« ★ 一服 ★ | メイン | ★ 灰色なのにセグロカモメ ★ »

★ 秋のシラウオ ★ 

2012年10月05日

奥さんが魚屋でシラウオを買ってきました。体が透けていてとても生きが良さそうだった
ので、「ちと高いかなと思ったけど買ってきちゃた」と悔しそうです。普段なら足の速い
鮮魚は夕方5時を過ぎれば安くなるはずです。それなのに値引きがなかったのです。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************

                    ■  秋のシラウオ  ■

シラウオ(白魚)は春を代表する魚だと思っていました。実は秋にも獲れるのですね。

パックの表示には「網走湖産」と明記されていました。斜里岳の向こうの網走湖で水揚
げされたばかりのシラウオです。


網走湖のシラウオ漁の主要漁期は、なんと9月から10月なのです。しかも北海道内で
漁獲されるシラウオのほとんどが網走湖産なのです。

皆さん。知ってましたか。私は全く知りませんでした。そういえば去年、町内にある回転
すし屋さんでシラウオの寿司を食べたことがありました。少し匂いがして生きが悪く、旨
くなかった。考えてみると今頃でした。

シラウオと言えば、春に川の下流域や汽水湖、沿岸の汽水域などの砂底で産卵する
ときに捕獲され、市場に出てきます。その時期が旬の美味い時期だとずっと思っていま
した。

ところが網走湖では、秋なのです。春に網走湖内で生まれたシラウオは、秋になると
海に出て越冬をして、春に再び網走湖に戻って産卵し、一生を終えます。

若いシラウオが海に出て行く秋に網走湖では、ワカサギ漁の網にシラウオがワカサギ
と一緒にあがってくるのです。


値引きしないだけあって、秋のシラウオの生はほんの少し苦味があって、私が好きな
日本酒「天狗の舞い」によく会いました。

おもいつきで、パンに載せて軽く焼いてみたシラウオの上にブルーチーズを載せて食べ
たらグッドでした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19190

コメント

シラウオのごとき指の楚々たる女人とシラウオを食したい。

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック