫛、最後に毛のブラシ

いくらでも抜けてくる

10分たっても終わらない、20分たっても

30分くらいはかかったかな

「夏毛に変わるんだね」

いつまでたっても終わらないブラッシングに

ワタシはついにへたり込んでしまった

「だめでしょ もう少しだからね」

ユウが出てきて頭をそっとゴムブラシでなでてくれた

  これは気持ちがいい

  なんかうっとりしてしまう

すいた毛が、ご近所に飛び散ったらタイヘン

ヨシはあちこちに散らかった毛を集めたら

両手に山盛り

「あれ オパール 痩せたみたいに見えるよ」

だって

わたぼうし音楽祭に行きたい

2011年06月10日

%E8%BB%8A%E3%81%AE%E8%97%A4%E7%94%B0%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8%E3%82%AA%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB.JPG

  (昨年夏、ワタシに会いに来てくれた藤田お父さんにすり寄るワタシ)

長岡の藤田芳雄お父さんからヨシにメールが来た

今年8月に奈良で開かれる、わたぼうし音楽祭で

お父さんが書いた「ありがとうオパール」の詩に曲がついて

発表されるらしい、という内容

3年前、ワタシが長岡を去る時に、お父さんが書いてくれた詩

作詞部門ではすでに入選が決まっていた

それに曲を付けた作詞作曲部門でも入選が決まったらしい

作曲は公募で、60人が応募したという

「8月7日(日)奈良県で開催される音楽祭で発表される

ことになっています。 私も今から楽しみにしています」

とメールは結ばれていた

わたぼうし音楽祭は1976年、障がいのある人たちの思いを

多くの人々に伝えようと日本のふるさと奈良で始まった

障がいのある人たちがつづる‘心の詩”です

近年はアジア太平洋わたぼうし音楽祭も生まれ

2年に1回、アジアの各地で開催され

わたぼうしの種が海を越えています

「ありがとうオパール」の歌がアジアへも飛んで行くかも

   「歌が発表される8月7日にはワタシも奈良に行きたいな」

    ヨシは盲導犬協会の獣医師の諏訪先生に

   「奈良までオパールを連れて行けないでしょうか」

    と訊いてくれた

「8月の本州は暑いので長い旅は無理でしょう」

やっぱり無理かな。

DVDでは見られるかな

ワタシも今から楽しみだ

ふすまご飯だって

2011年06月07日

%E3%81%B5%E3%81%99%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%AA%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB.JPG

  (うす目を開けて、ふすまをにらむワタシ)


ヨシとユウがヘンなものを買ってきた

  ふすま

初めて聞いた言葉だ

小麦粒を磨って出た皮の部分らしい

お米なら糠、小麦の皮の場合はふすまと言う

ニセコ町の地元野菜販売店で見つけた

「オパの体にはこれはいいらしいよ」

確かに袋には

「ペットの健康維持に」

と張り紙がしてある

主な栄養分は食物繊維、鉄分、カルシュウム、亜鉛、銅

抗酸化成分も入っていてガン予防にもなるんだって

「昔は馬の飼いば桶の中に入れて食べさせたことがある」

戦争中に田舎の農家へ疎開したヨシはそんなことを言う

冗談じゃない  ワタシは犬だよ 

しかも元盲導犬

「おからと一緒に煮てあげるからね」

うす目を開けてじろっと見たら

「そんな顔をしないの」

「繊維質が豊富だから便通がよくなるよ」

だって

いつも、ほっこりいいウンチなのに

ライラックより家の中がいい

2011年06月03日

DSCN0939%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E7%B8%AE%E5%B0%8F.JPG
(これがライラックか でも食べられないよね)


「ほら見てご覧」

「ライラックが咲いているよ」

濃いムラサキのライラックが垂れ下がっている

「良い匂いがするだろう」

ワタシも鼻を寄せてみたけれど

美味しそうな匂いはいっこうにしない

すぐに、そっぽを向いてしまった

グルーミングも終わったんだし、早く家の中に入りたい

「だめだめ、少しは外の空気を吸わなければ」

「ヘンな座り方をして」

立っているよりは座っている方が楽だもの

「足が弱くなってきたね」

バックする時が辛い

狭いところだとU-ターンもままならなくなってきた

つい、そのまま腰を落として座り込んでしまう 

今も自分ながら,かっこ悪い座り方だと思う

ワタシは、これを得意の横座りと言っているんだけどネ

プロフィール

プロフィール

オパール
 日本初(?)のブロガー犬。16歳、雌。新潟県長岡市で10年間、盲導犬として働き、2008年夏、引退。生まれ故郷の札幌に戻り、リタイア犬委託ボランティアのヨシ、ユウと暮らす。

ヨシ(児玉芳明)
 2008年夏、プロサッカー運営会社を退職。いくつかのボランティアをしている。パピーウォ―カーとして5頭の盲導犬候補犬を育てた経験を持つ。元新聞記者。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー