« 野付湾 氷上散歩 | メイン | ユキホオジロ 白い雪がやっぱりお似合い »

根室海峡 流氷満員御礼

2011年02月22日

統計によると根室地方は二月後半から3月にかけて雪が多く降ります。先週の木曜日から
金曜日にかけて降った雪は地肌が見えかけていた大地をきれいに白くしてくれました。

おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

              ■  根室海峡が流氷で被われました  ■

流氷が根室海峡を埋め尽くしています。満員御礼といったところです。

二月十三日に北北東の強風に押し流されてきた流氷は十四日には沖合いに追いやられて
しまいました。

それが十七日から十八日にかけて吹いた強風で、根室海峡にまた大量の流氷が流れ込んで
きました。


ごらんの通り、国後島から野付半島の間の海峡はびっしり流氷で覆いつくされています。
見渡す限り氷、氷、氷の世界です。


流氷情報によると根室半島まで流氷で覆いつくされているそうです。2月に流氷がこんなに
流れ込んでくることは珍しいことです。

この流氷でオオワシやオジロワシは流氷原に出て行ってしまい半島はさびしいものです。
海峡にいっぱいいた海ガモたちはこの流氷に追いやられて、所々に出来た開水面に集まっ
ています。

6年前に流氷に閉じ込められたシャチの家族12頭が全滅した悲しい事故があったことを
思い出します。風に翻弄される流氷の速さがなせる出来事でした。

海峡の流れの速い流れで移動する流氷はこの海峡でいろいろなドラマを作りだしてきたの
です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/14945

コメント

2月19日 やっと3年目の願いが叶い流氷に対面できました。感動で涙がこぼれました。
今年も挑戦してよかった!

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック