« ★ さらば半島 ★ | メイン

★ 春渡り 12.ハギマシコ ★

2013年05月05日

4月の後半から5月の連休は小鳥さんたちの渡りが活発です。南の地方で越冬していた鳥た
ちが繁殖地へ渡っていきます。そんな折に野付半島にも立ち寄ってくれます。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                 ◆  春渡り 12.ハギマシコ  ★

千島列島やカムチャッカ半島、ロシアの東部、アラスカ、カナダの西部などで繁殖している
ハギマシコ。日本には冬季に渡って来ます。

野付半島でも毎年越冬します。毎年の気象条件で多かったり、少なかったり。厳しいときは
本州の方へ行ってしまうのでしょうね。

野付半島で冬を過ごしたハギマシコは4月の初めまでいますが、そのあとは見つかりません。

5月に入るとすぐ、再び群れを見かけます。この群れはどうも本州で冬を過ごしていた連中の
ようです。30から40羽ほどの数です。


嘴や羽毛の色がすでに繁殖期用の色に変身しています。冬、黄色っぽい色をしていた太めの
くちばしが黒くなっています。オスの後頭部の羽色が白くなり、遠目でもメスとはっきり区別が
つくようになりました。


(頭の後ろが白っぽいのがオスです。全体に褐色味が強く、地味なのがメス。)

お腹や翼の萩色が赤みを増してきて、地味なれど鮮やかさが出ています。ロージィーフィンチ
(Rosy Finch)と言われる由来の色です。

去年に落ちた植物の種を地面におりて集中して食べています。私が近寄っても冬場ほどの
警戒がありません。

夏羽を見る機会はなかなかないので、ちょっと感激。また秋に会いましょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20574

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック