« ★ 光のカーテン ★ | メイン | ★ ホオノキの花 ★ »

★ 木漏れ日のメジロ ★

2012年07月25日

根室地方は夏が来ません。大暑を過ぎたのにまだ寒いです。夜は10℃近くまで気温が
下がります。このまま暑さ知らずの夏で終わるのでしょうか。節電には貢献しています。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************


                   ■  木漏れ日のメジロ  ■


林の中が随分静かになりました。もう誰も囀ってくれません。寒いせいで蝉さえ今年は
あまり鳴きませんでした。下のタワラマップ川の小道は木陰の道になりました。

太陽の陽射しが葉っぱに遮られて、歩いていると湿り気を肌に感じます。ひんやりと
とても心地いのですが、陽射しを好む昆虫が少ないようです。

林床は静かです。草むらには小鳥の気配がしません。寂しいものです。白い花の
オニシモツケやウバユリが咲いていますが、いつもなら集まって来る虫がいません。


静かなのは小鳥たちが子育てに懸命だからです。運が良いとヒナ連れの群れに出会
います。群れの構成はハシブトガラ、ゴジュウカラ、センダイムシクイ、アオジなどです。

チーチとかヒッヒ、ジュクジュク、チッチとそれぞれに歯切れの良い小さな声を出して
やってきます。じっとしていると彼らから近づいてきて素顔を見せてくれます。

下の方には来ず、木の上の方の葉っぱの裏側の方で昆虫を探しています。

今日は珍しい鳥に会いました。メジロです。というのは、いるのは分かっているのですが
桜が咲くころ以外は見つけるのが難しい小鳥です。動きが早くて、しかも木の上の方
ばかり飛び回るのでつい見逃してしまうのです。


葉の裏側に来て、小さな虫の幼虫を探しています。いつもならさっと移動してしまうの
ですが、ヒナがいるせいか動きが遅いです。光で透けた葉っぱの色とメジロの草色が
保護色化して溶け込んでいます。

何とも素敵な色合いになって、美しい日本画の雰囲気がかもちだされました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/18656

コメント

いいね。

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック