メイン | 2009年06月 »

癒し犬?

2009年05月30日

               腕枕しながら、いつもの寝姿です

 

  「かわいい」
  「癒されます」
  ヨシのメールにこんな反響が入ってきているようです

  「仕事に疲れたとき、農作業の手をやすめているとき
  オパールのブログを見ると気持ちが休まります」
  
  癒し犬の役割を果たしているとしたら
  
                         うれしいネ!

  「病院やお年寄りがいる施設を訪問したら」
  と言う人もいるんだよ

           もし要望があれば、がんばろうかな

  盲導犬協会老犬ホーム責任者の辻さんも
  「いろんなところに連れて行ってあげてください」
  とアドバイスをくれるしーーー

  ワタシ としても刺激になっていい
  街へ出ると、昔の仕事を思い出してしゃきっとするから

  犬にも認知症があるって知ってる?
  同じ場所をぐるぐる回ったり、壁に頭をぶつけたり
  するんだって

  ワタシにはその兆候はないけれど
  でも、なったらなったでしょうがないか  病気だから
  予防には刺激が一番らしい

  長岡市の藤田おとうさんからも
  「ブログを読んでいるよ」と、うれしいメールがきた

  「ソーメンの話(5月28日 食べたいヨー)などは、そうだったのかな
  どと、驚くやら感心するやらで、オパールの顔を思い浮かべながら
  楽しく読ませていただきました」

  「とても元気な様子、安心しています」
  「これからもオパールをどうか宜しくお願いします」
   
   長岡のおとうさん、元気でいるからネ


  
  

  
    

足が痛い

2009年05月29日

  すたすたと歩けない
  [犬は歳をとっても散歩は大好きなはず]
   とだれもがいう

  でもワタシはだめ 歩くのは嫌い
  ヨシは「運動しないと太るよ」と無理に
  歩かせようとするけれど

  それに最近は足を引きずるのが
  目立つらしい    かっこ悪いし~

  「特に右の後ろ足だネ」と心配するヨシ
  確かに歩いていても5、6歩に1回は
  しゃり、しゃりと引きずる音が

  自分ではあまり気にはしなかったけど

  歳なのかなあ  
  
  そのせいか、つめの上側が減っている
  すり足で歩くためか足裏の肉球をこすって痛い
  それでなくても散歩嫌いなのに

  先日、カーペットの上に転々と茶色いしみがーー
  足の裏から出血してよごしたらしい
  びっくりしたヨシは足の裏をみてウーン

  今日は15分くらい歩かせたのが原因かな
  と反省していた

  これで当分は散歩に連れ出されないかな

  ユウが足裏美容ジェル(保湿成分尿素配合)
  を買ってきて赤くなっているところに塗り
  その上から包帯をまいてくれた

  盲導犬協会からは
  「コンクリートの上を避け出来るだけ芝生のような
  ところを歩かせて」と指導を受けたようだ

  包帯は家の中を歩くだけでもすぐ
  とれてしまう

  「人間の赤ちゃんのくつしたをはかせるかな」
  ヨシはそんなことも言っているが

  「赤ん坊のくつした?冗談じゃない」

  こちらの気持ちが伝わったのか、まだはかされて
  はいない


  

  
  

食べたいヨー

2009年05月28日

 食べたいヨー
   大好きなリンゴとチーズ

   なのに意地悪なユウは鼻先にわざと置くんだから

   「おっ! さすが元盲導犬 ガマン強い」と冷やかすヨシ

   年とったら食べられるうちがハナという言葉を知らないらしい
   今のうちは、なんでも食べちゃうよ

   現役時代は外へ出る機会が多かったので
   仕事中に,もよおしたり、お腹が痛くなったら
   困るので盲導犬の食事はドッグフード中心

   でも今は、なにを食べても大丈夫
   引退後の最高の楽しみだ

   「好き嫌いは」 だって?

     ウーン  そうね

    だいたいなんでも OK だけど
    ラッキョウはだめ  それにグレープフルーツも
    すっぱいものは敬遠かな

    ユウが食べさせようとしても顔をそむけちゃう

    リンゴのほかスイカ、イチゴ大好き
    スイカなんかしゃぶしゃぶ音を立てて食べちゃう
   「青いところなんて食べないの」と言われくらい

    冷ソーメンは一本ずつ食べるのが好き
    ユウが長いのを口に入れてくれたら
    そのまま飲み込んで胃までつながる感じ

    たまんないね  

    でもね、元盲導犬のプライドで
    「よし」と言われなければ絶対食べないよ
    本当は手からもらってもいけないんだけど

    家で1人でお留守番しているとき、大好きな食べものが
    テーブルにおいてあってもネ

    うそだと思ったら、試してみて

    そのあとは「よし」と言ってよネ  お願い

ありがとう  オパール

2009年05月27日

    新潟県長岡市で10年間、盲導犬として働いていたって
                  言ったよね
    
     ご主人は長岡市議会議員の藤田芳雄さん(60)
  長岡市で初めての盲導犬としてデビュー  1998年7月のこと
   
  その翌年、藤田お父さんは市会議員に立候補
    私と二人五脚で選挙運動を展開

見事にトップ当選 
 
  日本で初めて議場に入った盲導犬となったわけ

    長岡のお父さんは時々、ヨシへメールを送ってくれる

      最近こんな詩を届けてくれた

     私が引退して札幌へ帰る直前に書いたもの。ブログに使っても
いいよ、といってくれたので、面映いけど、みなさん読んでね。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
   「ありがとう オパール」 ~ 盲導犬オパール号に寄せて ~

                           作詞 藤田芳雄

     (1) 青空映す つぶらな瞳
      あの町 この町 たくさん見てきたね
      君が居たからずっと歩いて来れた
      君と出会って僕の世界は変わったよ
      見えない僕の手に いつも君のハーネス
      ありがとうオパール 今日までありがとう

     (2) 君が居るなら 雨でも楽し
      あの道 この道 たくさん歩いたね
      両手いっぱい 夢と勇気をくれた 
      明日(あす)から君は 君のために生きるんだ
      見えない僕の手に いつも君のハーネス
      ありがとうオパール 今日までありがとう

     (3) 君と歩けば 笑顔が見える
      あの人 この人 たくさん出会ったね
      きっと忘れない 遠く離れていても
      君と過ごした この10年の想い出を
      見えない僕の手に いつも君のハーネス
      ありがとうオパール 今日までありがとう

                  (by Y.Fujita  2008.7.19)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

   (新潟日報平成20年7月20日朝刊)写真右端が藤田おとうさん
   ハーネスをつけた姿はかっこいいでしょ
  

   


  

チクツ 痛っ 

2009年05月26日

    先週の土曜日(5月23日)のことです

  北海道盲導犬協会で混合ワクチンの予防注射
   を受けました。

   「明日は注射だよ」と言われ、その前日
       から調子が悪かった   
                   そのせいか

      夜中にはおもらしをしてしまったらしい
       コロン、コロンと二つをベッドの近くで

        恥ずかしい 

     朝、ユウに見せられてびっくり

       自分では全く記憶にございません  

    ヨシの家に来た直後、馴れない環境のせいか
      オシッコをもらしたことはあったけど
         大きいのは、初めて

     それだけ注射予告がこたえていたのかなあ 
 

   体重計を兼ねた診察台に乗せられて、まず血液検査用の
     血液採取、右前足にゴムチューブをまいて チュツ

     続いて首にワクチン注射!  コ タ エ タ

     といっても、元盲導犬。一声も出さず、じっと耐えた
 
    獣医の先生は体も触診してくれて「特に問題はないでしょう」
      老犬ホームの辻さんにつめを切ってもらい    終わり
      フィラリアと犬回虫などの予防、駆除剤ももらった

      辻さんはお腹の後ろの辺りを抱きしめて
        「かわいい。でも太くなったよ」
        「ダイエットフードがあるから、食べさせてみますか」

     大きな大きな袋一杯のドッグフードをくれました
        どんな味がするのかな 味は関係ないか

       「お前は 口に入ればいいんだから」とヨシ

   失礼ネ    

     車の荷台に乗るのが大変そうとヨシが言ったら、辻さんは
       「専用のはしごがあるから使ってみますか?」

       リタイア犬に対する暖かな配慮、気配り
 
        老犬ホームがあるって本当にうれしい

    全国の盲導犬やオーナーの皆さんのあこがれなんだよ
             
         北海道盲導犬協会の老犬ホームは !
   
   

  

ヘロー! はじめまして

2009年05月25日

 お父さんはオーストラリア、お母さんはイギリス生まれ
  その間に生まれた私はつい英語が出てしまう(^^)
   名前はタイトルにあるように  オパール

 体毛はオパール色に近い 
  宝石のオパールみたいにきれいだったと思うよ、若いころは
   1996年8月18日生まれの満12歳と9ヶ月

 犬の年齢の数え方はいろいろの説があるが、
   まもなく75歳を超えて   後期高齢犬入りかなあ
     ヨシと同年代だと思うよ

 札幌生まれの千歳育ち、北海道盲導犬協会で訓練を受けて盲導犬に
   10年間、新潟県長岡市で働き、昨年7月21日、12歳の定年で引退
    愛するパートナーFさんと別れて   ふるさと札幌へ

 今は札幌市内でヨシとユウ夫婦とゆうゆうリタイア生活~
   若いころの写真を見ると美形だったが、    今はちょっとかな?
    頭にはイボがあちこちに。左耳は血腫の痕でぼこぼこ

 右の横腹には脂肪のかたまりがぽっこりと
  獣医さんは「手術は体に負担。良性ないので様子見で」と
   体重は、言いたくないが34キロとむにゃむにゃ

 ダイエット、ダイエットとこの9ヶ月言われ続けている
  太めにしたのはヨシとユウの責任なんじゃないの
                     まあ、こんな調子です

 詳しくは、おいおい書いていきます

 そうそう先日はタンポポだらけの庭にユウとヨシに連れ出され
   タンポポの冠をかぶらされてしまった

   眠いのに寝床から引き出されたあげく この格好
     まあ、いいか。二人が喜んでいるのだから

      それにしても自分ながら機嫌悪そうな 顔 カオ かお


  

プロフィール

プロフィール

オパール
 日本初(?)のブロガー犬。16歳、雌。新潟県長岡市で10年間、盲導犬として働き、2008年夏、引退。生まれ故郷の札幌に戻り、リタイア犬委託ボランティアのヨシ、ユウと暮らす。

ヨシ(児玉芳明)
 2008年夏、プロサッカー運営会社を退職。いくつかのボランティアをしている。パピーウォ―カーとして5頭の盲導犬候補犬を育てた経験を持つ。元新聞記者。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー