« 流氷初日 | メイン | コマイの群れがきた。その1-ワシとカモメ »

写真 5・7・5  ワシが2羽。氷の上で。

2011年01月10日

今朝1時頃、飲んで帰ってきたときにドアをすり抜けてジュジュが外に出たらしい。酔っ払って
いたので、まったく分からず、そのままにして眠ってしまった。5時半に起きてきた女房が外で
ニャーニャー鳴いているジュジュに気づいて慌てて回収。今朝もマイナス13度だったから四時
間と30分は寒くてつらかったろうな。食事をして、いつもの寝場所で丸くなって眠ってしまいま
した。そうとう懲りたのか今日は外に出たがりません。

おばんです。小太郎でごじゃります。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                   ■  写真 5・7・5  ■

今回は「夕ぐれ時に氷の上におりていたオオワシ」がテーマです。


                厳寒に なにを語らう 水の中 (公)

                語り合う 北方領土か 尖閣か (直)

                凍雲(いてぐも)が 二人の仲を 近づける (思百)

                静けさや 氷の上で ワシ休む (ポチ)

                ねえあなた 今夜はどこに 止ろうか (ポチ)

                腹減った 明日は魚 来るだろか (ポチ)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/14571

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック