« ★ 今週の花・ヤナギラン ★ | メイン | ★ タンチョウの季節 ★ »

★ カモ秋来 ★

2012年09月24日

今日は大陸から下りてきた寒気と暑さをもたらしていた暖気のガチンコを目のあたりに
みました。快晴の空に入道雲が立ち上がり、その下が真っ黒になって行きました。みる
みるという言葉がぴったりです。

ラジオから臨時警報が入るとなんと中標津に大雨注意報が出ています。直線で30キロ
ほど離れた野付半島で見る他人事のような風景です。


(黒い雲が下まで降りているところが激しく雨が降っているところです。)


おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************

                    ■  カモ秋来  ■

大陸の寒気が降りてきた先週、カモ達が大挙して姿を見せました。


シギやチドリの渡りがそろそろ終わりかなと思った矢先です。小鳥のヒバリやタヒバリが
群れになって移動している最中で、それを追いかけて現れるハヤブサやコチョウゲンポ
ウが姿を見せたところです。

湧くようにという表現がちょうどあてはまるように、20羽から60羽ほどの群れが野付
半島を超えて上空高いところから湾内に入ってきます。


遠くから肉眼で湾内の水面を探してもそれほど多いとは感じませんが、40倍の望遠
鏡で探してみると広く散らばって、その数2万羽以上は来ています。

オナガガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ハシビロガモなど主に植物を主食に
しているカモや、スズガモ、ハジロカイツブリなどの潜水カモがいます。


広大な野付湾ですから数えれば4,5万羽はいるような気配です。

すでにガンの仲間のヒシクイは9月5日にはサロベツ原野に姿を見せていて、野付でも
16日に上空を通過しているのを確かめました。

さあ、いよいよ北極の寒気がカモやガンを押し出し始めました。これからオオハクチョウ
がやってくれば寒い寒い冬に向かいます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19109

コメント

カモさん、神戸でも待ってるよー。

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック