« 朝の散歩 1-透かし葉っぱ | メイン | 朝の散歩 2.小鳥の混群 »

アジサシに出会う

2010年09月16日

朝の最低気温が10度近くになることが多くなりました。それでも外に出ると蚊が寄って
来ます。猫は毛が多いから刺されにくいのですが、毛の薄い耳を狙ってきます。
顔の周りに蚊がいっぱい集まってくる小太郎でごじゃります。


(耳の周りに蚊がいっぱい集まってきました)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                ■ 写真 5・7・5 ■

                    アジサシ


(アジサシがさかな目がけて飛び込む瞬間)


             大海を わがもの顔に 餌をとる (公)

             海を裂く あの切っ先が 吾にほし (修)

             無謀にも 地球に向かう 天使ちゃん (ぽち)

             刺すことで 今日もうっぷん 晴れたかな (ぽち)

9月はあわただしい。北極圏で繁殖していた鳥たちが南下をはじめて、つぎつぎに
野付半島にやってきます。だから毎日曜日に行くときは、一期一会の気分でサプライズ
な出会いを期待するのです。

渡り鳥だから年に2回の出会いのチャンスはあるでしょうが、レッドデータに入っている
個体数が極端に少ない鳥がいますし、地味で目立たないために出会えない鳥もいます。

どんな鳥でも季節のなるとちゃんと会えるというのはとても嬉しい。これまでの経験を
通して、今回は○○に会えるかもと胸を躍らせるのも楽しみの一つです。

九月十二日、いつもより1週間遅くアジサシに出会いました。アジサシは浜辺には滅多に
立ち寄りませんが、海上で魚を追いかけている群れを観察することはできます。

とても軽やかにふわふわと浮くようなリズムで飛び回り、しかも移動がとても早いので
なかなか近寄れない。いつも遠くから見ているばかりでした。

でも、今回は小魚の群れが岸に寄っていたせいで、近くでダイビングをする光景を
目の当たりできました。わずか10分ばかりでしたが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13398

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック