« ★ 脚がない?カモメ ★ | メイン | ★ 春渡り 4.ムクドリ ★ »

★ 根室も花入り ★

2013年04月02日

とうとう花入り。雪が速く融けた、南斜面にフクジュソウが黄金色の花を咲かせました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                     ◆  根室も花入り  ◆

春のめざめはなんといっても福寿草でしょう。タワラマップ川の散歩道で最初に咲く場所は
ハルニレの古木が5本囲むように生えているすり鉢状の斜面。太陽の光と地面からの陽気が
籠る気持ち良き場所です。

去年の落ち葉が雪で押し付けられ、枯れ葉の布団になったところにフクジュソウは顔を出して
います。まぶしいばかりの黄色の花びらは枯葉をバックに浮き上ります。


天使や、天使やと叫びたくなります。気持ちが昂る鮮やかな黄色です。その場所から離れたく
ない狂おしい気分にさせます。

出たての蕾や花の美しさはほんのひと時。明日になると今日の美しさは薄れます。だから出会
いの朝のひと時を大切にしたい。


朝日が当たると開く花は、光で輝き、光を中に集め、熱を貯めます。そのめざめの黄色で虫を
引きつけ、貯め込んだ熱で虫を中に誘引します。


美味い蜜との交換で受粉を完成します。何ともすごい戦術です。エライ、エライ。あんたは最高
の目立ちがり屋だわ。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20390

コメント

きれいな黄色、いい写真ですね。

それにしても、「狂おしい気分」とは・・・
このブログの主の心の中を覗いてしまったようで、少しくすぐったい気分。

「花入り」は、新しい季語になりそうな言葉ですね。厳寒と雪の下で、人も花も待ちに待った春一番の花が咲いたよ、という北国ならではの気持ちを表すいい言葉だと思います。それにしても、春早くに咲く花は黄色が多いようですが、枯葉などの周囲の茶に対する補色の黄色が目立つように、これも自然の巧みなのかもしれませんね。

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック