« ★ 今週の風景・アッケシソウ ★ | メイン | ★ 今週の花 ウラギク ★ »

★ 黒々した角のエゾジカ ★

2012年09月28日

先週まで湿気と暑さに悲鳴を上げていたのが嘘のような寒さがやってきました。そりゃ
そうだ、もう9月があと3日で終わるんだよ。いつもだったら大雪山の山頂は雪が降って
いるはずです。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************

                 ■  黒々とした角のエゾシカ  ■


きりりとしたオスのエゾシカに巡り合いました。黒々とした三叉四尖の角を頭に掲げた
凛々しいオスです。


皮が剥けない生々しいく黒ずんで精悍に見えます。三叉四尖の角。エゾシカの代表
する特徴です。分岐が三つあり、尖った先端が四つある角のことです。

エゾシカのオスの年齢は、この角の枝分かれの数で推定できます。

一歳の時は親指を立てたような角が出てきます。二歳になると枝分かれしてV字型の
角になります。三歳になると二つに枝分かれし、四歳には三つに枝分かれ四本の切っ
先になります。

ですから、この枝分かれをの数を数えれば、五歳までの年齢は分かるはずです。


六歳以上になると形と風格で推定するしかありませんが、エゾシカの平均年齢が六歳
くらいだそうですから高齢なるシカはそう多くないと見ていいのです。

中には四叉五尖のオスジカがいるそうで、それを見かけたらラッキーだと喜んでください。

これからエゾシカたちはラブラブな季節に入っていきます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19133

コメント

立派な角の牡鹿ですね。
今夕、家の直ぐ近くの里山から鹿のラブコールが聞えてきました。
畑の作物を採りに来られないように、大急ぎで電気柵のスイッチを入れに・・・・。
イノシシ、サル、そしてシカと知恵比べの百姓家にパラサイトしている身とあっては、致し方ありませんが、なにか侘びしいですね。

我が家にある、大阪府池田市五月山公園のシカの角は2叉3尖です。大昔、公園管理者からもらいました。

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック