« ★ サケが獲れ出す ★ | メイン | ★ カモ秋来 ★ »

★ 今週の花・ヤナギラン ★

2012年09月20日

ヤナギランの花がほぼ終わり、白い長い綿毛が目立ちます。

なんでヤナギランというのがなかなか理解できなかったときに、この白い綿毛を見てよう
やく納得したことを思い出します。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************


                ■  今週の花・ヤナギラン  ■

和名の由来は、葉っぱがヤナギに似ていて、花がランの花に似ていることから来ていま
す。説明にはありませんが、きっとこの綿毛を付けた種もヤナギに似ていることからきて
いるとも思います。

ヤナギランは日当たりの良い草地や路肩に生えるパイオニア植物です。綿毛を付けた
種子が風によって運ばれ、自分に適した場所で生育します。

だいたい風散布される種子は軽いものが多く、養分をたくさんためることができません。
そのため発芽した時から活発な光合成ができる場所でしか育ちません。


英名ではFire weed(火の雑草)と言います。これはヤナギランが山火事のあった場所
痕に群生する性質から付けられたそうです。活発に光合成ができる最適な場所に違い
ありません。

本州では亜高山帯から高原地帯の草地や礫地で分布していますが、根室地域では
普通に平地で見られます。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19081

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック