« ★ 鳥の王 ミソサザイ ★ | メイン | ★ ウインドモンスター ★ »

★ 地吹雪走る ★

2013年01月07日

天気は気まぐれです。五日の土曜日は快晴無風の最上の冬日和。明日の日曜日もこの天気
が続きますようにと祈って早く寝ました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                     ■  地吹雪走る  ■

朝4時。外は雪です。寝るときは確か快晴でした。風もありませんでした。なんで?このところ
日曜日になると気まぐれな低気圧が足早に通過して行きます。

ついてないなー。稚内の方から低気圧が東の方に通過しているそうな。しかたなく朝飯を食べ
て待機です。鳥も動きません。

6時過ぎ、少し明るくなってきたとき小鳥がやってきました。快復か?雪はまだ軽快に降ってい
ます。鳥が動けば期待ができます。準備をして待ちました。あたりです。7時前に雲が切れだし
西の方から明るくなってきました。

8時に野付半島に着いたときはすっかり雲がとれていました。代わりに猛烈な風が北から吹い
ています。車のドアを開けると、後ろから風が当たって吹き飛ばされそうです。

急に冷えたせいで膀胱が緊迫、おしっこがしたくなりました。着込んでいるのでなかなかモノが
でません。風下に向いて発射するとおしっこが地面に落ちずに飛んで行きます。何たる強風。


(強風に折られないように電柱には支柱が設置されています)

道路に積もっていたはずの雪は綺麗に吹き飛んでラインがしっかり見えています。こうなりゃ、
強風を愉しむことしかない。めったにないチャンス。地吹雪を絵にしよう。

道路を見ていると風にうねりがあって、道路の上に吹き飛んで行く雪が横縞の模様を描いて
います。風の強さによって前がホワイトアウトになったり、視界が鮮明になったりと目まぐるし
い風景です。

スケソとコマイの水揚げをするのに待機していた漁師さんたちが、この強風で切り上げ、次々
に車で帰ってきました。トラックを先頭に軽自動車の隊列が走っていきます。風にあおられな
いように一団となって走っていきました。

海の上の風は邪魔をするものがない分、力があって速いです。冬場は台風並みの強風が
ときどき通過して行きます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19863

コメント

あっ、小太郎親子だ!
どちらがどちらに似たのでしょうか?

あけましておめでとうございます。
地吹雪の写真、見ているこちらも凍えそう。

昨年も楽しませていただきましたが、今年もいっぱい期待しています。
良い年になりますよう!

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック