« エゾイシカゲガイ 海からの贈り物 | メイン | ユキホオジロ 白い大地と白い天使 »

オオワシとオジロワシ 並べて比較

2011年02月06日

えさ台に来るエゾリスたちがだんだんたくましくなってきています。体がみなひと回り大きく
なってきています。動きが素早く、走りが力強い。これから恋の季節に入るようです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

             ■  オオワシとオジロワシ 並べて比較  ■

オオワシが姿を見せるとオジロワシはとたんに人気がなくなります。それは見た目の美しさが
まったく違うのと、同じ時期に、同じ場所に、二種類がたくさん集まるからです。贅沢な話です。

本州の東京や大阪あたりにオジロワシが姿を見せたという情報が入ると多くのファンが
押し寄せます。オオワシだとさらに多くの人が集まりますがね。でも、両者の人気はすごいの
です。最近はイギリスを中心とするヨーロッパの人々が多くやってきています。ワシは世界の
バードウォッチャーの憧れの鳥なのです。

今日はオオワシとオジロワシが仲良く防波砂土手の上に止っていました。

オオワシとオジロワシの成鳥が並んでいます。オオワシは鮮やかな黄色のがっしりした嘴を
しています。体は黒く、肩羽が白く、目立ちます。オジロワシは淡い黄色の嘴をしています。
オオワシと比較すると半分くらいの大きさです。頭も小さく、体は茶色っぽく、尾だけが白い
のです。口の悪い人に言わせると「汚い感じがする」と一刀両断です。

                (オオワシ          オジロワシ )

体の大きさを比較して見てください。オオワシの方がひと回り大きいですね。

若者同士も並んでいました。オオワシは全体に黒く、オジロワシは茶に白が混じっています。
嘴の違いもはっきりしています。

              (  オジロワシ       オオワシ  )

オオワシは若い頃から大きさも、態度もでかい。やっぱ人気者です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/14814

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック