メイン

★ さらば半島 ★

2013年05月02日

草が喰えるぞ。草が喰えるぞ。思い切り食えるぞ。美味い草がたらふく食えるぞ。嬉しい春が
来たよ。エゾジカの群れが牧草地を走っていきます。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                      ◆  さらば半島  ◆

野付半島の付け根にある茶志骨神社の裏側に拡がる牧草地にエゾジカの群れがいました。

続きを読む "★ さらば半島 ★" »

★ 雪解け産卵 ★

2013年04月14日

ようやく毎日散歩するタワラマップ川の道が雪解けを迎えました。スノウシュウで歩いたところ
だけが浮き残っています。圧雪した雪は融けにくいのです。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***************************************


                      ◆  雪解け産卵  ◆

道の北側にある斜面から湧き出てくる水が溜まる水たまり。大きくならないトゲウオもいたりして
興味が尽きない場所。そこにエゾアカガエルが4月12日、ようやく産卵しました。

続きを読む "★ 雪解け産卵 ★" »

★ 冬の港は動物園シリーズ8・ユリカモメ ★

2013年03月12日

ユリカモメが根室海峡で越冬していることは珍しいことですが、たまに港で見かけます。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


              ◆  冬の港は動物園シリーズ8・ユリカモメ  ◆

ユリカモメは冬鳥としてカムチャッカ半島の方から日本にやってきます。北海道から南は沖縄
の方まで渡って越冬しています。

続きを読む "★ 冬の港は動物園シリーズ8・ユリカモメ ★" »

★ 冬の港は動物園シリーズ6・ヒドリガモ ★

2013年03月07日

ヒドリガモも秋に大群でやってきます。干潟や草地におりて植物の葉っぱや種子を食べつくす
とほとんどが南の方へ飛んで行ってしまいます。冬季に残るのは数えるほどしかいません。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


           ■  冬の港は動物園シリーズ6・ヒドリガモ  ■

港にいるヒドリガモを見るには、夕方の陽に当たるときが美しく見えます。特にオスは輝きます。

続きを読む "★ 冬の港は動物園シリーズ6・ヒドリガモ ★" »

★ 冬の港は動物園シリーズ5・オナガガモ ★

2013年03月05日

秋には大群で渡ってくるオナガガモ。どれほどの数なのか、広大な野付湾では「おそらく」を
付けて10万羽以上。でも、厳寒の冬季に残って越冬するものはわずか100羽もいるでし
ょうか。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


             ■  冬の港は動物園シリーズ5・オナガガモ  ■

オオハクチョウやコクガンがいる間はえさ場で行動を伴にします。オオハクチョウが引っこ抜く
アマモを周りで分けてもらい、労せずお腹を満たすことが出来るからです。

続きを読む "★ 冬の港は動物園シリーズ5・オナガガモ ★" »

★ 冬の港は動物園シリーズ4・スズガモ ★

2013年03月02日

スズガモはアサリが大好きです。ですから、アサリが沢山生息する野付湾には春と秋の渡りの
時期に大群が姿を見せます。秋に渡ってくる群れは湾内に氷が張りだすとほとんどが南の
方に移動します。が、ほんの一部の群れはアサリの魅力で越冬しています。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***************************************


               ■  冬の港は動物園シリーズ4・スズガモ  ■

砂地を採掘して造った根室海峡の港の中はアサリが沢山います。そのせいか、アサリを好む
スズガモがいつも港の中にいます。

続きを読む "★ 冬の港は動物園シリーズ4・スズガモ ★" »

★ 冬の港は動物園シリーズ3・シノリガモ ★

2013年03月01日

海が荒れたり、流氷が押し寄せてくると日頃は岩場の海を好むシノリガモも港に避難してきます。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***************************************


              ■  冬の港は動物園シリーズ3・シノリガモ  ■


シノリガモは遠くで見る限り地味な色合いのカモで、岩場で泳いでいるときは黒っぽいので目立
ちません。

続きを読む "★ 冬の港は動物園シリーズ3・シノリガモ ★" »

★ 冬の港は動物園シリーズ2・カワアイサ♂ ★

2013年02月28日

カワアイサのオスは白と黒のツートンカラー。はっきりと区分けされぼやけが全くない。くちばし
と足が渋い赤。なかなか考えられた色合いです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

***************************************


             ■  冬の港は動物園シリーズ2・カワアイサ♂  ■

秋に衣替えをして、冬の時期は見事な繁殖羽になっています。3月も近くなってくると、すでに
相方を決めてペアになっている時期です。

続きを読む "★ 冬の港は動物園シリーズ2・カワアイサ♂ ★" »

★ 冬の港は動物園シリーズ・カワアイサ♀ ★

2013年02月27日

根室地方には動物園がありません。その代り身近で野生の鳥や動物を見ることができます。

おばんです。小太郎でごじゃります。


(水浴びした後羽ばたきして水を払うカワアイサのメス)

**************************************


               ■  冬の港は動物園シリーズ・カワアイサ♀ ■


流氷が押し寄せてくると越冬してきたカモやカモメはえさを捕る場所が狭められます。あるも
のは南の方に移動して行き、あるものは数少ないえさ場に集まってきます。

続きを読む "★ 冬の港は動物園シリーズ・カワアイサ♀ ★" »

★ 恋の季節 ★

2013年02月12日

それは・・・突然やってきました。キタキツネが二頭で走り回っている光景があちこちで見られ
ます。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                     ■  恋の季節  ■

牧草地の硬く締まった雪原をキタキツネが走っていく姿を運転しながら見つけました。そこから
20㍍離れた場所を別なキタキツネが追いかけている姿がありました。

続きを読む "★ 恋の季節 ★" »

★ エゾタヌキ ★

2013年01月29日

流氷が根室海峡に今季初めて侵入した1月23日。珍しいエゾタヌキが保護されてきました。
もこもこの、まさに毛皮と叫びたくなる冬毛の若々しいタヌキでした。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                     ■  エゾタヌキ  ■

街の中の民家の玄関先でよたよたになってうずくまっているところをその家の小学生が保護し
ました。抵抗することもなく抱かれ、ダンボウルにいれらました。とても弱っているようなので
わが病院まで連れてきたのです。              

続きを読む "★ エゾタヌキ ★" »

★ 鳥たちの大雪 ★

2013年01月26日

大雪、大雪!
御地はどうか知りませんが、雪かきで心地よき疲れながら一寸御見舞い申し上げます。

おばんです。小太郎でごじゃります。


(体力のあるシメは雪も気にならないみたい)

**************************************


                     ■  鳥たちの大雪  ■

久々の大雪。道内を低気圧が発達しながら通過して、等圧線が縦から横になったせいで
寒気が緩み、太平洋側から湿った空気が流れ込んだせいです。

続きを読む "★ 鳥たちの大雪 ★" »

★ ロイヤルウースターのミソサザエ ★

2013年01月18日

1月6日のブログに「鳥の王 ミソサザイ」のことを書いたら、友人から写真つきメールを
もらいました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


*************************************


               ■  ロイヤルウースターのミソサザイ  ■


       数日前のブログにミソサザイの事書いてありましたね。

続きを読む "★ ロイヤルウースターのミソサザエ ★" »

★ 寒すずめ ★

2013年01月16日

久々にえさ台に来る小鳥です。今日は寒すずめ。カンスズメという分類名はありませんが、
身近な野鳥の代表者で、遠き昔より私たちの生活とともに生きてきました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


(厳寒になるとスズメも脂身を食べに来ます)

*************************************


                     ■  寒すずめ  ■

京都にの東福寺に住んでいた時は、近くに伏見稲荷があったので散歩がてらによく行きま
した。表参道には焼き鳥屋が並んでいて、スズメの焼き鳥が売られていました。

続きを読む "★ 寒すずめ ★" »

★ 久々にキタキツネ ★

2013年01月13日

昨年はキタキツネにあまり会えませんでした。疥癬というヒゼンダニに感染したキタキツネが
また増えてきた感じがしていたので、生息数が急激に少なくなったかなと心配していました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                     ■  久々にキタキツネ  ■


足跡はついているのに、会える頻度が少ないのはキタキツネの警戒心が強いからでしょうか。
数が少なくなれば、縄張りも広くなり、食べるものにも余裕ができ、ヒトの近くに来なくなるとも
考えられます。

続きを読む "★ 久々にキタキツネ ★" »

★ 鳥の王 ミソサザイ ★

2013年01月06日

念願だったミソサザイを撮らえることができました。警戒心が強く、見つかると「ジジッ」という
よく透る鋭い声を出し、逃げてしまうからです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

**************************************


                   ■  鳥の王 ミソサザイ  ■

雪が積もった散歩道の道端。湧水が湧きだして凍らない小さな小さな流れのところで出会い
ました。枯葉や枯れ茎が落ちている水の中で食べ物を探していました。

続きを読む "★ 鳥の王 ミソサザイ ★" »

★ 吹雪でもエゾリス ★

2012年12月30日

根室地方で12月に3回も雪かきをすることは過去30年ありませんでした。地面はほとんど
雪に覆われ、出ているのは湧水のところと川っぷちくらいです。エゾリスが地面に埋めて
いたものが取り出せなくなって少々困っている風です。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                   ■  吹雪でもエゾリス  ■


エゾリスは冬眠をしません。夜は木の洞に入って眠り、日中は食べ物を探して木から木へ
移動し、食べるものを探します。

続きを読む "★ 吹雪でもエゾリス ★" »

★ 囀り始めた カワガラス ★

2012年12月20日

12月に入って、下のタワラマップ川にカワガラスの「ビッ、ビッ」という威勢のいい声に
出会いました。毎年この時期には必ず姿を現します。

おばんです。小太郎でごじゃります。

************************************


                ■  囀り始めたカワガラス  ■


カワガラスは留鳥と言われています。住み着いた地域で1年中過ごし、暑くなろうが寒く
なろうが他の地域に移動をしません。

続きを読む "★ 囀り始めた カワガラス ★" »

★ リス君への贈り物 ★

2012年12月07日

わが家にやってくるエゾリスさんに差し入れがありました。なんと栗の実がナイロン袋に
一杯入っていました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


*************************************


                ■  リス君への贈り物  ■


11月のある日曜日の朝、病院の玄関のドアの前にナイロン袋が一つ置いてありました。
また誰かが子猫を置き去りにしていったのかと、一瞬思いました。

続きを読む "★ リス君への贈り物 ★" »

★ おみくじとヤマガラ ★

2012年11月17日

最近、我が家のバードテーブルにヤマガラが来るようになりました。気ぜわしく、動きが速く
おいてあるヒマワリの種をくわえるとすぐに飛んでいってしまいます。

おばんです。小太郎でごじゃります。


*************************************


                   ■  おみくじとヤマガラ  ■


ヤマガラは日本全土の林に留鳥として生息する鳥。常緑広葉樹が自生する暖かい本州で
はごくごく普通にいますが、北海道はシジュウカラやハシブトガラに比べると数の少ない鳥
です。

続きを読む "★ おみくじとヤマガラ ★" »

★ 念願の洞に・・・ ★

2012年11月09日

タワラマップの森には大きなハルニレの木があります。その中でも私が散歩の途中で1日
のお祈りをするご神木のハルニレ。中腹にエゾフクロウが1羽入れる洞があって、いつか
フクロウが使ってくれるように祈っていました。

おばんです。小太郎でごじゃります。

*************************************


                    ■  念願の洞に・・・  ■

でも、散歩を初めて23年になるのに、これまで1度も姿を見たことがありませんでした。
春、夏、秋、冬と毎日のように洞を眺め、合掌し続けてきたのに、願いがかないませんでし
た。

続きを読む "★ 念願の洞に・・・ ★" »

★ 逃げるエゾジカ ★

2012年10月18日

エゾジカの狩猟が10月1日に解禁になりました。同時にカモ猟も解禁になっていますから
車で走る先々でハンターさんを見かけました。

遠くでパンパンパーンと銃の発射音が響きます。増えたとはいえ健康な生き物を自分の
手で絶ってしまうのは空しく感じます。

それまで出会っても、いたってのんびりとした表情をしていたシカが、とても神経質に
なってきました。

すでに2番草を刈り終わった牧草地に雌親を中心の家族がでて草を食べているところに
出会います。以前なら車を止めても、警戒をしながらこちらを観察していたのに、10月に
入った途端、即林の中に逃げ込むようになりました。


続きを読む "★ 逃げるエゾジカ ★" »

★ マユミとメジロ ★

2012年10月12日

今年はマユミのあたり年です。実がたわわに実りました。長年マユミを観察していると
実をたくさんつける年と全くつけない年があります。毎年小さな目立たない白い花を
咲かせているのに、実のりになると差が出てしまうのです。

だいたい実がたくさんなるのは3年に1度くらいのペースです。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************


                ■  マユミとメジロ  ■

マユミと言えば「檀 れい」です。サントリーのビール「金麦」のCMに出てくる女優さん。
檀という字が「まゆみ」と読むことを教えてくれた人です。彼女の本名が「まゆみ」で
宝塚の舞台に立つときに漢字に直して付けたのが「檀れい」だったのです。

続きを読む "★ マユミとメジロ ★" »

★ 輪禍と野生猫 ★

2012年08月14日

いわゆる根室地方でいうところのミルクロード。ステンレスの大きなミルクタンクを荷台に
積んだトラックが、各酪農家を回り搾りたてのミルクを集めに走る道のことです。

今や90%以上の舗装率で迅速に効率よく集めて回ることができます。おかげで一般の
国道や道道よりも快適に走ることができる優れものの道です。

続きを読む "★ 輪禍と野生猫 ★" »

★ エゾリスの小夏がたわわ ★

2012年08月08日

毎日眠いですね。深夜興奮しすぎ。はじめ日本酒を飲んでいますが、日本選手の
真剣なプレイにコブシを握る度に、オンザロックのウイスキーをぐいぐい。終わる頃
には結構な酒量になってしまいます。

おばんです。小太郎でごじゃります。

***********************************

              ■  エゾリスの小夏がたわわ  ■


オリンピックの興奮、世界の興奮、日本の活気は道東の根室地方には届きません。
オホーツクの高気圧が頑張りすぎて、夏さえも届きませんでした。いつもなら消えて
いる海霧が今日も朝から出ています。

続きを読む "★ エゾリスの小夏がたわわ ★" »

★ 天空の鳥 アマツバメ ★

2012年08月01日

暑い暑い。今週は短い暑い夏です。根室地方の内陸にある中標津は30℃に近い日が
年に1週間あれば万々歳です。今夜から寒気が入ってくるそうなので、暑いのは今日ま
でかも。

おばんです。小太郎でごじゃります。

************************************


                ■  天空の鳥 アマツバメ  ■


武佐岳の山頂で久々にアマツバメに会いました。斜面を撫でるように猛スピードで飛び
回っていました。下は太平洋までずーと雲海が広がり、その上を自由に、目にとどめる
のが大変なほどでした。

続きを読む "★ 天空の鳥 アマツバメ ★" »

★ 木漏れ日のメジロ ★

2012年07月25日

根室地方は夏が来ません。大暑を過ぎたのにまだ寒いです。夜は10℃近くまで気温が
下がります。このまま暑さ知らずの夏で終わるのでしょうか。節電には貢献しています。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************


                   ■  木漏れ日のメジロ  ■


林の中が随分静かになりました。もう誰も囀ってくれません。寒いせいで蝉さえ今年は
あまり鳴きませんでした。下のタワラマップ川の小道は木陰の道になりました。

続きを読む "★ 木漏れ日のメジロ ★" »

★ のたりのたりの馬 ★

2012年07月06日

ここにきて馬たちが肥えてきました。雨が降るたびに伸びてくる栄養たっぷりの牧草を
たらふく食べて、のんびりと生活しているからです。


(安心して昼寝をする月毛の馬)

続きを読む "★ のたりのたりの馬 ★" »

★ 崖に巣を掘るショウドウツバメ ★

2012年07月05日

ショックな出来事が起きてしまった。いつも野付半島に行く途中に、今年見つけた
ショウドウツバメの集団コロニーがあったのですが、すべて壊されてしまいました。

続きを読む "★ 崖に巣を掘るショウドウツバメ ★" »

★ ハシブトガラが種を ★

2012年07月02日

夕べは母ちゃんと飲みに出かけて、そのあと一人でスナックを梯子しました。へべれけで
歩いて帰るときエゾセンニュウのトッピンカケタカ、トッピンカケタカというよく透る声があち
こちから聞こえていました。オスが一番頑張らなければならないときなのです。

おばんです。小太郎でごじゃります。


(ボインの小夏がやってきました。今年もお乳が大きい。今、子育て真っ最中)

*************************************

 

                  ■  ハシブトガラが種を  ■

気温が高くなって小鳥たちの活動が朝早くにシフトしています。できるだけ早起きをしよう
と思うのですが、さすがに3時は起きれません。散歩に出かける6時過ぎには、彼らの
活動は一服しています。

続きを読む "★ ハシブトガラが種を ★" »

★ コルリ・青い鳥小鳥 ★

2012年06月29日

なんと心地よい。今日は20℃を超えました。じめじめしていた地面がさらりとしました。
昨日は2度目の草刈りをしました。2度目となると草の伸びようとする活力が確実に
無くなります。3度目の草刈りは楽チンです。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************

                  ■  コルリ・青い鳥小鳥  ■

わが家のまわりの森には青い鳥が2種類います。一つはオオルリ、もう一つはコルリ
という小鳥です。

続きを読む "★ コルリ・青い鳥小鳥 ★" »

★ 赤ちゃん声のアオバト ★

2012年06月24日

小太郎が最近外に出るとせがまなくなりました。10歳を過ぎると猫もあまり外の変化
に富んだ環境を好まなくなるのでしょうか。ハッチという雄猫は死ぬまでヤチネズミを
捕ってきていたから一概には言えませんが、おっとりと暮らす生活を好む猫はこちらも
おっとり気分にさせてくれます。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************


                ■  赤ちゃん声のアオバト  ■

アオバトは神秘のハトです。なかなかその姿をじっくり見ることができません。人の
気配を感じるとばさばさと力強い翼を合わせる音だけを残して飛び去ってしまうからで
す。


続きを読む "★ 赤ちゃん声のアオバト ★" »

★ 今どきのエゾリス ★

2012年06月21日

寒い。今日の最高気温は9℃でした。明日は1年で昼の長さが一番長い夏至の日です
よ。お昼の太陽の高さも一番高いというのに、明日の気温予想では最高気温は10℃
です。そろそろ太陽さん本気を出せよと言いたい。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************

                  ■  今どきのエゾリス  ■

エゾリスの定住者が多くなったのか、我が家の庭に立ち寄っていくリスが増えているな
と実感します。それにはわけがあります。

続きを読む "★ 今どきのエゾリス ★" »

★ 茶色のツツドリ ★

2012年06月20日

この1週間ばかりで木々の葉や地面の草が驚くばかりのスピードで成長しました。
川べりの散歩道の草が50センチ以上になって、雨の日はズボンが水滴でびちょ
びちょになります。道の幅だけでも草刈りをしないといけません。少なくとも1キロは
あります。しんどー。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************


                    ■  茶色のツツドリ  ■


ツツドリが窓ガラスにぶつかって脳震盪を起こし、わが動物病院に運び込まれてき
ました。頭部を後方に反らし、左右に小刻み震わせています。

口からは胃液を吐き出して、周りの羽毛が濡れていました。足はマヒ状態で後方に
伸びきっています。回復するかどうかきわめて危険な状態に思えました。

続きを読む "★ 茶色のツツドリ ★" »

★ かわいいカラス ★

2012年06月18日

我が家の林にやってくるハシボソガラスのヒナが巣立ちをしました。巣は私が毎日
散歩するタワラマップ川の林の中に作っていました。

5月の初めに木の枝をうまく組み上げて作った巣から黒い尾の先が見えていました。
私がそばを通ると、頭を上げて見下ろしていることがありました。

続きを読む "★ かわいいカラス ★" »

★ 木隠れのキバシリ ★

2012年06月17日

根室地方は今、運動会が真っ盛りです。牧草の刈り取り前、コンブ漁が始まる前に
やるのが習わしです。しかし、この時期は海霧が発生しやすいので、どうか海霧が
発生しないように祈らなければなりません。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************

                    ■  木隠れのキバシリ  ■


忍者のような小鳥がいます。体の羽色が木の肌の模様にそっくりのキバシリという
鳥です。

続きを読む "★ 木隠れのキバシリ ★" »

★ マガモのオスは大変だ ★

2012年06月08日

我が家の水槽に苔が生えて中のグッピーが全く見えなくなりました。苔を食べてくれる
ナマズの仲間のプレコが死んでしまったからです。苔が生えづらくする薬をいれたの
ですが、効果なし。水槽を洗ったら、水草のアマゾンソードが元気がありませんでした。
苔に効かなくて、水草に影響がありました。アホでした。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************

                 ■  マガモのオスは大変だ  ■

朝の散歩中、私の前に上空から5羽のマガモが降ってきた。どさどさとわずか10m先
に全く無警戒に降り立ちました。

続きを読む "★ マガモのオスは大変だ ★" »

★ スズメ ★

2012年06月07日

過ごしやすくなりました。朝起きて見る温度計が10℃くらいになりました。地面の温度
が高くなってきているのか、タンポポの茎が長く伸びています。他の草に負けないよう
にがんばっています。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************

                      ■  スズメ  ■


スズメが元気です。冬にはほとんど姿を見せなかったのに、活発に食べ物あさりを
しています。

続きを読む "★ スズメ ★" »

★ 春水牧草地のオオハクチョウ ★

2012年04月24日

散歩道としているタワラマップの森の小道の雪が消えました。スノウシューでの散歩
が終わりました。長かった。でも地面は凍っていて盛り上がった道はまだボコボコで
とても歩きにくい道です。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************


              ■  春水牧草地のオオハクチョウ  ■

オオハクチョウの数が例年に比べ増えて来ないのが気になっていたら、漁師をやりな
がら生態写真を撮り続けている知人が「今年は来てないわ。いつもなら茶志骨川の
氷がとっくに落ちているのに、19日に開いたくらいだから遅れているのかもね」と教え
てくれました。

続きを読む "★ 春水牧草地のオオハクチョウ ★" »

★ 巣材集め ハシブトガラ ★

2012年04月19日

今年最初のダニに喰いつかれた犬ちゃんがやってきました。左目の目がしらの上が
一昨日くらいに口器を刺しこんだと思える腫れ方です。急速な雪解けを待っていた
ダニが今年は積極的に犬や猫にとりつきそうな予感がします。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************


               ■  巣材集め ハシブトガラ  ■

タワラマップの森は今週に入って活気が倍増してきました。ハシブトガラをはじめと
するカラの仲間が早朝からの囀りを1オクターブ上げたようです。ソングポストに止ま
って力強く鳴くさえずりビームが激しく飛び交っている感じがします。

続きを読む "★ 巣材集め ハシブトガラ ★" »

★ オオコノハズク回収 ★

2012年04月17日

遅まきながらフクジュソウがようやく咲き出しました。北国の太陽の花と思っている私
にとり、フクジュソウは森に遅い春の到来を断言する最初の花です。

おばんです。小太郎でごじゃります。


(久々に顔を見せてくれたボインの小夏)

**********************************


                 ■  オオコノハズク回収  ■

オオコノハズクというフクロウをご存じですか。声のブッポウソウといわれるコノハズク
よりも大きいフクロウ。木の葉の緑色の羽色をしているわけでもないのに木葉梟(コノハ
ズク)と付いているフクロウです。コノハズクよりも一回り大きいので大木葉梟(オオ
コノハズク)と名前が付けられています。

続きを読む "★ オオコノハズク回収 ★" »

★ 跳ねるエゾリス 恋の季節 ★

2012年04月05日

今日も風が強かった。何年かぶりの強力低気圧でした。通過してまでもおまけを
引っ提げてきました。屋根を飛ばされるやら、浸水するやら。根室地方はこれで急激
に雪が解けました。川が増水して氷が落ちたことでしょう。これでアメマスが河口で
釣れます。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**********************************


              ■  跳ねるエゾリス 恋の季節  ■

からりと晴れあがった朝。私に向かってふっくらエゾリスが走ってきました。じっとして
いる人間が目に入らない様子です。硬くなった雪の上をぽっいぽっいと跳ねてきます。

続きを読む "★ 跳ねるエゾリス 恋の季節 ★" »

★ あれフクロウが ★

2012年03月29日

私の次男が今春早稲田の大学院を卒業しました。去年は長女の卒業式が東北大震災
で取止めになったことを考えると世の中が落ち着いてきてよかったと思います。株価が
上昇してきて日本経済も落ち着きを取り戻してきてるのかなとクマが住む非経済地域
から考えています。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************

                  ■  あれフクロウが  ■

朝の散歩中、林の中で小鳥達の警戒する鳴き声がしているのを耳にしました。エナガや
ハシブトガラ、シジュウカラ、ゴジュウガラが集まって、威嚇の声をしきりに発しています。

続きを読む "★ あれフクロウが ★" »

★ 必死なエゾリス ★

2012年02月28日

今季の寒気はがっばっています。いつもならタワラマップ川の上にできた氷が落ちて
きらきら輝く水面を見せているのに、まだしっかり残っています。朝は湯気さえ上がっ
ています。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************


                  ■  必死なエゾリス  ■

大雪が降った翌々日、久々にエゾリスが我が家の餌台にやってきました。すっごく
お腹が空いていたのでしょう。アカゲラ用に入れていた脂身に金網の外から必死に
齧りついています。

続きを読む "★ 必死なエゾリス ★" »

★ 温泉のオオハクチョウ ★

2012年02月16日

夜中の2時に目が覚めました。ブフォーブフォーと外から唸るような音が時には大きく、
弱く聞こえてきます。じーっと耳を澄まします。ブラインドを開けて外を見ると、普段は
あまりしならないシラカバの大木が揺れています。地面の雪が猛烈に走っています。

あとで聞いたら風速39メートルの烈風でした。私的には道東の春一番です。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************


                ■  温泉のオオハクチョウ  ■

オオハクチョウが温泉が湧く砂湯に集まって湯治をしています。その数123羽。湯煙
が上がる浅瀬に入って心地よさそうです。

続きを読む "★ 温泉のオオハクチョウ ★" »

オジロジカ

2011年12月13日

エゾヤマセミが現れました。厳寒が来ると現れる鳥です。ヤマメのピンコを狙ってきていま
す。凍らない水温が暖かい小川に集まります。今は1羽ですが、多いときは3,4羽きます。

おばんです。小太郎でごじゃります。


=====================================

=====================================


                ■  オジロジカ  ■

オジロジカという鹿が北アメリカにいます。その地域に住む鹿の仲間の中では最も小さい
鹿ですが、エゾジカによく似ています。

続きを読む "オジロジカ" »

カワガラス 水辺の忍者

2011年12月09日

寒くなった途端、小鳥たちの始動が遅くなりました。餌台に来る時間は太陽が出てから
温度が4,5度上がるまで遅くなります。やってくる数は午後の方が多くなっています。
今季は寒くなるでしょうか。

おばんです。小太郎でごじゃります。


=====================================

=====================================


            ■   カワガラス  水辺の忍者  ■

タワラマップの川に黒い鳥が姿を現した。嘴の先から足の先まで黒っぽい怪鳥です。
大きさはヒヨドリくらい。尾と翼が短く、ずんぐりむっくりの体型です。短い尾羽を上下に
ピッコンピッコンと振り、垂直に立ててます。機敏が全身から発してます。

続きを読む "カワガラス 水辺の忍者" »

土食うタンチョウ

2011年12月03日

今夜は勢力の強い低気圧が接近してくる予報。しばらく雨らしい雨が降っていませんから
大降りになるかも。急いで冬タイヤに履き替えました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


=====================================

=====================================


                ■   土食うタンチョウ  ■ 

居酒屋で飲んでいるとき、標津町から通ってくる大将が「タンチョウがいっぱい道路沿いの
畑にいたよ」と情報をくれました。

続きを読む "土食うタンチョウ" »

エゾリス 耳の毛が伸びてきた

2011年11月01日

今年は木の実の付きが悪いと思っています。でも例外はあります。オンコの赤い実が
いっぱい生っています。透き通るような赤い実が濃緑の葉っぱの陰に遠慮がちに顔を
出しています。じっくり見ると意外に多く実をつけています。たくさんオンコの木を植えて
いる人の話でも、いいようです。口に含むと甘さがさらっとして、おやつには最高です。

************************************


           ■   エゾリス 耳の毛が伸びてきた  ■

エゾリスが餌台に来る頻度が増えてきました。短くて茶色ぽかった夏毛がだんだん伸び
てきて、ふっくらしてきました。夏毛に変わったとき、雰囲気が小生意気な兄ちゃん風で
した。動作も精悍な感じがしました。それがふっくら膨らんできて、かわいらしくなってきて
います。

続きを読む "エゾリス 耳の毛が伸びてきた" »

ホシガラス ハイマツの実大好き

2011年10月27日

外に出していた観葉植物をとうとう室内に入れました。昼過ぎから体が引きしまるような
冷気を感じたからです。いよいよ来そうです。本格的な寒気が。ひ弱だった植物がひと夏
外に出しておくと葉や茎がたくましくなっていました。これから6か月室内で冬を越さねば
なりません。

おばんです。小太郎でごじゃります。


*************************************


            ■   ホシガラス ハイマツの実大好き   ■

ホシガラス。何ともいい名前です。この鳥は星がたくさん見れる亜高山から高山の地帯で
生活するカラスの仲間です。体を覆う羽毛の先が白い色をしていて、星を散りばめたように
見えることからホシガラスとつけられました。

続きを読む "ホシガラス ハイマツの実大好き" »

エゾリス 冬の準備

2011年10月26日

栗の実をいただきました。根室地域中標津産です。農家の庭に植えられた栗の木が
マイナス20度以下の気温に耐えて、実をつけています。その実をもらってきて自分の
庭に植えてから3年目に立派な実をつけました。桃栗3年とはよく言ったものです。
リスにと言われましたが、美味そうだったので自分にもいただきました。さっぱりとした
甘さでした。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************


             ■   エゾリス 冬の準備   ■

再び窓辺の餌場を再開したのは10月初めでした。待ちわびたようにハシブトガラや
ゴジュウガラがやってきました。それから1週間ほどしてエゾリスがやってきました。

続きを読む "エゾリス 冬の準備" »

馬 肥ゆる

2011年10月23日

夕方、家路へ急ぐ途中で夕立に会いました。たぶん寒冷前線が南に下りてきたようで、
北西の強い風と共に激しい横なぶりの雨が降ってきました。前照灯の前は高速のワイ
パーでも見ずらく、そのうえミズナラの葉っぱが路面にいっぱい落ちてきています。滑る
といけないと思って減速しました。途端に目の前に小鹿がたたずんでいるのを見つけま
した。ラッキーでした。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************:


                  ■   馬 肥ゆる  ■

放牧してある馬がふっくらしてきました。春から夏にかけてはずっとロールの乾草を食べ
ていました。夏になって生の牧草を食べだし、その成果が出てきたようです。

続きを読む "馬 肥ゆる" »

ユキムシ 雪が降る前に

2011年10月20日

ここ3日。毎朝霜が降りています。太陽が出る前は草の葉っぱは塩が振りかけられた
ように白くなっています。こんな時間帯は小鳥のカラ類の群れは早く太陽が当たる高い
木の上の方で餌をあさっています。

おばんです。小太郎でごじゃります。

(大きくなりました。たくましくなったジュジュです。)

************************************

              ■   ユキムシ 雪が降る前に  ■

今日は、ユキムシが大量に飛びました。朝から快晴。風もほとんど吹かず、穏やかな
1日でした。

(雪が舞っているようです。)

続きを読む "ユキムシ 雪が降る前に" »

ハシブトガラ 豪勢なご馳走

2011年08月25日

夕方、家のまわりはカラスでいっぱいになります。あちこちの牧草地でエサあさりをして
いたカラスの群れがねぐらに入る前に集まって休んでいるのです。道路ふちの電線の
下は糞だらけです。いまどきの糞の内容は様々です。一時のように木の実の種ばか
りということはなくなりました。種類が豊富なのです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

************************************

             ■  ハシブトガラ 豪勢なご馳走  ■

春先から繁殖活動に勢を出していた森の小鳥たちは子育てを終えてほっとしているとこ
ろです。

続きを読む "ハシブトガラ 豪勢なご馳走" »

根室原野のスズメ

2011年06月11日

林の空間がどんどん狭くなってきています。葉っぱが太陽の光を求め、広がってきたから
です。おかげで散歩道は緑のトンネルと化し、暗くなってきています。

おばんです。小太郎でごじゃります。

*************************************

                   ■  原野のスズメ  ■

牧草地のタンポポを見ているとき、牧柵の杭の上にスズメが出てきました。周りに家屋が
なく、どうも森の中で生活をしているスズメです。


続きを読む "根室原野のスズメ" »

ベレー帽の鳥 ハシブトガラ

2011年06月05日

まだカッコウの声が聞こえません。遅いような気がします。今年の夏は寒いのでしょうか。

おばんです。小太郎でごじゃります。

**************************************

                ■  ベレー帽の鳥 ハシブトガラ  ■

わが家のえさ台に一番多くやってくる鳥はハシブトガラ君です。一年中やってきますから
留鳥です。

続きを読む "ベレー帽の鳥 ハシブトガラ" »

もう雛を連れたマガモが

2011年06月03日

6月に入った。今朝の日の出は3時45分。早く眠らないと朝のドラマッチクタイムに間に合わ
ない。この時季は新芽がどんどん成長して、林の中は淡い緑色の空気に蔽われてしまいま
す。遠くまで見通せていた森は葉っぱのおかげで、奥の方まで見透かすことができなくなりま
す。鳥や動物は朝早いうちに活発に動き、太陽が明るく輝く7時頃には静かになってしまいま
す。だから早起き。

おばんです。小太郎でごじゃります。

**************************************

                 ■  もう雛を連れたマガモが・・・  ■

いつものタワラマップ川畔の散歩道。

続きを読む "もう雛を連れたマガモが" »

珍鳥 ヒヨドリ

2011年06月02日

寒い寒い。今朝の気温は4度でした。でも快晴になったので日中はどんどん気温が上がりま
した。遅れ気味だったタンポポの花がようやく太陽色に輝きだしました。夏至の日まであと
二十日。早起きして燦々の陽の光を愉しみます。

おばんです。小太郎でごじゃります。

**************************************

                   ■  珍鳥  ヒヨドリ  ■

桜にヒヨドリがとり付いて蜜を美味しそうに吸っています。花と蜜といえばメジロが似合います
が、ヒヨドリはどうも絵になりません。

続きを読む "珍鳥 ヒヨドリ" »

新緑の妖精 センダイムシクイ

2011年05月29日

週末になると天候が悪い周期を繰り返す根室地方です。それでも季節は目まぐるしく変化を
しています。いかがお過ごしですか。

おばんです。小太郎でごじゃります。

**************************************

             ■  新緑の妖精  センダイムシクイ  ■

庭に木をたくさん残してよかったと思うことは、たくさんの野鳥が来てくれること。
春になって新芽が吹き始めるとその新芽にいろいろな虫の幼虫がつきます。その虫が小鳥の
ご馳走になります。それはそれはにぎわいます。

続きを読む "新緑の妖精 センダイムシクイ" »

アメンボウの争い

2011年05月27日

さくらが咲き始めてほぼ一週間になります。のんびりしていました。坂下美樹さんの「桜の足跡
~塩漬け」を教科書に桜漬けを急がないといけません。お茶に、野菜サラダに、酒の肴のあて
にいいよね。

おばんです。小太郎でごじゃります。
 

***************************************

                   ■  アメンボウの争い  ■

五月もあとわずか。寒い寒いと嘆いていたのに、暖かくなるやすぐにそのことを忘れます。

続きを読む "アメンボウの争い" »

アカハラ ツグミの仲間

2011年05月26日

植物がここ一週間で著しい伸び方をしています。クレソンやワサビの葉っぱや茎がこんもりして
ボリュウムがでてきました。コゴミは一日で10センチ以上伸びました。あわてて芽を摘んで朝
の食卓に。

おばんです。小太郎でごじゃります。

***************************************

                 ■  アカハラ  ツグミの仲間です  ■

五月に入ると、タワラマップ川の林で「キョロンキョロン ツィー」という舌を丸めて、震わせる
ようなよく響く声がします。木の上の方で何かを訴えるように鳴いています。

続きを読む "アカハラ ツグミの仲間" »

ヤマシギ 山鴫

2011年05月24日

夜中の散歩が愉しくなりました。まず若草の香りがぷんぷんします。上昇気流がないので
匂いが地面を漂うからです。ニリンソウやフキの匂いが心地良いです。梢の上ではノゴマが
よく通る声で鳴いています。上空はオオジシギがガガガガ、ジーコジーコとディスプレイフライト
を繰り返しています。ほんの短き時期ですが、この時期の夜散歩は一年のうちで一番好き
です。

おばんです。小太郎でごじゃります。

(久々のラムちゃんです。日向ぼっこができる季節ですね)
**************************************

                  ■  ヤマシギ  山鴫  ■

毎年五月に入ると、わが家の上空を「チィッ」、「チィッ」と高音で、キレがよく、遠くまで届く
単発の声を出し、飛び回る鳥がいます。キジバトよりも大きくて、ずんぐりしています。

続きを読む "ヤマシギ 山鴫" »

エキノコックス 根絶を目指して

2011年05月19日

とうとう待ちに待った桜が咲きました。ぽちぽちではなくパッーと一斉に花が開きました。
10日は遅い開花でした。エゾヤマザクラとチシマザクラ。嬉しい。

おばんです。小太郎でごじゃります。

**************************************

ブログ仲間の「じゃがいも」さんが住んでおられる東川町で、町民の安心安全な生活を守ると
ともに、農産物の安全を考える事業が始まります。

道立衛生研究所の協力を得て、エキノコックス対策事業が平成23年度から実施されます。

                   心から応援いたします。

かって中標津町、標津町、別海町の役場の関係者にエキノコックス対策をしないかと持ちか
けて、実現しなかった事業です。

              ■  エキノコックス 北海道から無くそう  ■
    

続きを読む "エキノコックス 根絶を目指して" »

エゾアカガエル 産卵

2011年04月22日

訂正。昨日オオハクチョウの北上が終わったかも、と書きました。ところが今朝6時45分ごろ
次から次に4,50羽の編隊がわが家の上を通過して行きました。どうも太平洋側の厚岸方面
から北上してきたようです。
おばんです。小太郎でごじゃります。

(わが家の上空を知床半島に向かって編隊飛行をするオオハクチョウ)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

              ■  エゾアカガエル 産卵  ■

エゾアカガエルが産卵しています。二週間前からぽつりぽつりと卵かいが見られていました。

続きを読む "エゾアカガエル 産卵" »

春の川、アメマスが

2011年04月03日

ミソサザイが小さな体でさかんに囀っています。よく響き、抑揚があって回転のいい自慢の喉を
毎日聞かせてくれます。5グラムほどしかない体のどこに、エネルギッシュな声を出すパワーア
が潜んでいるのかいつもその声に励まされます。
おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

川岸に、湿原の中に、湾内に、海にとてつもないエネルギーを感じます。春の季節とは太陽の
パワーが蓄積され爆発しそうです。

                 ■  春の川、アメマスが  ■

アメマスが釣れています。
川を覆ってた氷が落ちると、川面にアメマスがジャンプします。

続きを読む "春の川、アメマスが" »

タンチョウ お帰んなさい

2011年03月29日

えさ台にやってくる鳥はずい分減った気がします。今は恋の季節です。ただ窓の外は慌ただし
い。いつも来ているハシブトガラやヒガラが2羽で追いかけあいをしています。木の枝をすり抜
けるようにアクロバティクな飛び方をしています。よくもまあ、枝にぶつからないものだと感心さ
せられます。この2羽はオスとメスのようです。
おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今年の冬は雪が少なくて地面が見えてきました。凍れがきつかったから地面の下がそうとう
深く凍っています。雪解けが早かった分、地面の凍れも早まるでしょう。

              ■  タンチョウが今年も帰ってきた  ■

今春も、なじみのタンチョウ夫婦が牧場に戻ってきました。黄色いリングをつけたタンチョウ夫婦
です。毎年、同じ牧場の庭先に姿を見せ、しばらく滞在していきます。

続きを読む "タンチョウ お帰んなさい" »

春を待つ少女

2011年03月11日

すごい地震です。中標津さえ地鳴りがしていました。小さなゆれから始まりゆっくりゆっくり
揺れが大きくなっていきました。外に出てみると凍っている地面がジッコジッコと割れる音が
しきりにしていました。震源地よりかなり遠いのに、つい根室沖地震のことが頭を過ぎりまし
た。被災された東北の皆様、心よりお見舞い申し上げます。

おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                   ■  春を待つ少女  ■

ネコヤナギの花が咲き始めました。白いぽっくりした花穂は朝陽に輝いています。

続きを読む "春を待つ少女" »

大きな馬に林の中で出会う。

2011年01月27日

いまいち寒さが厳しくありません。下のタワラマップ川が凍らないのです。例年なら流れの速い
小川なのですが、がつり川面が凍り、湯気が出てくる朝が何度かきています。しかし、今年は
まだ一度もありません。つまらんのです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                   ■  おおきな馬 バンバ  ■

ミズナラの林を歩いていたら大きな馬に出会いました。栗毛の美しい馬が二頭、じっとこちらを
見つめています。 
    
        

続きを読む "大きな馬に林の中で出会う。" »

エゾリス 耳の毛が伸びました。

2010年12月13日

典型的な冬の気圧配置。南知床は快晴でした。ただ西よりの強風が一日中吹き荒れて
いました。おかげで日頃すっきりと姿を見せない、国後島の最高峰爺々岳(チャチャダケ)が
遠めにすっきりと見えていました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


               ■  エゾリスの耳の毛が長くなりました  ■

エゾリスの耳の毛がすっかり長くなりました。耳丈の2倍以上の長さです。すっごく暖かそう
です。強い風が当たると右に左になびきます。

続きを読む "エゾリス 耳の毛が伸びました。" »

ネズミのクマさん登場

2010年11月12日

さすがに猫たちも外に出してくれとせがまなくなりました。出ても間違ったとでもいうようにドアの
前に座ってニャンニャンと鳴きます。「寒いって言ったしょ」と開けてやると肩をすぼめるように
入って来ます。雪が降るまでこんなやり取りが楽しめます。

おばんです。小太郎でごじゃります。


(猫らしく成長してきました。ジュジュです)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                ■  クマネズミがやってきた  ■

生ゴミポットの周りの土が掘り返してあるのは知っていました。下から中に入ってきて生ゴミを
食べていることも、冬の間そこに住み着いていることも、ポットの中に土を吐き出してくることも
知っていました。

たぶんネズミさんだろうと推測していました。

続きを読む "ネズミのクマさん登場" »

エゾリス 毛色いろいろ

2010年11月03日

お調子もんの小太郎は庭に出て遊んでいるうちに、やってこられるお客さんにすりすりします。
そこまでは良いのですが、とうとう窓の開いた車の中に入り込むことを覚えました。ちゃっかり
助手席に座ってくつろいでいます。そのうちお客さんがドアを開けます。そこに6キロのネコが
いるわけですから、たいていはびっくりです。最近、あまりにも頻繁になったので、とうとう朝
から入院舎に入れられるはめになりました。
おばんです。小太郎ででごじゃります。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                 ■  エゾリス いろいろ  ■

わが家の餌台に来るエゾリスが増えました。見ていると毛の色が同じではありません。
黒っぽいもの、赤っぽいもの、白っぽいもの、黄色っぽいものといろいろです。しかも、最近は
毛の長さがどんどん長くなってきています。耳の毛は特に目立ちます。丸かった耳が尖って
きてすごく精悍さが出てきました。

続きを読む "エゾリス 毛色いろいろ" »

霜・霜・霜の朝

2010年10月29日

あさに冷え込みました。札幌や旭川方面は雪が降りましたね。道東は晴れです。
雪の変わりに霜がびっちり降りました。通学して行く小学生は寒そうです。

おばんです。小太郎でごじゃります。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

               ■   霜・霜・霜・霜・霜   ■

朝陽を浴びた霜はきらきらと七色の発光をします。光があたるすぐ消える運命なのに、一瞬
美しく輝いてくれます。


続きを読む "霜・霜・霜の朝" »

ユキムシ(雪虫)舞う

2010年10月23日

昨日(21日)わが家の林で雪虫が舞いました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                 ■  雪虫が舞う季節  ■

快晴無風の夕方。ハイマツの木の周りに、雪の結晶がゆっくり、ふわふわ空気に漂うように
、西の陽光に白く輝いて、雪虫が飛んでいました。

続きを読む "ユキムシ(雪虫)舞う" »

マムシグサ(蝮草)の赤い実

2010年10月21日

羅臼の定置網に迷い込んだマンボウが魚屋で売っていました。一度食べたかったので
さばいてみました。刺身、煮付け、焼き、味噌漬けにしてみました。うむ・・・・・・・。
水っぽくて旨味がありませんでした。刺身は氷が解けるような感触でした。肝臓と腸の煮付け
はなんとか食べれました。たぶん獲れたてが旨いのでは・・・・・。

おばんです。小太郎でごじゃります。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

              ■  マムシグサの真っ赤な実  ■

霜が降りた朝。タワラマップ川の散歩道で鮮やかな赤い実をつけたマムシグサを見つけ
ました。


(茎に紫褐色のまだらがあり、蝮の模様に似ていることから、名前がついた)


続きを読む "マムシグサ(蝮草)の赤い実" »

子連れタンチョウ

2010年10月18日

家のまわりからクモの姿が消えました。冬眠の準備に入ったようです。
ちゃっかり家の中に入ったクモは天井の片隅に糸を張ってじっとしています。
おばんです。小太郎でごじゃります。


(小太郎の食事どころです)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

        ■  タンチョウ夫婦、ヒナを連れて牧場にやってくる  ■

黄色い地にA60と刻印された足輪をつけているオスのタンチョウ。この夫婦がヒナを連れて
毎年やってくる牧場の庭先にやってきました。


8月に草刈りが終わった3キロほど離れた牧草地に2羽でやって来ていました。そのときヒナを
連れていなかったので、今年はヒナが育たなかったのだと思っていました。

このA60との付き合いは、野付半島に本格的に通いだしてからです。もう5年になります。
毎年ヒナを連れて、同じ牧場に現れます。毎日曜日に挨拶をして行くものですから、すっかり
お馴染みです。

続きを読む "子連れタンチョウ" »

ドングリの収穫

2010年10月10日

今日は丸一日雨でした。札幌から来てくれた古き友人で建築家の清水 尚さんと朝から
野付半島に出かけて来ました。強風、横から叩きつける雨で濡れ濡れでした。
期待していたオオハクチョウとコクガンの姿は今日は確認できませんでした。残念。
おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

               ■  ドングリの収穫  ■

低気圧が通過した。強風が吹き荒れ、せっかくたわわに実っていたミズナラの実、ドングリが
どっさり落ちてしまいました。

ほっとくと芽を出して食べれなくなります。もったいないのでエゾリスさんの冬用の食べ物にと
拾い集めました。

試しに落ちたてのドングリを餌台に置いてみましたが、まったく感心を示しませんでした。
で、しっかり乾燥させ、渋味をなくしてから保存します。

甘味と旨味が出れば、冬の良い食べ物になるでしょう。


(拾い集めたドングリの実)


(今年のドングリは実入りがよさそう)


(埋めたものを探している)

マユミの実

2010年10月07日

子猫の名前をジュジュにしたらジジじゃなかったの、と残念がられました。子猫だのに爺は
ないしょと突っ込まれたわけではないのですが、口を尖らせてジュといったほうが言いやすい
と思ったわけです。今気に入っているシンガーソングライターのJuJuが気になったことも
あります。
おばんです。小太郎でごじゃる。



(ジュジュです。私はこんな顔をしてます。これからよろしくです。)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                   ■ マユミの実が豊作だ ■

わが家の庭はマユミの実が満開です。桃色に色づいていた実がパッカと四つに割れて開き、
中の赤い種子が鮮やかです。今年は豊作で、庭にある九本の木のすべてに実がいっぱい
ついています。


(花が開いたように実が四つに割れて赤い種子がでています。)


(われる前はこんなんです。)

続きを読む "マユミの実" »

おんこの実が赤く実りました。

2010年09月29日

霜がおりました。木の葉っぱがばらばら落ちています。我が家の林もだんだん明るさを
増して来ました。日差しを通して見る葉が美しいですが、もの悲しさが・・・・・・。
おばんです。小太郎でごじゃります。


(耳の先に蚊が綺麗に写っています。焦っているかのように集まってきます)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                ■ おんこの実 ■

          庭のおんこの木に赤い実が生っています。
           秋になるとこの実を付け始めます。
           赤い実は甘く、とても爽やかです。

1990年の秋に樺太に行ったとき、公園でかわいい少女たちがこの実をつまんでぱくぱく
食べていました。あまりにも美味そうにだったので、食べて見るとさらっとした甘さに感激
した記憶があります。それ以後私にとっておんこは秋の風物です。

おんこは北海道と東北で呼ばれる名前です。普通はイチイと言います。
「アララギ派」のアララギはイチイの別名だそうです。

果実酒にもしますが、私は旬の生で食べる方が好きです。


(種にはアルカロイドという毒があります)

エゾリスの昼寝

2010年09月25日

わが家に新しい家族が増えそうです。東京に住んでいる娘の雪裡が路上で見つけた
子猫を連れ帰ってきたのです。本人はまた連れて帰りたいようですが、動物駄目の
アパートでは飼えないでしょう。客観的に考えて「じじ」と名づけられた生後1ヶ月ほど
の子猫は残りそうです。おばんです。小太郎でごじゃります。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                ■ エゾリスの昼寝 ■

エゾリスのボインの小夏が2ヶ月ぶりに姿を見せました。中庭のハンノキの枝の上で
うたた寝をしていました。子育ての合間の一休みという感じです。

子雨が降っていたので、毛が伸びてふさふさになった尾を傘がわりにして背を丸めて
眠っていました。外からはハンノキの葉で覆われ、見ずらく、体は枝に同化して動か
なければ、ほとんど分かりません。

風の強いときや雨が激しく降るときは、こうやって凌いでいるのですね。

天候が荒れるときは、体温を維持し、できるだけ体力エネルギーを使わないことが、
自然で生きる上での知恵なのです。


(ハンノキの中で昼寝をする小夏をみっけ)


(背を丸めてぐっすりお休みです)


(お目覚めです。背伸びしていざお出かけ)

朝の散歩 3.花と木の実

2010年09月18日

今朝一番に運び込まれたのは、ダックスフンドのちびチャンでした。家の前で車に当たって
頭骨骨折の即死でした。幼稚園の運動会に出かける準備中に、開けてはならぬ戸を開け
たのはその園児さんでした。愉しいはずの運動会が悲しい思い出になりました。
おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                ■   写真 5・7・5   ■

              病葉や 朽ちゆく一夜 大ロマン (オ)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
散歩の愉しみはなんといっても草花です。野の花や草の形はシンプルでいい。
野の花の活け花を趣味にしている小生にとり、朝の散歩で新しく咲き始める花を見つける
一瞬のときめき、大好きです。

続きを読む "朝の散歩 3.花と木の実" »

朝の散歩 2.小鳥の混群

2010年09月17日

サクラマスがバシャバシャと浅瀬の砂場で産卵しています。周りには真っ赤な色をした
オスが2匹、その周りに14,5cmのヤマメのオスがうじゃうじゃいました。サケはまだ
姿を見せません。おばんです。小太郎でごじゃります。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

私が散歩コースにしているタワラマップ川の林には、シジュウカラやハシブトガラ、ヒガラ、
ゴジュウガラなどのカラカラ混群が3グループいます。

繁殖を終えヒナを引き連れたそれぞれの種は、混群になって移動してきます。

じっとして、彼らが来るのを待っていると、その中にはセンダイムシクイや、サメビタキ、
アオジ、ウグイスなどこれから南の方へ渡っていく鳥も混じり、さらにアカゲラ、コゲラ、
キバシリも行動を伴にしています。


(ハシブトガラ)

続きを読む "朝の散歩 2.小鳥の混群" »

朝の散歩 1-透かし葉っぱ

2010年09月15日

風のない天気のいい日は、陽だまりで眠るのが一番。
小太郎に代わってラムでごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


朝の散歩は愉しい。このところ良い天気が続いているおかげで、朝陽に映える植物の葉っぱが
とても美しい。


続きを読む "朝の散歩 1-透かし葉っぱ" »

エゾリスの「耳かけ君」登場

2010年09月13日

発情している猫が増えているのかな。ケンカして咬まれてくる猫が多くなりました。
外にいる猫と家の中にいる猫ではなわばり意識がまったく違います。ご用心を。
おばんです。小太郎でごじゃります。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すっかり森の木陰になじむ毛色に変身したエゾリス君がえさ台に姿を見せました。常連の
ボインの小夏は、子供を育てるのに忙しいのか最近はご無沙汰です。

その代わり新顔が姿を見せました。特徴から「耳かけ君」と名づけました。

   。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

続きを読む "エゾリスの「耳かけ君」登場" »

コガネグモの巣

2010年09月08日

今日は24節の「白露」です。大陸からの高気圧が遅まきながら降りてきて快適な一日でした。
道北のサロベツ原野には、北極圏からオオヒシクイというガンの仲間の渡り鳥が9月3日に
到着したそうです。いよいよ冬鳥が姿を見せだしました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝の光に浮き立つクモの巣をよく見かけるようになりました。クモはこの時期活発に巣作りを
するんですね。調べてみると秋に巣を作るクモというのがありました。夏にも春にも巣を作る
クモはいるんです。実は「巣」とはいわないんです。「網」というのです。

秋に円形の美しい円網を作るクモ。北海道にはコガネグモというのがいました。

クモは常に網の中心にいる。頭を下に向けて止る。前足2対と後足2対をそれぞれ揃えて
真っすぐに伸ばす。その配置はX字状になる。
コガネグモの生態とどんぴしゃりでした。

それにしてもこの円網の幾何学模様のすごいこと。積み重ねと繰り返しの作り出す「美」。
どうやってこの造形を紡ぎだしていくのか、その過程を思い巡らすだけでもあきません。

このクモの子たちは秋に孵化して、風が吹くと尻から糸を吐き出して、凧のように風に乗って
飛び出していくんです。子クモの分散飛行といって京都にいたときに見ましたが、とても感動
するものです。


キツリフネ 花の名前です。

2010年09月07日

家出をしていた猫が1ヶ月ぶりに見つかった。八百メートル離れた隣の家の牛舎のダンボール
のなかでやせ衰えていたところをその家に貰われていた兄弟猫が見つけた。首輪を抜こうと
して前足を入れたが、腋と肩に引っかかり、首輪が腋に食い込んで大怪我をして動けなくなって
いたのです。素材のしっかりした首輪は、こんな事故を起こす危険があります。

ちなみに首輪を一度もしたことがない小太郎でごじゃります。



     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      


8月に入って毎日散歩するタワラマップ川の小道に、ぽつぽつとキツリフネが黄色い花を
付け始めていました。いつか紹介しようと思っているうちにどんどん日が経って9月になって
しまいました。実をつけ、葉が白い粉を噴くようになったので、あわてて写真を撮りました。

続きを読む "キツリフネ 花の名前です。" »

秋の交通事故増加・・小鳥の世界

2010年09月06日

今日は昼頃から竜巻警報が出されました。根室から来られたクライアントが根室を出るとき
すごい突風が吹いて、小指大のヒョウが降ってびしょ濡れになったと興奮されていました。
こちらは運良く積乱雲の通り道ではなかったようです。元気な小太郎でごじゃります。



    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

立て続けに小鳥が病院に持ち込まれました。ノゴマの幼鳥とカワセミの幼鳥が道路の端で
保護されてきたのです。

(脚麻痺で立てなくなったノゴマの幼鳥。)

毎年八月中旬から9月中旬に、多くの小鳥が交通事故に会います。そのほとんどが幼鳥だと
思われます。

雛の多くは7月下旬から八月下旬にかけて巣立ちをして、しばらくはなわばり内で体作りと
体力を養い、飛行能力の向上に励みます。そうこうしているうちに「なわばり」がぼやけて
きて、幼鳥だけの小さな群れになり移動がはじまるのです。

このころが、彼らにとり非常に危険な時期になるのです。移動にするたびに道路を横切ら
なければなりません。そもそも道路は森や草地を切り開いて作っているわけで、そこを横切る
ということは、小鳥にとり大河を渡るのと同じくらい危険なことなのです。まず、無防備に姿を
曝さなければなりません。見通しの良い空間は、カラスやタカの仲間、フクロウが待機して
狙ってきます。さらに、スピードを出してやってくる車がいます。

低空で草むらから草むらに飛ぶ小鳥にとって地面を這うように走ってくる車ほど怖いものは
ないでしょう。出会い頭にポーンと当たってしまえば、即死です。運良くかすっただけでも
その衝撃で脳震盪を起こし、翼を痛め、足を痛めることがあるのです。

道路に転がった小鳥は、たいていカラスやトビのお腹におさまります。なんとか道端に転げ
込み、じっと気配を消して人に見つけられ、保護された小鳥だけが動物病院に持ち込まれ
るのです。

(ショック状態で持ち込まれたカワセミの幼鳥。)

続きを読む "秋の交通事故増加・・小鳥の世界" »

クマに鹿にヒマワリに・・・牧草地帯よもやま話題

2010年08月29日

牛にやる飼料が高くなってから酪農家の方々も対策を練っています。牧草だけではなく
高栄養のデントコーンを作付けしている農家も増えました。今年は例年になく道東も気温
が高いせいで作物の生育がとてもいいのです。それを求めて・・・・・・・。
おばんです。小太郎でごじゃります。



(イタリアングラスと三つ葉のクローバーを食べる小太郎です。)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


飲み屋での雑談。

・最近クマが出たという情報が多いね。
・中標津の街中でうろうろしていたクマは射殺されたらしいよ。
・農家の人がトラクターでデントコーンを刈っていたらクマにぶち当たったんだって。クマは
すぐに逃げたらしいけど、どうもトウモロコシを食べてたらしいね。今年は生育がいくて、
クマが畑の中にいてもわからんもんね。
・本別海に出ているクマは西別川沿いに移動してるらしい。発信機を付けているから位置が
はっきり分かるんだわ。川にサケを見に行くときは気をつけろよ。

クマが出ていても、皆さんおおらかであります。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

二番草の伸びも良くて、牧草地には食べ盛りのエゾジカの親子が草を食べに夕方になると
よく出ています。警戒感が強く、近づこうとするとすぐに林の中に逃げこみます。



(ちょうど食べごろの二番草を食べにきていた親子のエゾジカ)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きを読む "クマに鹿にヒマワリに・・・牧草地帯よもやま話題" »

タンチョウの子育て状況

2010年08月23日

猫も熱中症になるんですよ。今年は猫も犬も熱中症で担ぎ込まれた症例が多かった
ですね。のんびりと眠るのが一番、小太郎でごじゃります。


(玄関でのんびりと日光浴してます)


今季は野付半島のタンチョウの繁殖状況が良くなかったみたいです。五つがいいた
タンチョウが雛を連れていないのです。いつもなら干潟に雛を連れて出てきている姿を
観察するのですが、それもほとんど見かけません。

原因は何でしょうか。雛が生活していくのに不都合な事態が生じていたのでしょうか。

六月から七月にかけての大雨がまず考えられます。半島の湿地には例年よりずっと
水が多い。干潟の出来具合が例年より広くない感じがする。

キタキツネが増えてきたような気がする。エゾジカの数が例年より増えている。

気候が例年より暖かく、湿原の草の丈が高い。

なんて挙げてみましたが、科学的根拠は全くありません。いいかげんです。

熱心な鳥仲間の話によりますと、逆に内陸部の酪農地帯に住み着いているタンチョウは
例年より繁殖率がいいそうです。営巣した夫婦のほとんどが雛を連れていて、二羽の
雛を連れている夫婦もいるそうです。

続きを読む "タンチョウの子育て状況" »

エゾリスの若造3匹

2010年08月08日

24節の立秋が過ぎました。昨日の2時ごろまでは汗が滴り落ちていたのに夕方の
バケツをひっくり返したような通り雨でようやく暑さも一息です。

おばんです。小太郎でごじゃります。


(暑い日ざしが眩しい)


そろそろ林に木の実が目立ち始めました。でも、まだ熟すまでにはいっていません。
この時期エゾリスたちは何を食べているんでしょうか。ボインの小夏はこのところ姿を
見せません。子リスたちが大きくなって、目を離せないくらい世話で忙しいのでしょうか。


続きを読む "エゾリスの若造3匹" »

ヒヨドリの子育て、あと一息。

2010年08月05日

鳥の鳴き声がめっきり減りましたね。ピッコロ、ピッコロとよく透る声を響かせていた
キビタキのオスの気配がなくなりました。もうなわばりがいらなくなったのですね。


全国的に今日は暑かったですね。小太郎でごじゃります。

朝の散歩の愉しみが音的に寂しくなりました。静かです。鳥の姿をなかなか見つけられ
ません。ただ気配は感じます。

今朝はヒヨドリの親に会いました。くちばしに虫をいっぱいはさんでいました。木の枝に
止って雛にしきりに声をかけています。巣立ちしてそんなに時間が経っていない雛に
少しでも飛ばせようと必死なんです。繰り返し繰り返し声を出し、呼びかけています。

ふっわとしていた羽毛は先が擦り切れて灰色から黒っぽい色に変わり、なんと
みすぼらしくなったことか。必死なんです。食欲旺盛な雛に餌を見つけ、運ぶだけで
羽毛の手入れなんかしている時間はないのです。

これはこれでなんと美しいことか。しばらく愉しませてもらいました。


続きを読む "ヒヨドリの子育て、あと一息。" »

ヒガラの子育て。もう繁殖期も終盤。

2010年07月20日

お久しぶり。小太郎でごじゃります。
太平洋からの暖気が入ってきて、本州っぽい梅雨もどきの天候です。
すっかり道東の気候になじんだ体には堪えます。

さて、巣立ちの時期はいつの間にか後期に入りました。
林の中を散歩すると、か細くて高音の透明感のある声が木の中を移動してきます。
声はすれど、さっぱりその位置がつかめません。目を凝らしても、姿をなかなか見つける
ことができないのです。

前から思っているのですが、子育て期の親子の声は非常に発声位置を特定しにくい
音になっているらしい。高音の威力というのでしょう。


(薄暗い松の木の中での親子のヒガラ)

続きを読む "ヒガラの子育て。もう繁殖期も終盤。" »

こすずめ「ジャン」がやってきた。どんどん花が・・・

2010年07月02日

おばんでニャン。小太郎でごじゃります。

わが家に新しい仲間がきました。スズメの「ジャン」です。
街の中の民家で子育て中に、カラスに巣を引っ張り出され、五羽の兄弟のうち一羽だけが
保護されて運ばれてきました。
三日前人見知りをして警戒感が強かったけど、今はしっかり10分ごとに餌を要求するまで
なりました。
この子の生きる意欲に期待して朝から夜まで餌やりをします。

ところで、林の中は次々に花が咲き出しています。油断できません。
とりあえず、今日咲いていた花を紹介します。

続きを読む "こすずめ「ジャン」がやってきた。どんどん花が・・・" »

尾っぽを着るエゾリス小夏

2010年07月01日

おばんでニャン。小太郎でごじゃります。
今日は朝から雨模様。外に出かけられないので、日がなごろ寝をきめこみました。
枕をしてゆったり眠るのはニャンとも気持ちいいもんだニャン。


昼過ぎには大粒の雨が窓辺の葉っぱを大きくゆらしました。
こんな雨の中、エゾリスの小夏ちゃんがやってきました。びしょ濡れです。


でもよく見るとびしょ濡れのところは尾っぽです。
背中から頭まで尾っぽを着て、傘がわりにしているではありませんか。
冬毛がほとんどなくなった薄毛の尾っぽでうまく体を覆っています。
これならじゃんじゃん降りになっても、雨に耐えられますね。

ちなみに「傘を着る」という方言があるそうです。こういう動物の仕草から考えられた
「ことば」かもしれませんね。

雨が似合いそうな花が咲き出しました。

(ヒオウギアヤメがぽちぽち咲き出しました)


(サギスゲがひそかに咲いています)


オシドリの親子

2010年06月29日

小太郎でごじゃります。
今夜は日本対パラグアイ戦がありますね。勝っても負けても、試合は生に限りますね。
迫力が違います。どんな選手がどんな動きをするか、今からわくわく・・・・・・。


6月もあと2日。タワラマップ川の林の中は、うっそうとしてきました。
散歩道からの見通しはきわめて悪く、樹冠の上のほうで動く小鳥を見つけるのは大変。
ましてや草むらの中は、全くのお手上げです。


1週間ほど前に、小型のカモが6羽の雛を連れてサケマス孵化場に向かう道路を横切って
いるところを見つけました。川のそばでじっとしてるとその家族は私が立っているすぐ前の
土手から川の中に入ってきたのです。

川は伸びた草がおおって、見通しがすごく悪い。親鳥は警戒してクックッと鳴いて雛を
呼び寄せています。

続きを読む "オシドリの親子" »

ボインの小夏ちゃん

2010年06月25日

小太郎でごじゃります。
今日はよい天気でした。嬉しいな。おかげで散歩に出て美味しい草が食べれます。
今朝サッカーをいっしょに見たので眠いのでごじゃります。


緑が濃くなって餌台の常連だった小鳥たちがきわめて少なくなりました。毎日来て
くれているのはエゾリスの小夏ちゃん。今、子育ての真っ最中。


子リスはどこにいるか分かりません。でも、おっぱいがパンパンにふくれて、みごとな
ボインです。乳をいっぱい出すためにたくさん食べないといけないでしょうね。

ヒマワリの種は栄養価が高く、効率よく乳に変わるので一生懸命に食べるのでしょう。

林の中に美味しいものが多くなってくるとだんだん来ることもなくなるでしょうが、できる
ことなら子リスを連れてきて見せて欲しいな。


(まだ冬毛が残っていますが、胸からお腹の6個のおっぱいはピンク色のボインです)


(こっちの方がおっぱいが分かりやすいかな)

オオウバユリ

2010年06月16日

オオウバユリがお気に入りです。
春、他の草木に先立ってタワラマップ川沿いの軟らかな地面から、力強く葉芽を出します。
つやつやとした若芽は、全体がエネルギーのかたまりで、握りこぶしを突き上げるような
元気をくれます。。


実は、北海道に来るまで全く知りませんでした。それもそのはず、本州中部以北から
北海道の山地に自生する植物なんですね。
名の由来は、乳母(うば)が乳児に乳を与えて養育し、その子が成人(開花)するときには、
年をとって歯が抜けてしまっている(葉がない)ことから「姥百合」の名がついたとか。
また、植物図鑑で有名な牧野富太郎先生は、開花したときの芳香が老婆の体臭に似て
いることからウバユリの名がついたと説明されていますね。

(去年咲いた花のあと。何万という小さな種が風に飛ばされ飛んでいきます)

続きを読む "オオウバユリ" »

大変です。口蹄疫。

2010年06月14日

猫の小太郎でございます。


最近は世の中物騒ででございますね。猫の世界では、猫エイズや猫白血病が根室地
域でも蔓延していて、酪農家の牛舎で居候する猫の90%以上はケンカや交尾でこの
ウイルスに感染しています。ですから、長生きしてネズミを捕って農家のためになりたく
ても2、3年で死んでしまう運命なのです。


でも私達は人様の経済活動には迷惑をかけることはございません。しかしね、宮崎県
の口蹄疫はひどうございますね。私どもの情報によりますと、畳床に使われていた稲葉
が原因だとか。外国で作られた畳床を農家が牛の餌に与えていて、偶然その中に
ウイルスが混入していたということらしい。感染地域からの輸入物にはくれぐれも注意
を払わないといけないということですかね。

続きを読む "大変です。口蹄疫。" »

小鳥に足輪をつける

2010年06月08日

日曜日から3日続けて晴天が続いている。

この好天のおかげで草木の葉が勢いをつけた。
タンポポは花の茎をどんどん伸ばし花を思い切り太陽に近づけようとしている。
草の丈も著しい伸びぶり。この調子だと週末は草刈をしないといけない。

木の葉芽も大きく広がる。透けて明るかった林に木陰が目立ちだす。


(林の中のスモモの木が満開です)

アオジやコルリが嘴いっぱいに巣材をくわえている。小鳥たちが最も活発に
動き回る時期だ。

(いちばん芽の出るのが遅いミズナラの木にきたヒガラ)

下のタワラマップの林で地道な作業をしている人たちがいる。

続きを読む "小鳥に足輪をつける" »

タンポポとキタキツネとエキノコックス

2010年06月04日

こんにちは。小太郎の先輩のラムです。

桜が散ってしまいました。

先週の好天でタンポポがいっせいに咲きました。
わたしは道東のタンポポが大好きです。寒いので、暖かい地面にへばりつくように
花を咲かせるからです。花の茎が短いので、風が強く吹いてもしっかり踏ん張り、
タンポポのじゅうたんができてしまいます。


でもこの美しさは長く続きません。気温が上昇すると花茎が伸びて、じゅうたんの
紋様がぼやけてしまうのです。ですからこの美しさを少しでも維持するには、適度
な寒さと適度な太陽の光が好いわけで、一日中の快晴はいりません。


そんな気持ちのいい朝、道路でキタキツネがぺしゃんこになって死んでいました。


カラスが群がって1時間もしないうちに、遺体は消えてしまいました。スピードを出し
キツネの姿に気づかずに轢いていった運転手に「君はいつかこのしっぺ返しを
受けるぞ」と思わざるをえませんでした。


根室管内はエキノコックスの汚染地帯。たぶんこのキツネもエキノコックスの成虫が
腸内に寄生し、多量の卵をばら撒いている可能性は高いはず。その腸や内容物を
食べるカラスたちは大丈夫か、卵を消化せずあちこちに運んで行っているのではと
心配になります。でも、それはないそうです。

この地域では作った野菜や山菜を生で食べることはしません。茹でて食べます。
すごく用心深いです。

六月一日、札幌で北海道獣医師会の野生動物部会がありました。そのとき、
エキノコックスの話題になりました。道内で一年間にエキノコックスで亡くなる方が
毎年20名弱おられるとのこと。死亡された方の日常生活を調べたところ汚染地域
で生活している人や山菜を採りにいく人はさほど多くなく、意外なことに登山をやって
いた人が多かったそうです。

キツネは登山道をよく使います。そしてマーキング目的で糞をします。その糞を
登山者が踏み、靴の裏につけて帰宅する。家に帰ってきれい洗い流す人もいれば
そのまま乾燥させてしまう方もいます。玄関で着いてきた土が落ち、それが乾燥し
空気中に浮遊して偶然人の口に入ることもあるのでしょう。

可能性はあるよねとなりましたが、エキノコックスの研究はまだまだ発展途中
なので、なんともいえないのです。
でも、気をつけることに越したことはないですよね。


エゾリス 冬毛から夏毛へ衣替え

2010年05月27日

小太郎のお気に入りはエゾリスです。窓越しにじっと見ています。カラスに向かっては
口を半開きにしてカッカッと声を出すのに、エゾリスには全く出しません。

    


エゾリスがわが家に来るようになったのは3年前からです。下のカワラマップ川の林では
甲斐犬の「静」ちゃんがいち早く見つけてくれるので、よく見ていました。

   


23年前に病院を建てたときにオニグルミの木を5本植え、シラカバとナナカマドの木を
たくさん植樹して、いつでも来てくれるように準備はしていたのです。それぞれの木が
成長して病院の建物をすっぽり覆い隠せるまでになり、環境が整ったのでしょう。

はじめに姿を見せたときは、心が凍りました。しばらく瞬きもせず、息を止めていたと
思います。すぐに女房を呼びに行き二人してはしゃぎ回ったような気がします。

   


続きを読む "エゾリス 冬毛から夏毛へ衣替え" »

猫の目草(ネコノメソウ)

2010年05月25日

中標津はこのところ霧が発生して寒いです。霧よりも濃いい「じり」も発生しました。
ここ何年か霧が少なかったので、かっての道東の霧にむせぶ夏が来そうな予感が
します。

         
            (コブシの花がひっそりと咲きました)


今年はいつもなら来ているオシドリの夫婦の姿が見られません。本州の方で帰れない
事情でもあったのか。寂しいな。

毎朝散歩をしているタワラマップ川の小道にネコノメソウが満開でとても目立ちます。
太陽のような明るさがある黄色でびっちり道に張り付いています。よく見ると黄色に
色ついているのは葉っぱらしく、その上に小さな花が咲いています。

    

    

僕にとって春つげ花として定着していて、この黄色で「さあ、今年も野の花で生け花を
愉しむぞ」と気合が入ります。

続きを読む "猫の目草(ネコノメソウ)" »

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック