★ オオハクチョウが本州から移動 ★

2019年03月06日

本州からオオハクチョウが移動してきました。赤錆色が付着した個体が真っ白な羽色をしたオオハクチョウに混じりだしました。

おばんです。小太郎でごじゃります。

190303-132124001.JPG

************************************

               ◆  オオハクチョウが本州から移動  ◆

頭から首筋にかけて赤錆色の汚れが付いた成鳥を見つけました。河口の氷の上で足を羽毛の中に入れ、休んでいました。お腹の羽も赤錆色がついています。

本州の鉄分が沈殿した沼や池、田んぼに降り、頭を水の中に入れ、植物の根もとの部位を引っ張り上げ食べていたのでしょう。その時に付着した酸化鉄の色です。

赤錆の付着物はなかなか落ちないので、4月に渡って行くまで赤錆色のオオハクチョウを見かけます。

190303-132102001.JPG

赤錆のオオハクチョウを見かけると急にオオハクチョウの数が増えます。3月3日には120羽ほど。そのほとんどが越冬していた個体たちです。10日にカウントしたら319羽になっていました。

野付湾内の氷が落ちだしたところで休む個体や尾岱沼の港近く、春別川河口付近で多く見かけました。浮遊して打ち上げられアマモが多い場所や流れアマモが多い海面に散らばっています。

190303-132137002.JPG

気温の上昇とともに大地が顔を見せると青森あたりまで北上してきているオオハクチョウが大挙、やってきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   身近な風景 : 港の夕焼け

190303-170022001.JPG

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10372

コメント

一度見てみたいです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)