« カワガラス 水辺の忍者 | メイン | オジロジカ »

厳寒の月食

2011年12月11日

見ました。見ました。天気が良くて最高の月食でした。
前に見たときは庭に椅子を出して女房と日本酒を飲みながらじっくり見た記憶があります。
今回は忘年会から帰ってきてから待機しました。外気温マイナス6度、大気がカキーンと
澄んで最高の条件でした。

月食はちょい欠けから始まりました。

酒が入ってぽかぽかの体で、眠気を寒気で払いのけ、月が欠けだしていくのを観察し
はじめました。

前に撮影した時にとても難しいと思ったので、今回は条件をいろいろ変えて撮影してみま
した。影か、月の表面か、バランスか、悩みました。

ハイスピードで月の表面をくっきりさせました。

7日月ほどに欠けてきました。

三日月まで入ってきました。

すっぽり陰に入ってしまった月です。赤っぽい月の表面です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/17082

コメント

イヤですねえ~ 新聞もテレビも殆ど見ない生活していたら、月蝕があることも知らず・・・
この日は一晩中起きていたのにもったいない事をしました。
でも、月を見ていると本当に自分が何か他のものに変わっていく気がして、ちょっと怖くなる時があります。

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック