« ★ 念願の洞に・・・ ★ | メイン | ★ 寄り道 ★ »

★ 美しきものには棘がある ★

2012年11月10日

野外で生け花用の材料を探すのは、もう限界です。何とか使えそうなのが実を付けた木
です。ほとんどの木が葉を落とし、立冬もすぎると目立つのは赤い実を付けた灌木です。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************

                ■  美しきものには棘がある  ■


散歩道でメギ(?)の赤い実を見つけました。ラグビーボールの形をした赤い実は、この
時期とても目立ちました。

別名「コトリトマラズ」と言います。変な名前ですが木に触ってみると意味が分かります。
生け花にいいと思って、手を伸ばした瞬間にぐさりと刺さりました。

鋭い棘がありました。葉の間に隠れていて、よく見ると茎にびっちり細くて鋭いトゲが
付いていました。コトリトマラズというより人触れずです。

「?」としたのはメギの分布が関東地方から西の地方だということです。調べてみると、
道新ブログの「高橋みつる」さんの2010年10月14日のブログの写真に入っていまし
た。なんだ北海道の大雪山のふもとにも生えてるじゃん。安心。


メギ科メギ属の落葉灌木。メギとは目木と書きます。茎や葉を煎じて目薬として用いた
ことに由来します。

ベルベリンという成分を多く含むので、古くから各地で使われていたそうです。ベルベリン
と知って、そういえば犬猫の下痢止めでよく使っている薬です。めっちゃ苦くて黄色い
色をしてます。

メギがとっても身近に感じた瞬間でした。もう忘れません。

ちなみに英名でJapanese barberry。日本名では「鎧通し」と呼ばれることもあります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19423

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック