« ホッカイシマエビ。旬なものを食べる。 | メイン | ホヤ・・海のパイナップル 旬を食べる »

秋の気配、ポチポチと。

2010年07月30日

8月もまじかになりましたね。秋の気配がぽちぽちと見られるようになりました。
おばんです。小太郎でごじゃります。


野付半島にアキアカネの姿が目立ち始めました。
低い気温のとき生理的に熱を保持する能力が高いかわりに、高い気温だと
熱を出す能力がないために、アキアカネはきわめて暑さに弱いといわれます。
気温の低い根室地方に避暑にでも来ているのですかね。


(ハマエンドウの葉っぱに止まっているアカトンボ)


シギやチドリも次々に渡ってきています。
メダイチドリやトウネン、キョウジョシギ、キアシシギが繁殖地から南下してきています。
根室海峡をぼけーと眺めていると、20羽から100羽以上の群れが海面すれすれに
飛んできて、海岸線で急上昇、干潟に入ってきます。

ここは極東ロシアや北極圏で繁殖していたシギ・チドリの渡りのコースになって
いるのです。8月に入るとさらに増えてきます。



(メダイチドリの群れです。中にキョウジョシギやトウネンが混じります。)


牧草地は悪天候に悩まされながら草刈がだいたい終わりました。
今年は実入りの良い牧草だったとか。
すっかり丸裸にされた牧草地は、虫やカエルが見つけやすくなっています。
それを食べにタンチョウがやってきます。
雨が降ったあとは、土にたっぷり水が滲みこむため、土中の虫やカエルが
おぼれないように地表近く出てきて、タンチョウには獲りやすいのです。

これからデントコーンの刈りいれも始まります。今年は昨年に比べ生育が良いよう
なので、9月に入れば20羽以上のタンチョウが集まる光景にお目にかかれるで
しょう。



(前日の大雨で牧草地に水溜りができ、獲りやすくなった虫などをあさるタンチョウ)



(牧草地の中も水辺が好き)



(牧草ロールを包むビニールの色は黒あり、白あり、白黒あり、いろいろ。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/12961

プロフィール

プロフィール

中田 千佳夫
なかた・ちかお。1950年5月6日、鳥取県米子市生まれ。大阪府立大学農学部(現在は生命環境科学部)獣医学科卒。京都大学理学部動物学科大学院・研修員(鳥類生態学専攻)を経て、ムツプロに入る。85年に中標津町で青い鳥動物病院を開業。犬猫を中心の小動物診療に励み、今日に至る。

青い鳥動物病院ホームページ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック