« ★ タンチョウがようやく・・・ ★ | メイン | ★ 根室も花入り ★ »

★ 脚がない?カモメ ★

2013年04月01日

3月。本州の方では平均気温が高かったというのに根室地方は夜になるとマイナス10℃前後
まで下がる日が続きました。おかげで、4月1日、雪がたっぷり残っています。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***************************************


                     ◆  脚がない?カモメ  ◆

新年度が始まりました。けじめとして「ヨシ!気合を入れよか」。いま、カモメのジョナサンの気分
です。

さて、カモメが急にいなくなりました。みんな繁殖地に向かったようです。2週間前は吹雪を避
けて地面にたくさんのカモメたちがうずくまっていたのに。

まだ残っているカモメたちもきれいな衣装になっているものが多い気がします。春のカモメは
一年のうちでいちばん美しい。それは当然でしょう。いいお相手をゲットしないといけないから
です。

いつも見慣れているカモメですが、真上に飛んできたときに足がないのに気づきました。いつも
ならピンクの足が尾の方に向かって伸びているはずなのに。ない。


あれれ。もしかしたら飛行機みたいに胴体の中に仕舞ってる?

脚はしっかりお腹の羽毛の中に入っていました。空気の抵抗を少なくするためにも、後方で
空気が渦を巻かないように、頭から尾までのラインがとても無駄のない曲線をしています。

カモメはいつも美しいを思っていましたが、「見よ、体のライン」。削いで削いで、空気の抵抗を
消してしまう究極の姿なのです。

7月まで、バイバイです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20382

コメント

こんなことができるのですね。

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック