« ★ 冬でもヒヨドリ ★  | メイン | ★ 地吹雪のあとの牧草地 ★ »

★ 夕焼けとオオワシ ★

2012年12月25日

朝陽が出る前、野付半島に行きます。コクガンが根室海峡から野付湾に入ってくる時間を
記録するのが目的です。朝陽が出てくる前にやってくるコクガンの編隊は感動します。でも
それは天候次第。運よくば、四角い太陽をバックに入れ、水平線からやってくるコクガンの
編隊を写真に撮ってみたい。

おばんです。小太郎でごじゃります。


**************************************


                   ■  夕焼けとオオワシ  ■

このところ日曜日は吹雪や強風、厚い雲に邪魔をされて日の出を見ることはできません。
期待は打ち砕かれ、寒さに八つ当たりをするばかりです。
 

低気圧が東方海上に去って西高東低の気圧配置になって、大陸から強力な寒気団が張り
出してくると読んで行ってみると、憎たらしい小さな低気圧が通過中だったり、全くツキから
見放されています。・・・クッソたれ。

そんな日はお昼過ぎから本物の寒気団がやってきます。憎き細切れの雲たちを押し出すよ
うにやってきます。

こんな時は綺麗な夕焼けにお目にかかれることが多い。23日は久々に雲と太陽との美しき
饗宴を見ることができました。


地平線より少し上にかかった雲の後ろに太陽が入って、雲の輪郭を鮮やかな黄金色に輝き
上げました。寒気の空はときに赤色を飛ばして金色を際立たせます。

すっきりして気持ちいい光です。

水平線に沈むとき、どどっとやって来たオオワシの1羽が杭に止まって、後光を背負っていま
した。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19753

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック