★ ホオジロガモ ★

2019年02月19日

野付湾に氷が張りだしてからホオジロガモが目立つようになりました。氷の縁にやってきてよく潜ります。潜水が得意で、休む暇なく潜っているように見えます。

おばんです。小太郎でごじゃります。

190102-102304004.JPG

************************************

                   ◆  ホオジロガモ  ◆

大好物はエビなどの甲殻類とアサリなどの貝類。野付湾にはエビもアサリもたくさんいます。厳寒でも潜れば食べ物は確保できるから、他のカモたちに比べると生活しやすいカモです。

スムースに潜れるように進化してきたのか、頭の形が大滑降のスキー選手が被る流線形のヘルメットの形に似ています。体の大きさからすれば頭でっかち。

190102-101800001.JPG

オスの頭部は濃い緑色をしていて、光の当たり方で黒く見えたり、緑色に光ったりします。眼と黒い嘴の間に、楕円形をした白い模様がとても目立ちます。ホオジロと言われる所以です。

潜ったときに役に立つことがあるんでしょうか。嘴はがっちりしていて貝を掘り起こして食べるのに適応しています。

190102-102257002.JPG                左が大人のめす。右が若いメス。

メスはオスに比べると頭は焦げ茶色で、光の当たり方できれいに発色したり、黒く見えてしまいます。白い模様がないので地味に見えますが、よく見ると綺麗に見えます。

190102-102304003.JPG

大人のメスは嘴の先が黄色、これがワンポイントのアクセサリになり、美しいんだな。でも、若いメスにはこの黄色がないのです。嘴の形も締りがなく、太く見えます。一見、違う種のメスに見間違えることがあります。

ホオジロガモの一番のチャームポイントは金色の虹彩をした小さな眼です。濃緑とこげ茶の頭の色に浮き上がる金色はよく目立ちます。

潜水するのに役に立っているかどうか、分かりません。しかし、頻繁に潜る行動からすれば役立ってると思い込みたくなります。

190102-104407005.JPG

彼らの潜水は見事なものです。後ろ足で水を蹴り、一旦空中に飛び出し、体をくの字にして頭から入っていきます。尾羽を扇方に広げ、水の中に入っていきます。

190102-104407006.JPG

わずかな水しぶきが上がる程度で、とても静かな入水です。高飛び込みの入水時に吸い込まれるように入ると水しぶきが上がらないと高得点になる技、そのお手本です。

190102-105037007.JPG

立春が過ぎ、太陽の陽ざしが強くなってくると、ホオジロガモの潜水恋ダンスが始まります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  身近な風景 : 野付湾産流氷

190102-084844001.JPG

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10330

コメント

雌には白斑がないのをやと知りました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)