« ★ 来年も・トビ・ます ★ | メイン | ★ 厳寒のハマシギ ★ »

★ 元旦の太陽はイクラでした ★

2013年01月02日

明けましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。

今年も我が家から100キロ以内で遊びます。

2013年。皆さんにとり・幸せいっぱいの1年でありますように!
小太郎でごじゃります。


**************************************


                ■  元旦の太陽はイクラでした  ■

今年の初日の出は、もちろん野付半島でした。もう12年茶志骨神社にお参りしてから初日
の出を待ちます。今年は寒さのせいで野付湾の半分は凍結してしまいました。

遠くの氷の上でオオハクチョウが翼に頭を突っ込み、丸くなって太陽が上がってくるのを待
っています。一時は1000羽以上いたのに今では200羽ほどの群れになっています。


氷の厚さがすでに10㎝を超えていて上を歩いてもびくともしません。干満の高低で岸辺の
氷が割れていますが、その割れ目から出てきた水さえ凍っています。

気温はマイナス10℃以下にはなりましたが、雲が薄くかかって輝かしい初日の出は期待
できません。それでもハクチョウのいる場所からの初日の出を見てやろうと氷の上に足を
踏み込んだ時に、林の中から太陽が出始めました。


霞み雲越しに朱鷺色の太陽がゆっくり早く上がってきました。上の方がすこしづつ黄色に
変化しはじめ、みるみるサーモンピンクの鮭の卵色に変わってきました。丸でイクラです。
プリプリのイクラ太陽です。


全ての気象条件がつくりだす絶妙な色合いです。明るい鮮やかな太陽も好きですが、渋い
朱鷺色の初日の出も横山大観の絵っぽくってよかったな。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19804

コメント

定番ですが、おお、エルミタージュじゃあ。

北の太陽だからなのか!すてきないい色です・・・

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック