« 2011年08月 | メイン | 2011年10月 »

奇景・風化の山 雌阿寒岳 (2) ハイマツ帯

2011年09月30日

去年は実をいっぱいつけていたマユミの木に今年は全く実がつきませんでした。
他の木も気になって実がついているかを調べています。ミズナラのドングリがほとんど
実をつけていないみたいです。そういえばミズナラも去年は豊作でした。
エゾリスが早めに姿を見せているのは森の木の実の実り具合と関係あるかな。

おばんです。小太郎でごじゃります。


************************************


          ■  奇景・風化の山  雌阿寒岳 (2)ハイマツ帯  ■

ハイマツ帯に入ると根や幹が道に張り出ています。

揚げたつもりの足に引っ掛かり、ずっこけます。油断禁物です。この道は日頃から
膝まわりの筋肉をきたえ、大腿二頭筋で膝から下を高く揚げる訓練を意識させてくれ
ます。自分の体がまだ軽やかに動けるかどうかの試し道です。

ハイマツは角ばった玄武岩の上に覆いかぶさるように根と幹を張り出しています。
タコが8本の足で包み込むみたいです。

道がなければとてもとても登ることは難しい山です。

斜面づたいにハイマツの道を登っていくと、硫黄が露出した岩場の斜面にでます。
純度の高い黄色い硫黄。かっては、ここから煙が出ていたのですが、最近は見られ
ません。いつもなら乾いている沢の上の方から水が流れていました。珍しいねと手を
水に浸けてみると熱い。地熱で温泉になっています。「足湯」にはならないけど「手湯」
にはちょうどいい加減でした。


以前は火山と地震の観測機器が設置されていましたが、跡形も残っていません。

ハイマツのトンネル道をゆっくり上がります。こんなハイマツだらけの山でもエゾジカ
がいます。斜面の草を食べに来ているのです。5年前に登ったときは、甲斐犬の静ち
ゃんがシカの群れを見つけて追いかけたことがありました。シカも犬もハイマツの中を
走るのはとても大変そうだったことを思い出しました。

高度ををかせいでいくとトンネルの先に突然三角形の尖った岩山が現れます。どっしり
とした勇壮な山です。通称「剣ヶ峰」。どこかイエローストーンの渓谷のイメージです。

迫力をもって迎えてくれます。朝の陽射しをいっぱい受けて輝くのは、左に剣先の
ピークがあり、右側に要塞のようなテーブル状の岩山がそびえています。
どちらも外輪山の一角をなす山です。

ここで一服。硫黄の鉱脈に足をかざし、感触を愉しみました。地面はほんのりと温かく
虫がしきりに鳴いています。

剣ヶ峰のすそ野を巻くように道は進みます。ごつごつした岩が露出して足元は不安定
です。

ハイマツの背丈が低くなってきて、視界がパーッと開けます。北の方向に頂が雲を
かぶった雄阿寒岳が見えます。その左下には阿寒湖が。右側には遠く摩周岳や
西別岳、斜里岳が見えます。

雄阿寒岳はかっての地震で頂上近くから転げ落ちた大岩の木々をなぎ倒していった
痕跡がしっかり下までついています。

いよいよ剣ヶ峰のコルを目指して。愉しき登頂は続きます。

奇景・風化の山 雌阿寒岳 (1)

2011年09月29日

キリギリスの声がだんだん小さくなっていきます。寒い日にはまったく鳴きません。
寒さが虫達を黙らせてしまうのです。今年も虫合戦は1週間ほどで終わりました。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************


              ■   奇景・風化の山  雌阿寒岳   ■

22日。午前中に台風が根室沖を通過して、猛烈な風と雨に見舞われました。
それを追いかけるようにして奈良の姉さん「まっさん」が2時間遅れの飛行機でやって
きました。


この人が来るときは必ず晴れます。今回もこのジンクスは、外れませんでした。

二人で久々に山に登ることにしました。私が修行の山として登る、大好きな雌阿寒岳
です。

二十五日の朝。空は真っ青な台風一過の快晴です。塩鮭と梅干のおにぎりを持って
百キロほど離れた阿寒湖を目指していざ出発。

雌阿寒岳に登るコースは三つありますが、私は阿寒湖畔から登るコースしか興味あり
ません。それは登って行く過程が美しくて、愉しいからです。しかも、しんどくないのが
大のお気に入りです。

湖畔から熊のでる林道を五キロほど入ったところに入山届箱があります。ここで車を
おいて、登り始めます。工程六キロ。入山していく人をカウントするセンサーが新しく
取り付けられていました。

熊が出るので、その注意書きがしっかり貼ってあります。

トドマツとエゾアカマツの植林地から登山道は始まります。傾斜はゆっくりしていて、
体を慣らしていくにはとてもいいアプローチです。道は弾力に富んでいて、足には
とても優しい。この感触大好きです。長年積もったマツの葉や苔が土になって、この
クッションを作っているのです。

植林地ですが、すでに樹齢が百年以上は経っている木々が多く、手入れがされて
いないために競争に負けた木がところどころで枯木立になっています。ゆっくり歩いて
いくとキバシリやカラの群れに出会いました。枯れ木の樹皮の下にいる虫を餌にして
いる鳥たちです。

道沿いのゴゼンタチバナが赤い実をつけています。トドマツの根もとに生えている苔
は水をたっぷり含み、その中に生えていた小さな葉っぱは赤みがうっすら帯びてきて
いました。

二キロほど歩いたところで、谷筋から尾根にとりつくと急に視界が明るくなりました。
ハイマツに覆われた山が目の前に現れたからです。見事な植物境界です。まだ標高
900mの地点です。

尾根にとりつく道端にちょうど座る椅子みたいに曲がりくねったトドマツの木がありまし
た。ひと休みして見下ろす森林は、トドマツやアカエゾマツ、ナナカマド、ダケカンバなど
の鬱蒼とした原生林に見えました。


いよいよハイマツ帯。

ウラギク  干潟の野菊

2011年09月27日

我が家の餌台に小鳥たちが姿を見せ出しました。短い夏毛のエゾリスもやってきだし
ました。生き物が来る窓辺はやっぱり楽しいです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

***********************************


               ■   ウラギク  干潟の野菊  ■

秋の花、サワギキョウやエゾリンドウの紫の花が終わり、ススキが白い穂になって種を
飛ばし始めると、干潟の一部では薄い紫いろの花が一面に咲き始めます。ウラギクの
花です。


野付半島では、干潟の野菊です。

干潟といっても、高潮や大潮の時に海水をかぶるような場所です。ほとんどの植物が
敬遠するようなところを好んでいるようです。

花は真ん中に筒状になった黄色の花とそのまわりに舌状になった紫色の花がついて
います。派手ではありませんが、とてもおしとやかで魅力的な花です。たくさん咲いて
いますが、遠くから見ると目立ちません。

ウラギクは漢字で「浦菊」と書きます。野付半島のような内海の海岸べりに生育する
菊という意味です。外海のような荒い波が来るところを好まないからです。

どこでも生えているかと思ったら、北海道は道東の海岸線だけです。
東北地方には生えていなくて、関東から西の太平洋沿岸に生育しています。しかし、
全国的にみると、開発で干潟や湿地が減っているためにどんどん生育場所がなく
なっているそうです。


つまり、ウラギクは全国的には珍しくなっている花なのです。

ハリオアマツバメ 尾に針を持つ鳥

2011年09月23日

台風が残したものはたくさんの落ち葉と朽ちかけた枝木の残骸。オホーツクの寒気団が
根室の沖合に押し出してくれました。おかげで強風と豪雨は半日ほどで大きな被害もなく
ホッとしました。被害を受けられました地域の皆様、お見舞い申し上げます。

おばんです。小太郎でごじゃります。

************************************


            ■   ハリオアマツバメ 尾に針を持つ鳥  ■

ハリオアマツバメは八月になると野付の海岸線に姿を見せます。朝早く五〇~六〇羽
の群れでやってきます。目的は空中に舞い上がる虫です。

相当な虫が発生しているようでオオセグロカモメやセグロカモメ、ウミネコも群れを成して
虫を食べに集まっています。

カモメの群れの近くをシューッとかスウァーッと空気を切り裂く音をたて、高速で飛び交い
ます。そのスピードたるやカモメが普通電車に見えるくらいすっ飛んでいきます。
ハリオアマツバメの水平飛行速度は最高で350kmくらい?(こういう数字はけっこう
いい加減です)あり、とにかく速いのです。

飛んでいるときの翼を見てください。私たちの手のひらにあたる第一風切り羽が異常に
長く大きいのです。羽軸が太く、しっかりしています。これで空気を切り裂いてスピードを
あげることができるのです。

それに比較して腕にあたる第二風切り羽は短くて整然と並んでいます。堅ろうで空気
抵抗に耐える機能を持っている感じです。

ハリオアマツバメのすごいところは空中が生活空間で、一日中飛び回り続け空中で眠る
ことができることです。ですから翼を動かす筋肉と胸の筋肉ががっちりして盛り上がって
います。けがをして病院に持ち込まれたときに、これらの筋肉を触って大感激をしたことが
あります。


ハリオの由来は尾羽の先に突き出た針状の突起です。羽軸の先が硬くて、鋭く尖って
います。英名でも「Needletail」とついています。

針はハリオアマツバメが樹洞や岩場で足を引っ掛け垂直に止まるとき、尾を当てて体を
支えるのに使います。山で雪渓を登るときに使うアイゼンみたな役目です。

特に繁殖期、樹洞や崖の隙間に巣を作り、出入りするときに尾の先の針をうまく使って
上る時にとても役立つのです。


実際、尾先の針を肌に突き立ててみると簡単に皮膚に穴をあけられます。鋭いのです。

エゾトリカブト 烏帽子の花

2011年09月20日

やっとこ寒くなってきました。サロベツ原野では9月2日にシベリアから89羽の
オオヒシクイがやってきました。野付半島では18日にオナガガモやヒドリガモ、
コガモ、マガモが群れでどんどん入ってきていました。夏鳥に代わって北で繁殖
していたカモの仲間でさみしかった野付湾がまたにぎやかになります。

お久しぶりです。小太郎でごじゃります。

*********************************

             ■  エゾトリカブト  烏帽子の花  ■

タワラマップ川沿いの散歩でお気に入りの花があります。その一つに青紫色の花を
つけるエゾトリカブトがあります。この花は猛毒を全体に含むことで有名です。

一見マメの花みたいな独特の形をしています。青く花びらに見えるのは下向きの
がく片です。その中に烏帽子(えぼし)の形をした花があります。


烏帽子とは平安時代から近代にかけて和装の礼服着装のときに成人の男子が
かぶった帽子のことです。現代でも大相撲の行司さんが着用している帽子が烏帽子
です。ぽっこり突き出た大きな岩を思わせます。

全国の山に登っていた時、あちこちで烏帽子岳という名前が付いた山に出会って、
いつも不思議に思っていました。山の形が烏帽子に似ていることから付けられた
のですね。それだけ烏帽子が世の中に浸透していたわけです。

その中でも私は大雪山の烏帽子岳が大好きで、エゾトリカブトのことを知ってからは
ほかの山と差別してエゾトリカブト岳と呼んでいます。

さて、複雑な形の花弁を持つトリカブトは学習能力が高いマルハナバチと面白い
パートナーシップを結んでいます。他の虫を寄せ付けず、マルハナバチだけに花粉
を運んでもらっているのです。

実はトリカブトにはアルカロイドのアロニチンという猛毒が含まれています。アロニ
チンは神経毒で、人では神経伝達を阻害して呼吸困難や心不全を引き起こして
しまうのです。


ところがマルハナバチはアロニチンによって阻害される神経伝達物を持っていない
ために害がないとされているからです。蜜まで毒があるのにへいちゃらなのは、この
せいだったのです。

三年前に移植したエゾトリカブトが今年は一段と大きくなって我が家の庭で咲いて
います。長期間咲き続けてくれるので、けっこう癒されています。


ショウドウツバメ 水辺の軽業師

2011年09月13日

ススキの花も終わってすっかり白っぽい穂になっています。生け花にするにはもう
爺臭くて使えないと思っています。が、昨日は道路端のあちこちでススキの穂を採って
いる人を見かけました。今日の中秋の満月を愛でようとする粋な人たちと見受けまし
た。残念ながら厚い雲に覆われて見られませんでしたが。

おばんです。小太郎でごじゃります。


***********************************


            ■  ショウドウツバメ  水辺の軽業師  ■

八月の中頃。天気のいい日中にショウドウツバメの群れが野付半島に姿を見せます。

湿原の上や干潟の上、草原の上をちょこまかと軽やかに飛び回ります。
高速度シャッターで狙ってもなかなか上手く撮れません。


水辺にいるイトトンボやハエ、カなどの小さな虫をスピードと小回りのきく飛行で捕ら
えます。ときには水面をかすめて水しぶきさえあげます。移動も早く、一所で留まる
ことはありません。

八月の干潟や湿地は餌を捕るには、とても魅力的な場所のようです。

ショウドウツバメが好んで巣を作る場所は川辺の崖や牧草地の中にある崖などです。
そこにたくさん集まってきて、夫婦で穴を掘り、巣を作ります。巣は崖を横に掘り進んだ
奥に作ります。入り口の直径は五㎝ほどですが、奥行きは1メートルになることもあり
ます。

こういう巣を集団で作ることから小洞燕(ショウドウツバメ)という名前がつけられたので
す。

子育て中はコロニー(集団営巣地)の周辺の水辺で餌を捕っています。しかし、ヒナが
大きくなり、巣だって飛び回りだっす八月、彼らはより餌が豊富で捕りやすい野付半島
に遠征してくるようです。

根室地方では、ごくごく普通に見られる鳥ですが、国内では北海道でしか繁殖して
いません。

八月も下旬になると姿を消します。本州の方に移動していき、やがて東南アジアなどの
熱帯地域へ行ってしまいます。

アマツバメ 天空の鳥

2011年09月07日

晴れた晴れた、ようやく晴れました。やはり気持ちいい。青い空は気持ちまで明るく
軽く、さわやかにしてくれます。鳥取の守ちゃん、徳島の綾ちゃん、奈良のますみさん
甚大な被害、お見舞い申し上げます。

おばんです。小太郎でごじゃります。

**********************************

               ■  アマツバメ  天空の鳥  ■

雨がぽつぽつ降り始めた夕方。低い雲が西から東へ流れていきます。雲と海との
わずかな空間だけが明るい。野付半島にしては極めてなま暖かい空気が流れて
います。

目の前をシュウッと空気を切って飛んでいく鳥がいます。速い。草原の上をかすめて
高速で飛んでいきます。

手鎌を2枚並べたような、ステルス戦闘機みたいな姿。空気の流れを読んで急降下
したり、急上昇したり、姿を目で追いかけるのが大変なくらいのスピード飛行です、


私の上を通過するとき、ジュリリリリと一声を出していきました。天空の鳥、アマツバメ
です。10数羽の群れが飛び交っています。

全身黒い羽毛をしていますが、腰のところだけが白い、ワンポイントのおしゃれをして
います。

普段アマツバメは高い空にいることが多くて、地上近くにはいません。ただ雨模様に
なりかけると人目に付きやすい低空まで下りてきて昆虫をあさります。そのため雨に
なるとよく見かけるツバメの代名詞になり「アマツバメ」と呼ばれました。

アマツバメは天気がいいときは、たいてい高い所を飛んで採餌しています。青空を
バックに黒い点を散りばめたようにしか見えません。

彼らが餌にしているのは、自力で飛んでいる虫ではなく、大部分は上昇気流や風に
乗ってくる小さな虫です。大きな口を開けて高速で飛び回って、掃除機のように
吸い込んでいくのです。

ところが、雨が降り出すような天候のときは、地上近くで湧き上がるように飛び出し、
浮遊する小さな昆虫を狙って、高度を下げて飛ぶのです。

ジンベイザメが大きな口を開けて大量のプランクトンを吸い込むような感じです。
空飛ぶジンベイザメと呼んでもおかしくありません。

南へ南へ南へ

2011年09月06日

葉っぱが落ちてきます。どんどん落ちてきます。ハンノキの葉っぱ、シラカバの葉っぱ。
中庭の煉瓦は葉っぱで埋まってしまいそうです。雨をたっぷり吸いこんでぷわぷわです。
お日様が出て水けを落としてくれるまでは、掃除はお預けです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

**********************************

                   ■  南へ南へ南へ  ■

九月に入って渡ってくるシギやチドリの数が減ってきました。
七月一五日頃から姿を見せていたメダイチドリやトウネン、キアシシギなどの群れが
八月に入ってピークを向かえ、九月に入って渡ってくる群れの数がぐっと減ってしまい
ました。

野付半島は千島列島づたいに渡ってくるシギやチドリの北海道の入り口です。休憩地
であり、通過地点です。また大陸からオホーツク側を南下してきて太平洋側に出て、南
へ向かう通過地点にもなります。

(メダイチドリとトウネンの群れが湿地の草むらで休んでいるところ)

シギやチドリのように飛翔能力がすぐれた鳥たちは、繁殖に必要な餌が豊富な北極圏
で短期間に子育てをします。終わるとすぐに南の越冬地へ渡っていくことを繰り返し
ます。

私はこの大冒険的な渡りを繰り返す鳥たちの身体能力にぞっこん。尊敬と畏敬と憧れ
をいだいています。

ただ見方を変えるとすごい渡りをする鳥たちが季節ごとに棲み処を変えていくのは、
脳が小さくて、冬を乗り切るほどの賢くないとも考えられます。

留鳥と短い距離を渡る鳥と長い距離を渡る鳥を調べたら、餌をとるための工夫の数
と脳の大きさは比例関係がありました。餌をとるための工夫を多くしている鳥ほど
一定の地域に住み着いている傾向が多いそうです。

なんか負け惜しみみたいなこじつけにも思えます。

単純に、能力があるものはもっとすごい能力を発揮し、能力がないものは工夫を
繰り返してなんとか生き延びようとしているということなでしょう。


(休んでは飛び立っていきます)

冬が・・・来る前に。

2011年09月01日

小太郎と庭で遊ぶと蚊がどゎぁっと集まってきます。葉の裏に止って誰かが来ると飛び出
して来るようです。今がかき入れ時です。これから急激に寒くなってきます。

おばんです。小太郎でごじゃります。

*************************************

                  ■  冬が・・・来る前に  ■

冬の準備が始まっています。

(ハリギリの葉っぱがぱらぱら落ちています。シラカバの葉っぱも落ちだしました)

近所のログハウスの前庭は日に日にミズナラの薪(まき)の山が大きくなってきています。
毎年とはいえ、50歳代のご夫婦の力強い薪割り作業には感心させられます。

薪ストーブ大好きとおっしゃるだけあって、この後家の周りに整然と積み上げ、塀壁みたい
にしていく様子に、いつも惚れ惚れさせられます。出来上がりの美しさは抜群です。

灯油だと一ヶ月3万円はかかる暖房費用が、薪だと五千円ほどですむそうです。30坪の
大きなログハウスなのでつい安いと唸ってしまいます。

また経済的だけではなく、健康にもよろしい。愉しんで全身の筋力アップができ、しかも食べ
物が旨い。仕事の気分転換にもなり、自分には最高ですと笑っておられます。

早そうに見える冬支度。でも冬はあっという間にやってきそうです。

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック