« ★ 久々にキタキツネ ★ | メイン | ★ 寒すずめ ★ »

★ 一瞬、雲かと ★

2013年01月14日

嵐もどきの風が吹き荒れた翌日。それまでついていたキツネやエゾリス、ノウサギの足跡は
全て消えてしまいます。もちろん私が歩いた雪の中の踏み分け道も消えかけます。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                   ■  一瞬、雲かと  ■

雪が降った翌日の散歩は、覚悟をして出発します。積もった雪をスノウシューで踏み分けて
行かないといけないからです。普段の散歩時間の倍はかかります。エネルギーは3倍以上、
下着のシャツは汗でびっしょりです。

でも、強風の翌日は楽です。雪が飛ばされ吹きだまるので、雪が締まって歩きやすくなるの
です。

その踏み分け道が朝陽に当たって、面白い文様を浮かびあがらせていました。道の左側に
生えている樹の影が直角に横切って、縞模様の文様を描いています。樹の太さが様々で
一見起伏に富んだ雪面に見えています。


友人に送ったら、「一瞬、雲かと思った」と返事が来ました。そうだ以前に自衛隊の飛行機
がこのような規則正しい雲海を写真に収めていました。

眼の錯覚。光と影の織りなす美。冬の朝は多様な美しさを演出します。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19909

コメント

何とも不思議で、きれい・・・だなぁ!

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック