« ★ 風あざみ エゾノキツネアザミ ★ | メイン | ★ 海辺のハリオアマツバメ ★ »

★ 森のセキレイ・ビンズイ ★

2012年09月01日

昨日の夕景は空気が久々に透き通っていて、青と赤系の光がとても鮮烈で美しい
ものでした。気温はしっかり夏模様ですが、光は秋の気配です。あと2週間もすれば
大雪山は初雪が降る時期です。

おばんです。小太郎でごじゃります。

***********************************

                 ■  森のセキレイ・ビンズイ  ■

森の中が再びにぎやかになってきました。成長した小鳥たちのヒナが群れを作って
目立つようになってきたのです。

ヒヨドリをはじめシメ、アオジ、カワラヒワ、センダイムシクイ、アカハラなどの若鳥を
見かけます。

なんか森の中がそわそわしている感じが伝わってきます。そろそろ南の方へ移動が
始まりだしています。この時期の森は日頃なかなか見られない小鳥に出会えるチャ
ンスに恵まれます。

葉っぱがぼそぼそ落ちて、暗かった林が明るくなってきて、小鳥の姿を見つけやすく
なるのもありがたいです。

先日、いるのが分かっているのに姿を見つけられなかったビンズイに会いました。
北海道では海岸から山間まで普通にいる鳥ですが、樹木の上の方でいつも囀るので
なかなか見つけられませんでした。それが散歩中に地上から木の枝に飛び上がって
姿を見せてくれました。

胸に縦じまの模様がくっきりと出て、歩く姿は細くて、なかなか粋です。尾を上に下に
ぴこぴこ振ります。リズミカルに活発に動かします。細い枝の上を実に軽快に歩いて
いきます。

ビンズイはキヒバリとも呼ばれます。高い木の上に止まってよく囀るからです。声が
ヒバリに似ていて軽やかで、複雑ですがとても心地よい調べです。時々枝から飛び
上がり空中で囀ります。これがまたヒバリによく似ています。

ビンズイという和名は鳴き声からきています。「ビンビンツイツイ」と聞きなしたことから
付けられたそうです。本物の声を聞いてもどうしてもそうは聞こえませんが、付いて
しまったものはしかたありません。

ビンズイは街中のちょっとした公園で見かける野鳥のセキレイ(ハクセキレイやセグロ
セキレイ)の仲間です。森のセキレイだと覚えてください。


ようやく姿が見れるようになったのに、もう本州の方へ移動して行く季節です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/18931

コメント

木の枝をちょこちょことはおもろいやつですね。会いたいな。

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック