« エゾジカ 氷の上を歩く | メイン | 大きな馬に林の中で出会う。 »

ラッキー

2011年01月26日

久々に雪が降りました。朝から静かに降っているうちに、気がつけば5センチも積もっていま
す。お客さん情報だと標茶のほうはかなりの吹雪だとか。60キロも離れると天候に違いが
ありますね。今日はえさ台が賑やかでした。

(ハシブトガラやシジュウガラが今日はたくさん来てました)

おばんです。小太郎でごじゃります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                     ■  ラッキー  ■

十二月、ご主人がインターネットで里親探しをしている各地のホームページを見ていたら、亡く
なった犬にそっくりな犬が載っていた。奥様に見せたら「これは何かの縁ね」ということになった。

行動派の奥様は、さっそくホームページの主の中標津保健所に電話を入れた。翌日に殺処分
になるところだった。必ず引き取りに行くので処分を止めてもらった。職員がどこから来られるの
か聞いた。「茅ヶ崎です。神奈川の」。びっくりして言った。「わざわざそんな遠くから起こしに
なるのですか」。

奥様から電話があった。「2時間で、シャンプーと健康診断をして欲しい」と言われた。無理だと
断った。「それなら健康診断だけでも」ということになった。

当日新品のキャリーケースに入ったアメリカンコッカースパニエルがやってきた。まずは身体
検査と血液検査をした。どこも異常がなかった。ただ歯石がひどかった。ずい分とかわいがられ
ていたようだ。おっとりとして、人を信用している。おどろおどろしさがなかった。

洗いさらしのコンクリートの上にいたせいで、体は生臭さが漂っていた。口臭がひどかった。
体臭を消すには時間がかかるが、口臭なら時間内にできる。

麻酔をかけた。歯石を超音波できれいにした。ぐらぐらしていた歯はすべて抜いた。口臭はす
っかり消えた。あとは体臭だけ。おうちに帰ってからやってもらうことにした。

奥様と愛犬は札幌行き最終便に急いだ。

新年。年賀状が来た。「食欲旺盛!とても良い子デス」と書いてあった。「ラッキー」という名前
が付けられていた。とてもやさしい顔になっていた。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/14713

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック