« ★ 五月のオジロワシ ★ | メイン | ★ トウネン ★ »

★ チューリップのアップリケ ★

2012年06月05日

カッコウが来ました。しんがり登場です。夏鳥がほぼ到着です。これからひと月、鳥
達が自分の全エネルギーをつぎ込んで子育てに励みます。なんと素晴らしい月だろう。

おばんです。小太郎でごじゃります。


(年取ったラムちゃんのご馳走は、日なたぼっこです。)


************************************


                  ■  チューリップのアップリケ  ■

中標津では今がチューリップの花の最盛期です。今年の花はいつもより大きいと思いま
す。しかも鮮やか。目に沁みます。


逆光で花びらを透かして見ると赤い色がすごく新鮮な色に見えます。花びらが重なった
深みのある赤は花に重みを加えます。

私はその地域地域に咲く自然花が好きですが、改めて栽培した花をじっくり見てみると
どの花もその地域の空気に染まっているように感じます。取り巻く自然環境の一つ一つ
が花の色合いに影響を及ぼしています。

今年は厳しかった冬の気温が、赤の美しさをより鮮やかにしてくれたのだと思います。
黄色にも。


この色を、この花を、そのまま小さな子供の服に張り付けて上げたい。子供が喜ぶか
どうかは分からないけど、付けたいなあ。

そういえば1970年に岡林信康が「チューリップのアップリケ」という歌を出してたよな。


チューリップのアップリケついたスカート持ってきて
・・・・・
うちやっぱりお母ちゃんにこうてほしい

あんな一生懸命 働いてはるのに
なんでうちの家 いつも金がないんやろ
みんな貧乏が みんな貧乏がわるいんや

この世界的不況、デフレ日本をどう乗り越えて行くのか。考えてしまいます。
1970年は万博の年、ベトナム戦争真っ只中。安保の年。


今年は何の年と云われるのでしょうかね。チュウリップの赤い色、黄色い色になんか
景気が良くなる気を託したい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/18282

コメント

う~ん・・・・・
いい色だ。特に赤の微妙な色合いが好きだな。

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック