★ エゾエンゴサクにマルハナバチ ★

2019年04月29日

数日前に雪がふったのに、林の中ではエゾエンゴサクが咲きだしました。まだ、花径が低く、ひ弱そうに見えます。

そこに体のでかいマルハナバチが密を吸いに来ていました。

190421-122836002.JPG

重そうに見えますがエンゴサクはしっかり立っています。小さな花をひと花、ひと花、しっかり巡っていきます。

190421-122750001.JPGマルハナバチはエンゴサクの花のお尻の方から蜜を吸っているようです。

林床に太陽の光が届き、温かくなってきた証拠です。

190421-122849003.JPG

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10575

コメント

いかにも北国の花らしい名前ですね。礼文島でたくさん見ました。

エゾエンゴサクの文字を見たときに、何の名前か見当が付きませんでした
おもしろい名前ですね

最初の写真を見たときに、何が写っているのかすぐに分かりませんでした
蜂が花の蜜を吸っているところだったんですね

自然は多様で、ふしぎですね

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)