« ★ 地吹雪走る ★ | メイン | ★ コンブを食べるエゾシカ ★ »

★ ウインドモンスター ★

2013年01月09日

風と波と厳寒が作る怪物。北極おろしががもたらしてくれる冬の贈り物です。
年によってできたり、できなかったり。大きくなったり、小さくなったり。北極圏から下りてくる
寒気の強さで出現する怪物です。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                    ■  ウインドモンスター  ■

野付半島の根室海峡に面する北側は海流の流れと風による波で浜がどんどん削られてきま
した。そのため護岸用のテトラポットが設置され、浜を守っています。

冬場の北風は強烈です。岩をも砕いてしまう力があります。実際、知床の山々から押し流さ
れ、海にでて、流されてきた人の頭ほどの石が、嵐とともに打ち上げられます。あるときは、
道路に砂の山ができます。

テトラに当たる波ははじけるように空中に舞い上がります。高いときは20m以上にもなります。
細かい水滴はぶっ飛んで行きますが、大きな飛沫はテトラにかかります。気温が低いと少しづ
つ凍り、テトラに張り付いていきます。張り付いた氷にさらに覆いかぶさり太ってきます。


やがて・・・、塊りになってエイリアンになります。ねっとりした体液が垂れているモンスターみた
いに成長します。近くで見るとキモイアートです。でも造形は素晴らしい。誰でも真似のできな
いモニュメントです。


引いてみると規則性のあるテトラと波のコラボアートです。寒さと風と波が織りなすナチュラル
アート。野付の厳しい自然の象徴です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19867

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック