メイン

★ また、暴風 ★

2013年05月01日

4月30日。只今雪が降っています。牡丹雪。空気が湿っていて冬よりも寒く感じます。
根室地方は28,29日の連休は等圧線が密になって、強力な風が吹きました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                     ◆  また、暴風  ◆

忌まわしき3月3日の暴風雪の再来かと思いき爆弾低気圧が28日の早朝にやってきました。

続きを読む "★ また、暴風 ★" »

★ 眩しい ★

2013年03月23日

太陽の日射しが眩しい。春分の日が過ぎて、こちらの日の出は5時20分ごろになりました。
いつの間に、と思ってしまいます。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                       ◆  眩しい  ◆

日射しに力強さをすごく感じます。雪の上や氷の上を歩いていると反射してくる光がもろに目に
入ってきます。

続きを読む "★ 眩しい ★" »

★ 今週も爆弾低気圧 ★

2013年03月11日

毎週、毎週、週末に爆弾低気圧がやってきます。そろそろ春の兆しです。10日の低気圧は
4時間ほどで通過して行きました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                  ■  今週も爆弾低気圧  ■


野付半島にいると低気圧が通過して行く様子を直に感じることができます。晴れているときは
100キロ以上先から低気圧の最前線の雲が向かってくるのを見ることが出来ます。

続きを読む "★ 今週も爆弾低気圧 ★" »

★ 白い浜、白い樹氷 ★

2013年03月08日

めったにない珍事。野付半島の樹木から草まで、すべてに樹氷が着きました。雪の上に出て
いるあらゆる植物に白い結晶が張り付き、白い世界が誕生していました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                 ■  白い浜、白い樹氷  ■

もう遠い昔。2月24日の朝。野付半島に行ってみるとそれはそれは美しい世界が誕生して
いました。

続きを読む "★ 白い浜、白い樹氷 ★" »

★ 只今、満氷 ★

2013年02月17日

お待たせしました。流氷がどっさり根室海峡になだれ込んできました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                      ■  只今、満氷  ■


とうとう北東の風が吹きました。知床半島と国後島に押し付けられるように止まっていた流氷
が根室海峡に押し出されて流れ出してきました。

続きを読む "★ 只今、満氷 ★" »

★ 今が旬 根室海峡ホタテ ★

2013年02月16日

根室海峡のホタテ漁が最盛期を迎えています。アムール川の森の栄養をたっぷり含んだ川水
に発する流氷が根室海峡に流れ込むこの時期、海峡の海水は栄養に満ち満ちます。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***************************************


                 ■  今が旬 根室海峡のホタテ  ■

この栄養分をたっぷり取り込み、海峡の流れの速い潮で育まれるホタテは旨さが倍増します。
国後島と野付半島に挟まれる海域のホタテは、オホーツク海の中でも、その味わい、貝柱の
締りが格別です。


続きを読む "★ 今が旬 根室海峡ホタテ ★" »

★ 暴風と白い流氷 ★

2013年02月13日

関西からお姉さんたちがやってきました。毎年この時期を狙って、最高のネイチャーワールド
を愉しむために。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                  ■  暴風と白い流氷  ■


2月8日は朝から強風が吹き荒れていました。東京発の飛行機は中標津上空で何度も何度
も旋回してようやく着陸できました。ジェット機はすごい。

続きを読む "★ 暴風と白い流氷 ★" »

★ 黒い流氷 ★

2013年02月09日

根室海峡の流氷は気まぐれです。1月23日に知床半島と国後島に阻まれていた氷の一団が
根室海峡に入ってきました。根室海峡の流氷初日です。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                    ■  黒い流氷  ■

流氷情報を見ていると今のところ国後島側を根室方面に流れていて、野付半島側にはやって
きません。北西の風が多くて国後島へ押しやっているのです。東からの風がなかなか吹いてく
れないのです。
                

続きを読む "★ 黒い流氷 ★" »

★ あれ?彩雲 ★

2013年02月07日

建築家&アーティスト・清水尚が私に残してくれた遊び方に「雲遊び」があります。朝起きて
東の空を見て、美しいと思った雲を写真に収めておく。時間とともに変化していく光の当たり
具合で雲の表情が変わっていく。この変化をあとで愉しむ。するとその時に見逃していた
色合いや雲の形でけっこう楽しめるというアドバイスでした。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                   ■  あれ?彩雲  ■


以来、野付半島に行くと暇なとき空を眺めることにしています。野付半島から見る空は広く、
ぐるーっと360度見回すと面白そうな形の雲や雲から漏れてくる光の陰影、ときには美しき
虹などを見つけたりします。

続きを読む "★ あれ?彩雲 ★" »

★ 風景:地吹雪2 ★

2013年01月31日

まずこの風景を見ていただきたい。穏やかな尾岱沼の港。その後背に海面にたなびく白い
雲。その上に顔を出しているナラワラの林の樹冠。と青空。なんていことのない風景です。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                   ■  風景:地吹雪  ■

この中で白い雲に注意していただきたい。雲の下は野付湾に張り付いた氷があるのです。
手前の海面には全く雲がありません。

続きを読む "★ 風景:地吹雪2 ★" »

★ 退避 ★

2013年01月17日

いつも気にしていることがあります。自然が猛威を振るうとき、鳥や動物はどんなところで、
どうやって耐え忍び、やり過ごすのか。機会があれば見てみたい。それは悪天候でも休まず
出かけるよ、という自分への励ましです。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                     ■  退避  ■

野付半島にいる時、いつも国後島沖で巨大地震が起きたらどうしようとシュミレーションを頭
の中でします。逃げおおせないと判断したら、浜に陸揚げされている船に乗ろう。最初の波を
乗り切れば助かるかも。なんてね。

続きを読む "★ 退避 ★" »

★ 日本産流氷 初日 ★

2013年01月11日

今冬の流氷初日は1月1日、元旦でした。野付湾の氷結が年末から急速に進み、元旦は
湾面積の60%以上に氷が張りました。海面の出き立て氷が風によって湾外に押し流され、
続々と海峡に流れていってました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************

                   ■  日本産流氷 初日  ■

流氷はロシア産ばかりではありません。日本でもできるのです。私が知る限り野付湾と風蓮
湖の中でできた氷が流れだし、根室海峡に出て日本産流氷になります。

続きを読む "★ 日本産流氷 初日 ★" »

★ ウインドモンスター ★

2013年01月09日

風と波と厳寒が作る怪物。北極おろしががもたらしてくれる冬の贈り物です。
年によってできたり、できなかったり。大きくなったり、小さくなったり。北極圏から下りてくる
寒気の強さで出現する怪物です。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                    ■  ウインドモンスター  ■

野付半島の根室海峡に面する北側は海流の流れと風による波で浜がどんどん削られてきま
した。そのため護岸用のテトラポットが設置され、浜を守っています。

続きを読む "★ ウインドモンスター ★" »

★ 地吹雪走る ★

2013年01月07日

天気は気まぐれです。五日の土曜日は快晴無風の最上の冬日和。明日の日曜日もこの天気
が続きますようにと祈って早く寝ました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                     ■  地吹雪走る  ■

朝4時。外は雪です。寝るときは確か快晴でした。風もありませんでした。なんで?このところ
日曜日になると気まぐれな低気圧が足早に通過して行きます。

続きを読む "★ 地吹雪走る ★" »

★ 元旦の太陽はイクラでした ★

2013年01月02日

明けましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。

今年も我が家から100キロ以内で遊びます。

2013年。皆さんにとり・幸せいっぱいの1年でありますように!
小太郎でごじゃります。


**************************************


                ■  元旦の太陽はイクラでした  ■

今年の初日の出は、もちろん野付半島でした。もう12年茶志骨神社にお参りしてから初日
の出を待ちます。今年は寒さのせいで野付湾の半分は凍結してしまいました。

続きを読む "★ 元旦の太陽はイクラでした ★" »

★ 12月の夕陽 ★

2012年12月06日

今は寒気と暖気のせめぎ合い。雪が降ったり、雨が降ったり。昨夜の猛烈な風と雨は
根雪かなと思っていた雪をすっかり融かしてしまいました。

おばんです。小太郎でごじゃります。

************************************


                     ■  12月の夕陽  ■


1月並みの寒気がやってきて野付湾の水面が軽く凍り始めました。しばらくは凍ったり、
融けたりの繰り返しで、やがて広範囲に凍っていきます。

続きを読む "★ 12月の夕陽 ★" »

★ トドワラ散歩 ★

2012年11月19日

トドワラは野付湾の内側に伸びた砂嘴にかってトドマツの大木の林があったところです。

地震で津波に襲われて、トドマツはほぼ全滅してしまいました。枯れて倒れた木々と残った
根もとが塩漬けになって、ゆっくりとした時間をかけて大地に吸収されゆく奇妙な景色です。

続きを読む "★ トドワラ散歩 ★" »

★ 日没の時、東の空は ★

2012年11月18日

夕暮れ時の尾岱沼の町並みは美しい。

尾岱沼は小さな港町。野付湾に面した漁港です。ホタテ漁、ホッカイシマエビ漁、サケ定置
網漁、カレイ漁、ホッキ漁、アサリ漁、コマイ漁と1年中美味い魚獲れる豊かな海を持つ街
です。

続きを読む "★ 日没の時、東の空は ★" »

★ 虹日和 ★

2012年11月07日

虹日和でした。見たいと思っていても、なかなかそのチャンスに巡り合えない虹。
だからこそ見たい、見たいと神様、仏様にお願いし続けなければなりません。

おばんです。小太郎でごじゃります。

***********************************


                     ■  虹日和  ■


自分にとって、いや偶然私がいた野付半島近辺で虹ができやすい気象条件が揃った
幸運に出会いました。

続きを読む "★ 虹日和 ★" »

★ 秋・薄・穂・輝 ★

2012年10月24日

野付半島の原生花園は一年を通しいろいろな色合いを愉しませてくれました。

雪の白から始まって、枯草の褐色から新芽の緑、エゾカンゾウの橙色、ヒオウギアヤメの
紫、シシウドの白、ハナショウブの濃紫、ススキの赤褐色と七変化の色を同じ場所で演出
してくれました。

そして雪が来る前のフィナーレは真っ白なススキの穂が締めくくってくれます。


続きを読む "★ 秋・薄・穂・輝 ★" »

★ 今週の花 海蘭ウンラン ★

2012年10月21日

今季、野付半島で最後に咲いている花でしょう。

ウンランが砂浜で、可憐な花を茎先につけています。中央が黄色く、周りが白い唇形の
ぽっちゃりとした花です。

花冠の先が唇の形をしていて、虫が来ると口を開けるように上下に裂けます。可愛らし
いが怖い感じです。


姿といい、形といい、可愛らしく守ってやりたくなるような気持ちを起こさせる花です。

続きを読む "★ 今週の花 海蘭ウンラン ★" »

★ 薄暮 ★

2012年10月11日

久々の大型移動性高気圧。お日様を懇願していた身としては、できるだけ多く、お日様の
下にいたいと願いました。

朝から奥さんに巻きずしと卵焼きを作ってもらい、出かけました。雲一つない快晴は年に
何回もあるものではありません。

朝から夕方まで飽きることなく野付半島を歩き回りました。久々の夕日を堪能しようと
トドワラの近くで一人たたずみ太陽が沈みゆくのを愉しみました。

気温8度。1か月前とは違い、空気が遠くまでしゃっきと澄んでいて雲の輪郭がとても
しっかりしていました。


続きを読む "★ 薄暮 ★" »

★ 今週の花 ウラギク ★

2012年09月30日

もしかすると今年は見逃していたかもしれません。親子のエゾシカに気づかなければ。
珍しく干潟の草地に出ていた親子に近寄ろうと歩いて行ったときに見つけました。

薄い紫色の花びらと中に黄色の筒状花からなるウラギク。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************


                  ■  今週の花 ウラギク  ■

ほとんどの植物が敬遠する塩水をかぶる干潟に堂々と根を張り、しっかり茎を伸ばし
薄紫の花を付けていました。

続きを読む "★ 今週の花 ウラギク ★" »

★ 今週の風景・アッケシソウ ★

2012年09月27日

今年の根室地方は春先まではがっつり厳寒、それを引きずるかのように海霧と寒冷な
気温がお盆まで続きました。もう暑い夏はないとと諦めかけていたら、突如の猛暑。

一番影響を受けたのは植物でしょう。花がさっぱり美しくありませんでした。どの花も
彩りが悪く、くすんだような色にしかなりませんでした。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************


             ■  今週の風景・アッケシソウ  ■

アッケシソウもご多聞にもれず今年は生育が悪く、地面を這うように生えていました。
色も太陽が強く当たらないと、赤みが輝きません。

一言でいうと「しょぼい」。


続きを読む "★ 今週の風景・アッケシソウ ★" »

★ 今週の花 エゾオグルマ ★

2012年09月15日

小石と砂が打ち上げられてどんどん伸びていく野付半島。その出来立ての砂浜に
自生してくる花があります。

続きを読む "★ 今週の花 エゾオグルマ ★" »

★ 今週の花 ヤマアワ  ★

2012年09月06日

何処もかしこも「穂」のシーズンになりましたね。

たくさんのキツネがしっぽを振って応援しているみたいです。


続きを読む "★ 今週の花 ヤマアワ  ★" »

★今週の花・サワギキョウ ★

2012年08月27日

野付半島の湿地の中でサワギキョウがひっそりと咲きだしました。青紫色の花が
しっとりと落ち着いた色合いをかもち出しています。

道路からだとほとんど見えませんが、腰ぐらいまである草をかき分けて進むと
そこだけ華やかな空間が出てきました。


続きを読む "★今週の花・サワギキョウ ★" »

★ 小さな秋 ★

2012年08月24日

わが町の町議選が始まりました。久々に聞く選挙カーからの雄叫びは活気があります。
候補者の情報がないのでそれぞれの名前や経歴、マニフェストが分かりません。これで
委員会ならぬ町議会議員はこれからの町の大事なことを決める人たちです。適当には
きめたくはありません。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************


                      ■  小さな秋  ■

「野付半島学会」を起こしてもいいのではと思うくらいに、野付半島と湾内の自然環境と
あらゆる生命現象が気になる私は、ひたすら野付半島のそこかしこに足を運んでいます。

続きを読む "★ 小さな秋 ★" »

★ 古代の花 ノハナショウブ ★

2012年08月05日

わが家の裏にあるタワラマップ川にサクラマスが昇ってきました。体色が赤黒く婚姻色
に変わってきています。標津川の支流なのでいつでも産卵しそうです。周りには体色が
黒ずんだヤマメのオスがうろちょろしています。これからさらに数が増えてきます。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************


              ■  古代の花 ノハナショウブ  ■

2週間前からノハナショウブの花が咲いています。野付半島では草原が青紫色に染まる
場所が2か所ありますが、毎年着実に咲いてくれます。

続きを読む "★ 古代の花 ノハナショウブ ★" »

★ 輝く黄金の花 シコタンキンポウゲ ★

2012年07月04日

北海道には梅雨がないというのは嘘です。広い北海道は多様な気候があるので梅雨に
近いものはあります。根室地域には六月から八月にかけて海霧が発生し、毎日が鬱陶
しい暗い日々です。年によってはお日様が数日しか出なかったという年がありました。
先週のぶっ通しの晴天は嬉しかった。もしかするとこれで夏が終わったかも。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************


      
               ■  輝く黄金の花 シコタンキンポウゲ  ■


黄色の花が目立ち始めました。センダイハギやエゾカンゾウ、クサノオ、エゾキケマン、
シコタンキンポウゲなど咲いています。

続きを読む "★ 輝く黄金の花 シコタンキンポウゲ ★" »

★ 静かな夕暮れ ★

2012年06月28日

夕方、川べりにたたずむのが好きです。私のお気に入りは野付半島に流れ込む
茶志骨川の河口です。

ここで夕方に腰を下ろして、湿原の中で繁殖しているカモたちが一服しに来るのを待つ
のです。

続きを読む "★ 静かな夕暮れ ★" »

★ 綿帽子の季節 ★

2012年06月26日

久々の快晴。お日様はすべての物を美しくしてくれます。新緑がこんなに美しきものか。
20日近く太陽が出ないと、太陽のありがたさが実感できます。農家の人は牧草に栄養
が溜まると喜びひとしおです。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************


                    ■  綿帽子の季節  ■

6月の後半は綿帽子の季節です。フキノトウに始まってタンポポと来て、〆はワタスゲ
になります。

続きを読む "★ 綿帽子の季節 ★" »

★ シコタンタンポポってご存知? ★

2012年06月12日

この1週間海霧(じり)に覆われていました。地上を這ってくる霧なので太陽の光が
なかなか届きにくく、暗い感じの日々でした。光が届かないと気分まで灰色になって
しまいます。いやだいやだ。

おばんです。小太郎でごじゃります。


(ひなたぼっこのラムちゃん)

***********************************

              ■  シコタンタンポポってご存知?  ■

タンポポの花のピークは先週の頭あたりでした。牧草地が一面タンポポの草原でした。
ここに咲いているタンポポはすべてセイヨウタンポポの花たちです。明治時代に入って
来た外来の花が根室の原野を席捲してしまいました。

続きを読む "★ シコタンタンポポってご存知? ★" »

★ ワラビを少し ★

2012年06月09日

久々に野付半島の森に入りました。そこはもう異次元の世界です。海抜0メートルとは
とても思えない木々が生えた森です。

トドマツをはじめダケカンバ、ミズナラ、カツラなどが混じる極相林のような雰囲気を
漂わせ、目隠しをした人を連れてきてこの森を見せれば、山深い森だと勘違いして
しまうでしょう。

続きを読む "★ ワラビを少し ★" »

★ フノリの浜 ★ 

2012年05月15日

今日は朝からため息ばかり。ふぅーん。あーっあ。空を見ては唸っていました。皆さん、
朝から快晴無風の、しかも湿度のないかっらとした爽やかな天候。年に何度かしかな
い上天気。昨日、強風と寒気にさらされ野付半島をうろついていたのが嘘みたい。
恨めしやーの快晴でした。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************


                     ■  フノリの浜  ■

私の遊び場の干潟には、いまフノリがいっぱいおがっています。フノリといえば波の
荒い岩場にびっちり生えているイメージしか持っていませんでした。砂浜が広がる
干潟に生えているフノリを見つけて口にしたときには、ちょっと感激しました。

続きを読む "★ フノリの浜 ★ " »

★ キバナノアマナ ★

2012年05月07日

昨日は62回目の誕生日。皆さん、お祝いありがとうございました。輪島塗の筆ペンは
綺麗でした。これから、はがきを書くときはこの筆ペンで書くべ。さだまさしが筆だと一字
だけでも済ませれると言っていたこと思い出しました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************

                ■  キバナノアマナ  ■

枯れ草の中で黄色いユリに似た小さな花に出会いました。毎年見つけていたけど、
ついつい見過ごしていた花。エゾエンゴサクの近くで、春一番を競うようにひっそりと
咲いていました。


続きを読む "★ キバナノアマナ ★" »

★ 静かな朝 ★

2012年04月23日

すっぽりと高気圧のど真ん中に入る朝があります。風がぴたりと止まり、水面が鏡の
面みたいに真っ平になります。

そこに1羽のユリカモメが来て着水します。翼を振り下ろして、上にあげたとき水面に
風の絵が一瞬浮かびます。

こんな絵をいつも描きたいと思っています。


★ 夕暮れの風景 ★

2012年04月21日

とうとうエゾアカガエルの卵の一塊が湧水の溜まりにありました。周りはまだ雪が残
っています。約一月遅れの産卵です。たまりにはまだカエルの気配がないので先鋒
のカエルたちです。いよいよカエル様のお目覚めです。


おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************


                     ■  夕暮れの風景  ■


四月一五日の野付湾の夕暮れの風景です。岸辺にはまだ氷が残っています。今年の
氷がどんなに厚みを帯びたものだったか、この時期に残った氷から伺えます。

続きを読む "★ 夕暮れの風景 ★" »

★ 霧氷花 ★

2012年04月20日

昔の根室が戻ってきた。このところ海霧が毎朝内陸まで入ってきます。たぶん地上
から100mほどの厚さで冷たい霧の帯が地上を覆います。40年前には4月ごろから
8月まで月に20日以上霧の日がありました。このため農作物が日本で唯一できない
地域と云われていました。ことしは・・・。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************

                      ■  霧氷花  ■

夏に咲いた花が春に姿を変えて咲くことがあります。野付半島の草原の草木に海
からやってきた冷たい霧が付着して咲かせる霧氷花です。

続きを読む "★ 霧氷花 ★" »

★ ホタテがいっぱい ★ 

2012年03月28日

緯度が高いせいか日が昇るのが急速に早くなっている気がします。女房を真似して
暗くなったら酔っぱらけて早く寝る、明るくなったら起きて仕事をする、ように心がけて
います。朝のラジオ体操までに漫画を読んだり、新聞に目を通しておこうと考えて
眠るのだけど、最近は楽になりました。朝の強い日差しが何とか目覚めさせてくれま
す。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************

                  ■  ホタテがいっぱい  ■

ようやく流氷が1週間前に国後島の方に移動して行きました。ほぼ1月間流氷に漁場
を占拠されて出漁できなかった尾岱沼のホタテ船団が一斉に出て行きました。


続きを読む "★ ホタテがいっぱい ★ " »

★ 氷下待ち網漁が終わりかな ★

2012年03月24日

猫柳の花芽がやっと膨れてきました。南斜面の光がよく当たるところの柳がいち早く
花芽を膨らし始めました。白銀の毛が朝日に透かして美しさを増してきています。

おばんです。小太郎でごじゃります。

***********************************


                 ■  氷下待ち網漁が終わりかな  ■」

今季の野付湾内の氷下待ち網漁は全般に不良だったと漁師が言っていました。
野付半島沖のコマイ漁も大きな成果なく終わっています。コマイが湾内に入ってこな
かったからでしょう。

しかし、氷ははんっぱなく厚く、湾内全域に氷が張りつめました。仕掛けるならどこでも
網を入れられました。魚の入り具合で漁は続くのでしょうが、早々に網を上げてしまう
人が多かった。

続きを読む "★ 氷下待ち網漁が終わりかな ★" »

★ 流氷満界 ★

2012年03月15日

日射しが強くなって表面の雪が解け、ザラメの雪になっています。散歩をしていると
朝の陽射しが斜めから当たって、きらきら輝きます。パウダースノウの時には見られ
なかった明るい光の反射光です。

おばんです。小太郎でごじゃります。

***********************************


   
                    ■  流氷満界  ■

先日は流氷が見頃ですと申し上げましたが、今は最高といわねばなりません。
1週間前の強風でオホーツクの海から大量の流氷が根室海峡になだれ込んできま
した。

続きを読む "★ 流氷満界 ★" »

★ 河口は春 オオハクチョウ飛来 ★

2012年03月14日

日本各地で冬を過ごしていた鳥たちの北上が始まりました。三陸沿岸や函館沿岸
で過ごしてきたコクガンがようやく姿を見せました。沿岸の植物再生の目安として
生息状況の研究が始まっている水鳥です。

おばんです。小太郎でごじゃります。

**********************************

               ■  河口は春 オオハクチョウ飛来  ■


河口まで厚い氷が張っていた春別川。河口から氷が割れて砂浜の干潟が現れて
きました。カモやカモメが最初に集まりはじめました。

続きを読む "★ 河口は春 オオハクチョウ飛来 ★" »

★ 下向きの四角い太陽 ★

2012年03月13日

タンチョウ夫婦が帰ってきました。今年は雪が多く、地面は何処も空いていません。
川も氷が落ちてはいません。どうやって餌を確保できるのか心配です。たぶん親切
な酪農家の庭先にお邪魔しているような。

おばんで。小太郎でごじゃります。

***********************************

                ■  下向きの四角い太陽  ■

朝に見られる四角い太陽が、夕方に見ることはないのだろうか。以前読んだ雲の
研究をしている人が、空にはいろんな現象がどこかに起こっていますと書かれて
いたのが、いつも頭の中からはなれません。

続きを読む "★ 下向きの四角い太陽 ★" »

★ 砂止め突堤工事 ★

2012年03月12日

ミソソサザイがペアになって動き回っています。厳しい冬場は一匹で動き回っていた
のに、早くも愛しきメスをゲットしたようです。陽射しが強くなって、氷の球がついてい
た水辺の枝は軽そうに揺れています。反射する光がまぶしくなってきました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************

                ■  砂止め突堤工事  ■

厳寒期に入って始まった海岸の工事が仕上げに向かって活気づいています。いま
やられているのは、砂止めの突堤を作る工事です。

続きを読む "★ 砂止め突堤工事 ★" »

★ 流氷見頃 ★

2012年03月08日

えらい雪でした。窓辺の雪が窓を塞ぎそうです。風速20mの強風と地吹雪。吹き溜
まるところは積雪1mにもなりました。風が吹くときの雪は締まります。がっしとして、
ママさんダンプを雪に突っ込むと跳ね返されそうです。今季は日本海側だけかと思
っていましたが、こっちも大雪です。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************


                    ■  流氷見頃  ■


一人の少年がやってきました。手には一眼レフのデジタルカメラを抱えています。
しかもズームレンズがついた本格的なカメラです。私の近くに来て、流氷を狙って
います。

続きを読む "★ 流氷見頃 ★" »

★ 流氷満杯 根室海峡 ★

2012年02月27日

4日前の吹雪の翌日、我が家のバードテーブルはヒヨドリ13羽が朝から張り付きま
した。お目当てはバナナ。1本を台に乗せるたびに我先に飛びついて瞬く間に食べ
つくします。他の家の餌台が雪に覆われて早朝から開店する我が家に集まったよう
です。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************


               ■  流氷満杯 根室海峡  ■


とうとう流氷が大量に根室海峡になだれ込んできました。見渡す限りの氷・氷・氷の
原っぱです。知床半島までも、国後島までも、根室半島までも、流氷で埋め尽くされ
ています。

続きを読む "★ 流氷満杯 根室海峡 ★" »

★ けあらし(気嵐)の朝 ★

2012年02月10日

このところ毎朝、ヤマセミが来ています。タワラマップ川の木に止まってキッキ・キッキ
と警戒の声を出して飛んで行きます。水温の暖かい湧水が注いでいるところに集まっ
ているヤマメが狙いです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

***********************************


                   ■  けあらし(気嵐)の朝  ■


風のない穏やかな早朝。空は快晴、気温マイナス14℃。先日までマイナス20℃が
続いていたので、皮膚感覚としては暖かくなった気分。海辺は波がなく静かです。           

続きを読む "★ けあらし(気嵐)の朝 ★" »

★ 根室海峡に流氷が ★

2012年02月07日

北側の屋根に残っていた雪がドスン、ドスンと落ちていきます。季節は嘘を言いません。
立春を境に暖かさがじわりじわりと戻ってきました。寒いの大好きな私には名残惜しく
寂しくなります。でも、着実に春です。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************


                 ■  根室海峡に流氷が  ■

オホーツク海から流氷が根室海峡に流れ込んできました。海流の速い流れに乗って
根室半島に向かっていきます。4日前にその一部が野付半島に押し寄せました。

続きを読む "★ 根室海峡に流氷が ★" »

★ ホタテ船団 ★

2012年01月29日

晴れているのに地吹雪です。いつも走っている酪農道が牧草地から走ってきた雪で
埋まっています。車が一台そこに突っ込んでいました。動けません。除雪車がくるまで
待つしかありません。私は引き返して国道まで。急がば回れでした。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************


                   ■   ホタテ船団   ■

氷点下22度。東の空がかすかに明るくなってきた夜明け前の早朝6時。尾岱沼の港
から一斉にホタテ船団が一列縦隊で出漁していきます。各船の明かりが等間隔につな
がってとてもきれいです。


続きを読む "★ ホタテ船団 ★" »

★  白い波の蜃気楼  ★

2012年01月23日

久々の暖気です。外気が零度前後。しばらくマイナス10度以下の中で生活してきたので
なまかったるく感じます。太平洋から流れ込んできた暖気に水分がたっぷり含まれている
のでドカ雪になりました。20日ぶりの除雪です。まず重い。汗がどくどく出てきます。
日本海側に比べれば軽い軽い除雪ですが、それでもしっどいもんだ。

おばんです。小太郎でごじゃります。

*************************************


                  ■   白い波の蜃気楼   ■

厳寒の野付半島。四角い太陽が出やすい条件が揃う時季でもあります。これを狙って
カメラマンさんたちが早朝から待機しています。

四角い太陽は、気温と海水面の温度差が作り出すとても美しい蜃気楼の一つです。
太陽が水平線から顔を出すときに横に伸びる感じで四角く見える瞬間があるのです。
一瞬の現象です。            

続きを読む "★  白い波の蜃気楼  ★" »

★浜辺のお化け★

2012年01月19日

川から湯気が立ち上っています。温泉の湯が川に流れ込んでいるみたいです。マイナス
18度の朝です。こんなに寒いのに川はなかなか凍りません。地下から浸み出してきた水
は摂氏4度くらいでしょうか。温度差が22度。空気の温度から比較すれば、川の水温は
温泉みたいなものです。タンチョウが厳寒期のねぐらに川の中を選ぶのは水の温泉が
いいからです。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************


                   ■   浜辺のお化け  ■


お化けはある日突然現れます。極上の寒気と低気圧が残していったうねりの大波と羅臼
側から吹いてくる北風の仕業です。

続きを読む "★浜辺のお化け★" »

野付湾産の流氷

2012年01月17日

車が波しぶきと融雪剤で汚れたので洗車に出しました。波しぶきは正月に野付半島で
被ったものです。ナトリュウムはねちょねちょしてタオルで拭いてもなかなか落ちません。
融雪剤は街の中に撒かれた塩化カリュウム。道路に張り付いた氷様の雪を解かすもの
です。そのままにしておくと車が腐食してきます。冬の車はお金を食うのです。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************


                   ■   野付湾産の流氷  ■

知床半島に流氷が来ました。今年のオホーツク海はとても元気な寒気団がしっかりと
腰を落ち着かせているので、薄っぺらな氷ではなく厚くてどっしりとした流氷として終着
根室海峡にやってきて来てくれることを期待します。その前に・・・・・・・・・・・・・。

続きを読む "野付湾産の流氷" »

探鳥隊がやってきた。

2012年01月14日

毎週金曜日は自分で飲み日と決めています。金曜会と称し、整骨医院をやっている
信ちゃんと二人で飲み歩いています。昨日は外気がマイナス18度の時に出かけま
した。寒けりゃ人が少なかろうと行った行きつけのスナックは満員でした。一人寂しく
寒い部屋で飲むよりも熱気と色気のあるところで愉しく飲むという同志の多いこと。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************


                      ■   探鳥隊   ■

とうとう探鳥隊がやってきました。最近道東の探鳥観光に力を入れているガイドの方々が
増えてきて、根室地方の探鳥スポットを案内されています。

続きを読む "探鳥隊がやってきた。" »

コマイ漁始まる

2012年01月13日

年末から正月7日まで漁がありませんでした。魚屋の店頭に並べられている魚はすべて
冷凍ものか干物、味噌漬け、粕漬けで、刺身になる鮮度のいい地のものはありませんで
した。船が出始めたのは8日から。9日にようやくマダラやアオゾイ、アカゾイ、カスベなど
が出てきました。でも高い。漁が少ないせいなのか、日頃の倍以上の値段がついていま
した。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************


               ■   コマイ漁はじまる   ■

野付半島周辺でコマイの定置網漁が始まりました。12月に定置網の準備が終わり、
コマイの群れがやってくるの待っていたのです。年末年始は低気圧が次々に通り過ぎて
行ったので、漁ができませんでした。

続きを読む "コマイ漁始まる" »

羅臼岳と羅臼山

2012年01月12日

マイナス16度。カッキーンと肌に突き刺さってくる上等な寒気がやってきました。この
針先の空気感を待ってました。毎日抜けるような青空が続きます。光が雪に反射して
家の中が明るくて、明るくて、気持ちまでもがスキップをしています。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************


               ■    羅臼岳と羅臼山   ■

冬はいいです。野付半島から360度のぐるり遠景がくっきりと楽しめます。国後島から
知床半島、斜里岳、摩周岳、雌阿寒岳、雄阿寒岳、根釧原野の地平線、、根室半島と
魅力的なところばかりです。

続きを読む "羅臼岳と羅臼山" »

烈風 風速32メートル

2012年01月07日

気温が緩んでいます。最低気温がマイナス5度前後、最高気温が2度前後といった
かったるい日が続いています。寒気団が西の方に出張しています。そのためか雪が
良く降ります。せっかく厚くなりかけた氷が痩せてきています。おかげで、風蓮湖の
氷にはまだ自動車が乗れません。

おばんです。小太郎でごじゃります。

***********************************


                ■   烈風  風速32メートル  ■

1月3日は朝から猛烈な北風が吹き荒れていました。こんな日に事件は起こる、と
いつも考えています。2年前には国後島から流れてきたと思える難破船が2隻、野付
半島の海岸に打ち上げられました。

続きを読む "烈風 風速32メートル" »

ええねん

2012年01月02日

元旦の出だしは、ウルフルズの「ええねん」を聴きながら始めました。バッハも好きですが
ウルフルズの曲も大好きです。トータス松本の韻を踏んだ詩が好きで、老化予防に歌い
まくっています。

明けましておめでとうございます。小太郎でごじゃります。龍年もよろしくお願いします。

*************************************


                       ■  ええねん  ■

年末になって立て続けに雪が降りました。起きるたびに雪が積もっている、あわてて雪かき
モードに気分をセットして、頭にタオルを巻きます。痛めた足にしっかりテーピングをして、
さあどうなっても「ええねん」と。年明け元旦の夜にも、どっかと湿った雪が。足が・・・。

続きを読む "ええねん" »

野付湾 凍る

2011年12月22日

知り合いの漁師さんから「今日で漁が終わったから食べな」とたくさんホタテをいただきま
した。12月のホタテは美味い。根室海峡のプランクトンが旨味を増すのか身が引き締まり
甘みもさらりととして嫌みがない。グリシンというアミノ酸の甘みの口当たりがいい季節な
のでしょう。

おばんです。小太郎でごじゃります。


=====================================

=====================================


                  ■   野付湾 凍る  ■

野付湾がどんどん凍っていきます。その勢いが止まりません。毎週行くたびに湾内に氷が
張っていきます。

続きを読む "野付湾 凍る" »

凍る夕陽が燃ゆる

2011年12月17日

オホーツク海から下りてきている寒気団が安定しています。根室地方はこのところ真冬
日になる日が続きます。天候も快晴の日が多く、毎日目にさわやかな日が続きます。
日本海側は大雪だというのに氷ばかり厚くなっています。

おばんです。小太郎でごじゃります。


====================================

====================================


                ■  凍る夕陽が燃ゆる  ■

西から寒気がやってきた。夕方にやってきた。どんどん気温が下がってきます。太陽の
茜色がだんだん澄んで来るのが分かります。

続きを読む "凍る夕陽が燃ゆる" »

ハマナスの実 赤い巾着袋

2011年12月08日

地面がコチンコチンに凍っています。その上に薄っすら雪が積もると危険です。背筋を
伸ばして普通には歩けなくなります。そんなことをしたら足が先に行って頭から倒れて
しまいます。滑るぞと警戒しつつ、膝を軽く曲げて小走りに走るようなスタイルで歩きます。

おばんでです。小太郎でごじゃります。


=====================================

=====================================


               ■  ハマナスの実 赤い巾着袋  ■

ぷりんぷりんだった赤いハマナスの実が水気が抜けてしわしわになってきました。周りの
葉が落ちて、実だけが寂しく残っています。その赤さが目立ちます。

続きを読む "ハマナスの実 赤い巾着袋" »

風が作るもの

2011年11月28日

地面が凍り始めました。根室地域は冬になると晴れる確率が多くなります。オホーツク側
から大陸の高気圧が張り出してきて、寒気を送り込んできます。この寒さで雪が降る前よ
り早く地面が凍ります。今朝も霜が降りて道路が白く氷ました。そして例年のように多くの
車が雪がなくても、スリップして道路の外に飛び出していました。

おばんです。小太郎でごじゃります。

====================================

====================================


                 ■   風が作るもの  ■

冬になると低気圧が西側より移動してきて根室の東方海上に抜ける時、北からの強い
風を送り込んできます。

続きを読む "風が作るもの" »

プリプリイクラ。鮭も終わりかな。

2011年11月26日

今日は快晴、のはずですが、羅臼から来たお客さんは除雪をしてきたとおっしゃっていま
した。70キロも離れていると天候が違います。羅臼岳を超えてきた雲がたくさんのを降
らせたのです。

おばんです。小太郎でごじゃります。


====================================

====================================


                 ■  プリプリイクラ。鮭も終わりかな  ■

今季は鮭が海面をジャンプする姿をほとんど見なかった。例年なら湾内に入ってくる群れ
の鮭が海面に弓なりになって飛び出し、バッチャンと水しぶきを上げて海の中に消える
様子を観察できるのに、今年はポッチャンもない。

続きを読む "プリプリイクラ。鮭も終わりかな。" »

かってはここは森だった

2011年11月22日

今日は岡山市近辺をうろついています。朝は日本三大名園の一つ後楽園を散歩して、
1956年に中国から贈られたタンチョウを見ます。時間があれば久々に倉敷まで行って
みます。それから大阪に向かいます。

おばんです。小太郎でごじゃります。


====================================

====================================


                 ■   かってはここは森だった   ■

海抜ゼロメートルにトドマツやミズナラの原生林が野付半島にはあります。その一部が
かっての地震の時、津波にさらされました。

続きを読む "かってはここは森だった" »

シカ道

2011年11月19日

只今、大阪にいます。久々に珉珉の餃子を食っているかな。それとフグ料理を食べていると
思います。

おばんです。小太郎でごじゃります。


====================================

====================================


                    ■   シカ道   ■

エジジカは日中、人目のつかない森の中で行動しています。そして暗くなってくると小さな
グループで森の中から海岸線へ出てきます。

続きを読む "シカ道" »

エルミタージュ的夕景

2011年11月16日

中標津もようやく雪が降った。さっらとね。夜明け前の通り雪。枯葉にさらっと砂糖をふり
かけた風。太陽がでたらさっさと消えてしまいました。岩見沢では41センチの積雪があ
ったのに申し訳ない程度の雪でした。よかった。

おばんです。小太郎でごじゃります。


====================================

====================================


              ■  エルミタージュ的夕景

前にエルミタージュ美術館展を見た印象が強く残っているせいか、ロシアの夕景が頭の
片隅にしっかりとへばりついています。

続きを読む "エルミタージュ的夕景" »

エゾジカ 恋の季節

2011年11月13日

隣の家に立派なイチョウの木があります。道東では珍しい樹齢40年以上はある庭木です。
この木の葉っぱが黄色に紅葉して4日前にすべての葉が落ちました。あとはキタコブシの
葉っぱだけです。というわけで最後の庭の落ち葉掃きをしました。すっきり。いい運動に
なりました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


(久々のラムちゃんです。日向ぼっこ中を光を遮って撮りました。)

=====================================
=====================================

                ■  エゾジカ  恋の季節  ■

海霧に包まれた早朝の野付半島。ナラワラの森から甲高い声が力強く発せられます。

ゥイーーーーークゥイーーーーー。語尾になるほど高くよくのび、遠くまで届く声です。

続きを読む "エゾジカ 恋の季節" »

ツタウルシ 目立ちます

2011年10月16日

ここ毎日、庭は落ち葉でびっちり覆い尽くされます。掃き掃除だけでも大変です。集めては
木の根もとにばらまきます。特に桜の木の下には多めにしています。ほかの木に比べ
栄養を多く必要とするらしいと聞いたからです。来年の春にはいい腐葉土になって大地に
還元されるでしょう。

おばんです。小太郎でごじゃります。


*************************************

                ■   ツタウルシ 赤が目立ちます   ■

野付半島のナラワラの森は大半の葉っぱが落ちでしまいました。透かすかになった樹冠
から明るい木漏れ日が射しこみます。いよいよ冬の準備に入るぞという心意気が伝わって
きます。

続きを読む "ツタウルシ 目立ちます" »

秋・色づくアラカルト:深紅のサンゴソウ

2011年10月10日

ミミズが道路に出てきて干からびた死体になっています。寒くなると必ず見る現象です。
多いときは討死状態です。今年はぽつぽつです。京都の嵐山でも晩夏にそれはすさま
じいミミズの死の行軍を毎年見ました。これはどんな現象なんですかね。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************


            ■   秋・色づくアラカルト:深紅のサンゴソウ  ■

野付湾のサンゴソウ(アッケシソウ)がようやく熟した深紅色になりました。

続きを読む "秋・色づくアラカルト:深紅のサンゴソウ" »

ウラギク  干潟の野菊

2011年09月27日

我が家の餌台に小鳥たちが姿を見せ出しました。短い夏毛のエゾリスもやってきだし
ました。生き物が来る窓辺はやっぱり楽しいです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

***********************************


               ■   ウラギク  干潟の野菊  ■

秋の花、サワギキョウやエゾリンドウの紫の花が終わり、ススキが白い穂になって種を
飛ばし始めると、干潟の一部では薄い紫いろの花が一面に咲き始めます。ウラギクの
花です。


続きを読む "ウラギク  干潟の野菊" »

雲の波

2011年08月27日

雨、雨、雨・・・ずーと雨です。今年の根室地方は夏梅雨です。森の中がだんだんかび臭く
なって来ました。キノコも出てきました。

おばんです。小太郎でごじゃります。

(耳に蚊が血を吸いに来るのもあとひと月ほど)
*************************************

                    ■  雲の波  ■       

雲の波という表現にすべきか悩みました。雲の図鑑を見ると、雲がうろこ状に並んで波に
見える様子が「雲の波」とされているからです。

それとは違う雲の波~~~~~~~~~!

続きを読む "雲の波" »

少し秋色めくサンゴソウ

2011年08月15日

道東にも遅れて湿っぽい暑い夏が来ています。太平洋高気圧ががんばっているんですね。
でも、もうキリギリスが鳴き始めました。暑いので声に元気があります。秋風が吹くととた
んに声が小さくなってしまいますがね。

おばんです。小太郎でごじゃります。

*************************************

             ■  秋色めいてきたサンゴソウ  ■

根室地方の海岸はそろそろ秋めいてきました。

続きを読む "少し秋色めくサンゴソウ" »

夕焼けの逃げ水

2011年08月11日

久々に雨が降りました。植物には恵みの雨でした。今朝は陽射しの強い夏らしい快晴
です。湿気がない北海道の夏がようやく来てくれました。何日か続くといいのですが。

おばんです。小太郎でごじゃります。

************************************

                 ■  夕焼けの逃げ水  ■

野付半島の夕方。家路に向かって帰るときでした。それまで晴れていた空が、海から
やってきた冷たい海霧で急速に暗くなりました。

続きを読む "夕焼けの逃げ水" »

茶志骨神社のチャシコツって?

2011年08月08日

最近対向車線を走る車が突っ込んでくるかもしれない、なんてことを先走り想像して
クルマの往来が少ないミルクロードを選んで走っています。ミルクロードは綺麗に
舗装されていますので、のんびり走るのには快適です。おかげでいろんな動物に
出会えます。この頃はノネコです。道路わきに出てきて草むらの小鳥やネズミを狙って
いるようです。この猫たちかわいいんです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

************************************

            ■  茶志骨神社のチャシコツって何なの  ■

野付半島の付け根に茶志骨神社という小さな神社があります。本当に小さなオモチャ
みたいな社です。そのお祭りが先日ありました。

続きを読む "茶志骨神社のチャシコツって?" »

ノハナショウブ みごと満開

2011年07月26日

アブが活動する季節になりました。体長1.7センチはどの大きさですが、散歩中にすーと
露出している腕に止り、血を吸うために口器を突き刺します。痛く感じるときは即左手で
叩き潰されます。痛くないときは血を吸われます。皮膚がぼわーと赤く腫れます。
改装中の病院の天窓に100匹以上のアブが集まっているのにはびっくりです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

*************************************

            ■  ノハナショウブ  みごと満開   ■

野付半島には今、ノハナショウブが満開です。紫色の落ち着いた色の花が海霧にしっとりと
濡れて地味に咲いています。太陽の光が当たらないと緑の草原色にまぎれて目立ちません。

続きを読む "ノハナショウブ みごと満開" »

百花繚乱 in 野付半島

2011年07月10日

夕ぐれにカラスの群れが目立ちだしました。若きカラスたちが集団を作りだす時季にきて
います。我が家の前は集団のカラスが塒に入る前の集合場所になっています。そのときに
出すウンコがあちこちに落ちています。ウンチの中身は今一番美味い食べ物のかすで
一杯です。その中身はサクランボの種がいっぱいです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

*************************************

              ■  百花繚乱 in 野付半島  ■

この時季の一週間は目まぐるしい。

続きを読む "百花繚乱 in 野付半島" »

あの素晴らしい夕ぐれをもう一度

2011年07月08日

暑くなりました。酪農家の方々は今がまさに正念場。がんばって。この暑さで虫が開放の
窓からどんどん入ってきます。周りは原野に近いところですから仕方がないのですが、なん
とかしたい。テレビCMの「虫こなーず」が気に入って吊るしてみるも道東の虫には効果が
ないみたいです。仲良くするしかないですよね。

おばんです。小太郎でごじゃります。

*************************************

            ■  あの素晴らしい夕ぐれをもう一度  ■

今日は夕ぐれ気分です。先日久々に空に雲のない爽快な夕ぐれに会えました。

続きを読む "あの素晴らしい夕ぐれをもう一度" »

花宴景

2011年07月02日

7月になりました。今年も半分、終わりましたね。なんか寂しい感じがします。

おばんです。小太郎でごじゃります。

*************************************

                   ■  花宴景  ■

草も木も新しい芽を出し、どんどん成長をしました。初々しさから大人の風景に代わりまし
た。野付半島の花が目まぐるしく更新されています。ちょっと油断すると旬な季を逃してし
まいます。

続きを読む "花宴景" »

ワタスゲ 白いポンポチ 

2011年06月24日

今日は夕方になって晴れてきました。爽やかですが、冷たい空気です。あまり上昇気流
が起こっていないのか、ハリオアマツバメが低空でわが家の上空を飛び交っています。
虫たちが上昇気流に乗れないで、林の上をうろちょろしているのでしょう。

おばんです。小太郎でごじゃります。

*************************************

             ■  ワタスゲの白いポンポチが目立ってきた  ■

ワタスゲの白い白いぽんぽちが目立ち始めました。ふわふわした小さな綿菓子みたいな
白い玉が一本一本風にたなびき、白い海原になります。


続きを読む "ワタスゲ 白いポンポチ " »

ハマエンドウ 嵐にも負けず

2011年06月21日

だんだん朝の散歩のときに聴く鳥たちの声が少なくなってきています。シジュウガラが嘴に
いっぱいの虫をくわえています。まさに子育て真っ最中。どの鳥も忙しいのです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

*************************************

             ■  ハマエンドウ 嵐にも負けず  ■

ハマエンドウが青紫の花を咲かせてはじめました。

続きを読む "ハマエンドウ 嵐にも負けず" »

クロユリ満開

2011年06月08日

とうとう夏鳥として最後に現れるエゾセンニュウが鳴きだしました。トッピンカケタカ、トッピンカ
ケタカと抑揚のある高い声で夜中に鳴いています。気温が低くなる夜は本当によく透って聞
えてきます。鳥の囀りを楽しめるのもあとひと月。

おばんです。小太郎でごじゃります。

**************************************

                   ■  クロユリ満開  ■

花の季節が始まりました。野付半島は今、クロユリが満開です。

続きを読む "クロユリ満開" »

野付半島ビエンナーレ(2)

2011年04月20日

快晴が当たり前の季節が終わりました。冷たい海流と太平洋から来る暖かな気団が作り出す
太平洋側独特の霧、霧、霧の世界に入りました。これから夏までどんよりと寒い日が続きます。
おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

久々に野付半島の面白風景をご紹介します。

                  ■  野付半島ビエンナーレ  ■

雪が解けると風景画一変します。それまでは白い風景だったところに茶色に褐色、緑やら青
やら、とりどりの色が加わります。
                

続きを読む "野付半島ビエンナーレ(2)" »

蜃気楼

2011年04月16日

ヤマシギが裏の林に来ました。東南アジアで冬を過ごしていた地味なシギです。これから
夕方暗くなる頃から林の上を行ったり来たり飛び回ります。チキッと単発の鳴き声を出して
シギにしてはゆったりとした羽ばたきで飛びます。
おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

季節が揺らめき始めました。ウァーンウァーンとしたエネルギーがみなぎります。

                       ■  蜃気楼  ■

蜃気楼をよく見ます。一日中野付半島をうろついていると刻々変わる太陽の位置により空気
の温度が変わるのを肌で感じます。

続きを読む "蜃気楼" »

津波のつめ痕

2011年03月14日

激震から三日目。テレビ画面とラジオにくぎ付けです。巨大な壁になって押し寄せる津波の前
を走っていく車。その後が・・・。津波の恐怖を見せ付けられました。

地球が起こす巨大な力。積み重ねてきた経験と人類の知恵を持ってしても、大自然の威力の
前になすすべもありません。暗澹たる気持ちです。

一人でも多くの人命が救われますように、心からお祈りします。

おばんです。小太郎でごじゃります。

(亡くなった方のご冥福をお祈りします)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                  ■   津波の爪あと  ■

根室地方でも厳戒体制をとり、海岸線に位置する市町では避難と通行止めが実施されました。

続きを読む "津波のつめ痕" »

野付半島ビエンナーレ (1)

2011年03月01日

屋根に薄く積もった雪が朝日に当たりだしたとたんに、急激に解け出し激しく雨が降ったように
一瞬屋根を流れ落ちました。陽射しの強さを感じます。今日から三月。

おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

              ■  野付半島ビエンナーレ (1)  ■

野付半島に通いだし、うろうろしているうちにあることに気付いた。漁師さんが使う道具や小屋、
船といったものが、アートにに見えてくる。浜辺にもいろいろ面白いアートがある。どこかしこ
魅力的な造形が転がっている。

これを掘り起こして紹介してみるのもいいかな、といつしか強い思いを抱くようになった。

続きを読む "野付半島ビエンナーレ (1)" »

根室海峡 流氷満員御礼

2011年02月22日

統計によると根室地方は二月後半から3月にかけて雪が多く降ります。先週の木曜日から
金曜日にかけて降った雪は地肌が見えかけていた大地をきれいに白くしてくれました。

おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

              ■  根室海峡が流氷で被われました  ■

流氷が根室海峡を埋め尽くしています。満員御礼といったところです。

続きを読む "根室海峡 流氷満員御礼" »

野付湾 氷上散歩

2011年02月19日

ポットに熱いお湯を入れて持って行きます。一日中寒い中で遊んでいる私にとって、お昼に
食べるカップめんは最高に美味い。寒さと疲れにちょっと濃い目のスープが体にちょうどいい
ようです。山で食べる羊羹とレモンに似ています。

おばんです。小太郎でごじゃります。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                ■  野付湾の氷の上を散歩して  ■

快晴、無風。陽射しと陽気はすっかり春の気が入っています。
根室海峡には、ホタテ漁の船が30隻以上出て、海底からホタテを捕っています。今が一番
美味い季節です。遠くに知床連山が見えます。


朝の気温はマイナス13度。放射冷却のせいで、海上には氷がうっすら出来て浮いています。

続きを読む "野付湾 氷上散歩" »

ホワイトアウト

2011年02月16日

関西のスイセンをお土産にいただきました。ほんのりと柔らかい、自己主張の強いいい香り
です。トイレにとても合います。

おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                    ■  ホワイトアウト  ■

朝9時。風蓮湖の氷上に車を止めました。湖面の氷上にはたくさんの車が止っていました。
氷の厚さは30センチ以上。車が載ってもびくともしません。車の横にテントを張り、氷に穴を
開け、チカとワカサギを釣っていました。

続きを読む "ホワイトアウト" »

猛吹雪・流氷接岸 

2011年02月15日

この週末、道東はすごい吹雪でした。久々の雪でした。久々の雪かきをして汗をかきました。
なかなか充実をした連休を送りました。

おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

        ■  野付半島に流氷が接岸 今度はアムール産でした  ■

発達した低気圧が北北東の強い風を根室海峡に送り込んできました。海上は雪が水平に走る
すさまじい風に見舞われました。

(横なぶりの吹雪の中を避難場所を求めてヒメウが飛んで行く)

続きを読む "猛吹雪・流氷接岸 " »

野付の森 美術館

2011年02月08日

えさ台の砂糖水が好評です。始めはヒヨドリばかりが飲んでいましたが、最近はエゾリスも、
ハシブトガラも、ゴジュウカラも、スズメまでもが吸っていきます。真水が凍って手軽に飲めな
いからですかね。

おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                 ■  野付の森 美術館  ■

私としては野付半島はどこにいても愉しい場所です。浜辺は大好きなところですが、ときには
森の中に入っていって気分転換をします。

続きを読む "野付の森 美術館" »

氷上を行く

2011年02月01日

雪が降りません。積雪20センチほど。日本海側の大雪に申し訳ない。雪かきがないので
少々体が鈍ってきています。このつけは今月にきそうです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                  ■  氷上を行く  ■

氷の上を歩いてきました。今年の氷は不安なし。薄い場所もなくガッチと硬い。

続きを読む "氷上を行く" »

風と波と凍気のアート

2011年01月19日

知床半島の北側、ウトロの港まで流氷がやってきました。昨年より17日も早いそうです。
嬉しい。オホーツク海の寒気がいい氷を作ってくれているのですね。今年は厚くてどでかい
流氷が期待できそう。根室海峡側にはまだまだでしょうが、アムール川発の流氷に早く会い
たいものです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

               ■  風と波と凍気のアート  ■

マイナスの世界は美しさを育む。

続きを読む "風と波と凍気のアート" »

コマイの群れがやってきた そお3 コマイ漁ピーク

2011年01月16日

秋にドングリを拾っておきました。倉庫に入れておいたらほとんどのドングリに小さな穴が開い
ています。どうもゾウムシの仲間のようです。卵を産みつけて中で幼虫になったのですね。
せっかくエゾリスにと思って大量に集めたのに残念です。でも一応えさ台に出してみるつもり
です。

おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

         ■  コマイの群れがやってきた。その3 コマイ漁ピーク  ■

コマイの群れを待っているのはワシやカモメばかりではありません。漁師も大漁を期待して
野付半島の沖にコマイ定置網を仕掛けます。

(沖合いの定置網で操業する船、船、船。)

続きを読む "コマイの群れがやってきた そお3 コマイ漁ピーク" »

コマイの群れが来た。その2 氷下待ち網漁始まる

2011年01月15日

日差しが強くなってきました。一月なのにゴジュウカラがしきりに囀りはじめました。この極寒
にすでに春の兆しです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

             ■  コマイの群れが来たら氷下待ち漁が始まる  ■

コマイが沖にやってくる頃、野付湾は結氷します。今年は年始めまで、まったく凍らず、いらいら
しましたが、記録的な寒波で全面結氷しました。おかげで例年どうり氷下待ち網漁が始まりました。

(奥の船が走っているところまで凍っています)

続きを読む "コマイの群れが来た。その2 氷下待ち網漁始まる" »

流氷初日

2011年01月09日

今朝は寒かった。マイナス16度。乾燥してとても気持ちいい快晴でした。明るくなりかけた
頃からエゾリス君は餌場に来ていました。鳥たちより早いのです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                    ■  流氷初日  ■

題名を見て、びっくりされている方が多いかもしれません。でも流氷初日なんです。

野付湾でできたほやほやの氷が北の風に押し出されて、湾内から帯状になって根室の方へ
流れ出したのです。

続きを読む "流氷初日" »

コクガンと夕陽  ★ 新年のご挨拶 ★

2011年01月05日

明けましておめでとうございます。

小太郎でごじゃります。今年もどこにでもいるネコスタイルでまいりたいと思います。
どうかよろしくお願いします。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                ■   コクガンの群れ 夕陽に  ■

元旦は地吹雪で始まりました。身動きとれず。二日になって野付半島の竜神様に初詣を
してきました。あいにくの曇り空で初日の出は拝めませんでした。

続きを読む "コクガンと夕陽  ★ 新年のご挨拶 ★" »

7色の太陽で・・・・お別れです。

2010年12月31日

小太郎でごじゃります。


今年もあと数時間。今まで日・祭日は野付半島三昧だったので、昨日・今日はひたすら
年賀状に打ち込みました。おかげで8時間前に326枚の年賀状が出来上がりました。
いやいや、今回も愉しく作らせて貰いました。

そのあとに、朝に先日の雪で折れていたトドマツの木から枝を切ってきておいたので、門松
作りをしました。

続きを読む "7色の太陽で・・・・お別れです。" »

雪衣装をまとった木々

2010年12月30日

えさ台に脂身を置きたいのですが、いろいろな工夫を凝らしてもカラスに盗られてしまいます。
カラスの生きていこうとする努力と知恵が数段上をいっています。毎日来る2羽の常連さんに
はあらかじめ多めにあげて満足はさせているのですが・・・。

ごきげんさん。小太郎でごじゃります。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


                  ■  雪衣装の木々  ■

根室海峡の中に「つ」の字状に突き出ている野付半島は、雪が降っても内陸部ほどは積もり
ません。それは海水の温度が零度近いことがあげられます。また北から入りこんで来る雪雲
が山から遠く離れている海に来る頃には、すっかり雪を降らしてしまい、雪を降らせる力がなく
なっているからだと思うのです。

続きを読む "雪衣装をまとった木々" »

浮き球の風車

2010年12月19日

アホウドリが新天地のミッドウェー環礁イースタン島で初めて産卵したというニュースを読ん
だ。アホウドリの保護活動をしている東邦大学の長谷川博教授が京都大学の大学院のとき
に始めた鳥島のアホウドリの調査から36年。ずっと経緯を見てきた人間として、長谷川先生
がワッホワッホと小躍りして喜んでおられる様子が目に浮びます。アホウドリの将来に明るい
ニュースです。おめでとうございます。

おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


                 ■  浮き球が風車に  ■

漁師にはなかなかのアイデアマンが多い。
野付半島の風は半端じゃない。それをうまく利用しようとしたグッズを見つけた。

続きを読む "浮き球の風車" »

ウミウが寄る日は「しっどいウサギが走る」

2010年12月07日

強烈な暴風雨が通り過ぎた翌日は快晴無風の上天気。寒気も帰ってきましたが、今年は
いまいちカッキーンとした安定シバレが来ない。中庭のフッキソウの葉は縮んだり伸びたり
で大変そう。
おばんです。小太郎です。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


            ■  ウミウが寄る日は休日  ■  

「しっどいウサギが走ってんな。」
「今日は沖さ休みだ」

野付半島の沖合いを見ながら、知り合いの漁師のゲンさんがつぶやく。

オホーツク高気圧と南の太平洋高気圧がせめぎあう十一月から十二月。低気圧が西から
東へ急速に発達して移動してくると、強烈な突風を伴った風が吹き荒れます。

続きを読む "ウミウが寄る日は「しっどいウサギが走る」" »

早朝 黒と白の世界

2010年11月07日

すっかり木々の葉が落ちました。最後のカラマツの落ち葉が歩道に分厚く積もっています。
残されたナナカマドやツルウメモドキの赤や黄の実には、ヒヨドリがしっかり張り付いてぱく
ぱく食べています。10年前に比べたらずいぶんと数が増えました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

朝もやの季節です。太陽が上がる前は空気が止ります。
牧草地に漂うもやはほとんど動きません。

続きを読む "早朝 黒と白の世界" »

野付半島 日没薄紅

2010年11月06日

最近、ヒヨドリにあげる砂糖水を作ってえさ台に乗せています。
夏はアリやハチがたくさんやってくるのでやっていませんでした。意外なことにエゾリスの若者
が美味しそうに飲み始めました。さらに、すっかり姿を消していたスズメバチがやってきました。
花蜜代わりに砂糖は貴重なおやつです。

おばんです。小太郎でごじゃります。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                ■   野付半島 日没薄紅   ■

野付の半島の空に久々に雲がなかったので、太陽が沈んでしまったあとの風景と静寂をを楽し
みました。


続きを読む "野付半島 日没薄紅" »

野付の森 小さな秋見つけた

2010年10月28日

雪虫が舞ったら本当に雪が来ちゃいました。せっかく赤みを増してきたわが家の紅葉が
綺麗になる前にどっさと落ちてしまいました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


(耳をかきかきする小太郎)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                ■  野付の森の小さな秋色  ■

野付半島には有名なトドワラという枯れ木の墓場みたいなところがあります。かって津波に
よって塩にやられた林です。年月がたって、すっかり木も朽ち果てて森の面影はありません。

しかし、そこから1キロほど離れたところにナラワラと名づけられた森があります。樹齢が百年
以上の大木がどっさり残っている森です。


(ナラワラの森。手前は干潟。タンチョウが2羽休んでいます)

続きを読む "野付の森 小さな秋見つけた" »

浜辺の晩秋香

2010年10月19日

とうとう猫のために暖房を入れました。パネルヒーターなので家中の空気がほんわりと
温まります。年寄りのラムちゃんはパネルの横に作った特性寝床で気持ちよさそうに
眠っています。  おばんです。小太郎でごじゃります。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                  ■  浜辺の晩秋香  ■

強い寒気が入ってきました。一杯飲みに出て、千鳥足で帰ってくるとき足元から酔いが
醒めてきます。

野付半島の浜辺はすっかり晩秋の香りでいっぱいです。
あれだけ花がたくさん咲いていたのに、今は花期の長い花が少しばかり残っています。


続きを読む "浜辺の晩秋香" »

ススキが原 今が見ごろ

2010年10月16日

夕方暗くなる頃、わが家から100メートルほど離れた電線にカラスが集まってきます。
九月はじめから増え始め、最近は以前の10倍ほどに増えました。

夏場は、なわばりを持てない若いカラスが小さな集団を作っているのですが、今時期は繁殖を
終えた大人のカラスと今年生まれのカラスが合流しているのです。

電線の下は糞だらけです。その中身は植物の種がいっぱいです。彼らは種の運びやさんでも
あるのです。おばんです。小太郎でごじゃります。


(エネルギーのかたまりになりつつあるジュジュです)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                ■  ススキが原 絶景  ■

ススキのシーズンも終わったと思っている方も多いかな。それは花のシーズンが終わったので
あって、穂のシーズンをお忘れなのです。今は綿毛の種をいっぱい付けた穂が、風にたなびい
て輝きを放つ季節です。


湿地を取り巻くようにススキがいっぱい)

続きを読む "ススキが原 今が見ごろ" »

コクガン飛来・・・とエルミタージュ的夕焼け

2010年10月12日

おばんです。小太郎でごじゃります。
今日は新企画です。いつも小太郎ばかりじゃ「つまんない」という猫好きな方のために、
ペットと人の笑顔シリーズをやりたくなりました。ペットと人に関しては病院は宝の山だと前々
から思っていたからです。クライアントさんと愛するペットを時々入れさせていただきますね。

今回は弟子屈にお住まいの田森さんと子猫のにこちゃんです。猫と接すると人の表情って
とても柔らかくなりますね。いいでしょう。

ちなみに田森さんのブログ「ファーム森の馬季庭」が素敵です。
http://morinomakiba.at.webry.info/


(にこが頭の上に行ってなかなか降りてこない)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

              ■  コクガン飛来  ■

十月十一日は朝から次第に天候が回復して、九時にはすっかり晴れました。
私が研究している「コクガン」の一陣が毎年やってくる日です。朝から野付半島の先端で
ひたすらコクガンがやってくるのを待ちました。待つこと四時間。12時25分6羽の群れが
目の前を通過して行きました。(ぐっとこぶしをを強く握り締める)   
              
                   ヨッシ!

これから来年の五月はじめまで、私のコクガン三昧の生活が始まります。
ただ夕方までやってきたのはこの群れだけ。もっと来るという期待には沿ってくれません
でした。


(第一陣のコクガンの群れ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その代わり、久々に美しい夕焼けを見ました。エルミタージュ美術館展で見たロシアの
夕焼けの絵に出てくる夕焼けにそっくりの光景が年に何回か出てくるのです。

これを野付半島のエルミタージュ的夕焼けと称して楽しむのです。


(ナラワラから見た夕焼け)


(東側の空の雲は深い青にくっきり浮びます)


(西よりの雲)


(新月 一日月が出てました)

秋色ー2

2010年09月01日

わが奥さんは再び花粉症がひどくなってきました。ヨモギとススキの花粉が激しく空気に
まぎれて飛んでくるようです。生け花にヨモギの花を採ってきていけてみました。やはり、
すごい花粉の量で、花器の周りがうっすら黄色くなりました。
小太郎でごじゃります。



    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


秋は山から下りてくると申しますが、海岸からもはじまるようです。海の力は内陸部よりも
早く秋を運ぶんだと思います。
干潟ではアッケシソウが色づきはじめました。茎から太いポパイの腕のような枝が出て
赤く色づき、じっと見るとなかなか面白い造形をしています。砂漠のサボテンを赤くした
みたいで、なんか奇天烈です。多くはありませんが、砂の干潟がうっすら赤みを帯びて
きました。

草地の中ではハマナスの実がいっぱい生っています。その下には今、キイチゴが目立
ちませんが、たわわに実を付けていました。一粒一粒がはちきれんばかりにぱんぱんに
なって集まってひと房になっています。食べごろです。昨年はザルいっぱいにとりましたが、
今年はもっと収穫がありそうです。

その近くでは、カワラナデシコとサワギキョウがさりげなく咲いていました。とてもはかない
気持ちにさせられます。なぜかなー。

(茎から左右対称に枝がでる。全体に赤みを帯びてきたアッケシソウ)


(アッケシソウで薄っすらと赤くなってきた干潟)


(一粒一粒がぱんぱんになったキイチゴの実)


lt="" />

(一輪だとなぜかとても美しく感じてしまうカワラナデシコ)


(サワギキョウの花の青さはいい青色です。)


花と蝶 秋っぽい花が咲き出しました。

2010年08月11日

オホーツクの高気圧と太平洋高気圧の力比べが面白い。今年は太平洋高気圧の
力がひとつ上を行っている感じがします。

おばんです。小太郎でごじゃります。


野付半島の砂浜は秋の花が咲き出しました。黄色い花が特に目立ちます。
なかでもエゾオグルマの黄色い花は存在感があります。葉と茎ががっちりして肉厚です。
花は風車のように風を受けるとぐるぐる回りそうな形をしています。
目立つ花には蝶が集まります。丸めた吸い口すーと伸ばし蜜を吸っています。まことに
旨そうに見えます。同じ花に次々に蝶がやってきては吸っていきます。花もどんどん蜜を
生産して花粉をめしべに運んでもらわないといけないので必死なのですかね。

この一週間に急に蝶の数が増えました。
羽の模様がヒョウに似ているオオウラギンスジヒョウモンという蝶やヒメアカタテハという
世界中に広く分布しているが寒い地方には夏から秋にかけて移動してくる蝶もいました。
モンシロチョウもたくさん集まっています。

花の前でじっと待っていると来るは来るは。

(エゾオグルマ)

(エゾオグルマの花に集まった蝶たち)

続きを読む "花と蝶 秋っぽい花が咲き出しました。" »

野付半島。「花と鳥」フェスタ開催中

2010年07月08日

夏に入りましたね。小太郎でごじゃります。

(小太郎に変わりましてラムです。中庭の陽だまりで眠るのが大好きです)

タワラマップ川の散歩道は2回目の草刈をしました。
雨が降って、お日様が出て、エゾハルゼミが鳴くと草の成長が著しいのです。
わさびの畑は他の草で覆われてしまいました。

日曜日は天候が悪いと予想が出ていましたが、野付半島に早朝から遊びに行きました。
今、野付半島は花々しいエネルギーを出し続けています。その中で、鳥たちが育児に
大忙しです。そこで、今回は花と鳥のコラボレーション「花と鳥」フェスタを企画しました。
札幌で開催される企画に比べれば、全く金がかかってはいませんが・・・・。


まず人気者のハシブトガラス。育児真っ最中。お花畑の中の低いナナカマドの木に巣を
作っていて、近くに寄るものなら夫婦して威嚇してきます。センダイハギの花を引きちぎって、
脅す行動を転化するのが得意です。黒光りの姿が黄色と緑に似合いますが、小鳥には
雛を食う悪魔です。

次はセンダイハギのお花畑の中のハマナスのかん木の中に巣を作っているノゴマちゃん。
赤い喉を膨らませてソプラノの美しい声を聞かせてくれます。こちらでは「日の丸」どりと
呼ばれています。
天性の明るさに魅了されますが、声と姿がシンクロしないので意外と探しづらい鳥です。

(ノゴマのオスは赤い喉をいっぱいに膨らませていい声をだします)


続きを読む "野付半島。「花と鳥」フェスタ開催中" »

小太郎の花便り・ワタスゲの大湿原

2010年06月22日

小太郎でごじゃります。
いい季節になりましたな。


家のまわりは自然の変化が激しくて時代に遅れそうです。ちょっと気を抜くと新しい花が
咲いています。のんびりなんて言っておれません。早いんです。

今日は広大なワタスゲの花湿原を発見した話。
いつも行く野付半島の入り口は気にも止めないで素通りしていたところ。ところがトドマツの
防風林のすき間に白い草原を見つけてしまったのですよ。ぴんとくるところがあったので、
近くの高台に登って見ました。やはりワタスゲの大群落が目の前一面に広がっているの
ではないですか。

(野付半島の大湿原。ワタスゲの花が一面に咲いてるよ)


(ワタスゲの花だよん)

今まできりたっぷ湿原のワタスゲが一番だと思っていましたが、これを見たらぶっ飛びました。
「おみごと・・・・・・・」というしかありません。道のない湿原。遠くから愉しみにするポイントと
決めました。

続きを読む "小太郎の花便り・ワタスゲの大湿原" »

クロユリ

2010年06月09日

野付半島の春は地面から始まる。
海から吹いてくる風は強く、気を抜いた軽い服装で行くと30分も外におれない。
しっかり冬の服装をして行ったほうが無難だ。


(草むらの中からヒバリが飛びだしてきてさえずり始めました)

晴れた日に草むらに寝っころがると世界が違うと感じる。地面から20-30cm
まではとても暖かい。ぽかぽかとした温室に入った気分になる。顔に帽子をのせ
目をつむると、日干しをした布団に入ったほわーんとしたぬくもりにを感じる。

(草むらで偶然出合ったアカアシシギのメス)

この恩恵を受けるのが植物だ。すばやく反応して、とっとと花を咲かせる。
今、野付半島はクロユリが満開だ。

続きを読む "クロユリ" »

知床連山と釣り船とサーファー

2010年06月07日

日曜の朝、4時。天気予報では晴れと出ていました。
外は濃霧。それでも鳥たちは囀っています。ノゴマの声は一番。遠くでツツドリ、
オオジシギ。その中にカッコウの声が聞こえてきました。待ちに待った夏告げ鳥。
エゾセンニュウの声も。これで夏鳥はすべてそろいました。

彼らの囀りに励まされて、野付半島に向かいました。すっぽり濃霧に覆われて
いても草原の小鳥たちの囀りは、この時期にしか輝かない。

(カッコウが飛んでいます)

のったり、のんびり、いい気分。

陽が高くなった8時頃、霧が走り去るように消えました。それまで隠れていた
知床連山がくっきり出てきました。

(知床連山。左より羅臼岳、右側に硫黄山)

続きを読む "知床連山と釣り船とサーファー" »

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック