« エゾリスの昼寝 | メイン | タヒバリ たくさん渡って来てるよ。 »

おんこの実が赤く実りました。

2010年09月29日

霜がおりました。木の葉っぱがばらばら落ちています。我が家の林もだんだん明るさを
増して来ました。日差しを通して見る葉が美しいですが、もの悲しさが・・・・・・。
おばんです。小太郎でごじゃります。


(耳の先に蚊が綺麗に写っています。焦っているかのように集まってきます)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                ■ おんこの実 ■

          庭のおんこの木に赤い実が生っています。
           秋になるとこの実を付け始めます。
           赤い実は甘く、とても爽やかです。

1990年の秋に樺太に行ったとき、公園でかわいい少女たちがこの実をつまんでぱくぱく
食べていました。あまりにも美味そうにだったので、食べて見るとさらっとした甘さに感激
した記憶があります。それ以後私にとっておんこは秋の風物です。

おんこは北海道と東北で呼ばれる名前です。普通はイチイと言います。
「アララギ派」のアララギはイチイの別名だそうです。

果実酒にもしますが、私は旬の生で食べる方が好きです。


(種にはアルカロイドという毒があります)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13534

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック