★ 根室落石岬・三里浜 ★

2019年01月28日

太平洋が見たくなって、久しぶりに花咲線が走る厚床から昆布盛の海岸線をぶらぶらしてきました。

おばんです。小太郎でごじゃります。

190127-100019001.JPG

************************************

                 ◆  根室落石岬・三里浜  ◆

一度、落石岬の西側から別当賀まで、台地状地形の下にできた砂浜・三里浜を歩いてみたかったのです。

根室半島は波状の台地状地形になっていて海岸線は崖が半島の先まで続いています。この地形は魅力あふれる絶景といってもいいくらいです。

この台地状地形は、隆起海蝕台とも言われています。見た目、とてももろそうです。ブラタモリを見て、地質の知識が増えたせいか、堆積岩の質が想像できました。

190127-100223002.JPG

三里浜の下から見るとよくわかりました。砂岩、泥岩、礫岩が混じる堆積岩と下の方で顔をのぞかせている粗面粗粒の玄武岩からなっているようです。

190127-104801003.JPG

その上に海生段丘堆積物と火山の噴出物が乗っています。これが分かるようになったのは、ブラタモリに顔を出し、丁寧に説明していただく地質学の先生とタモリのおかげです。

海岸の砂はさらさらした小さな粒。緻密で浜が硬くしまっています。石ころがほとんどない砂だけの浜です。根室海峡側の海岸と姿がまったく違います。荒くれの急峻の川がないせいです。

190127-114253006.JPG

その浜を漁師の車が走っていきます。三里も続くのですから気持ちよくスピードが出せます。渚にカモメが降りて、車が走って行く光景はアメリカのサンフランシスコからサンディエゴまで続く海岸線を思い出します。

190127-105150004.JPG

ところどころ水が凍みだし、凍りツララの柱が垂れています。玄武岩に沿って出てきた地下水が凍っているのです。

歩いていてとても気持ち良い、景色がシンプル。素晴しい海岸です。

190127-105927005.JPG

                                次はその上を走る花咲線のこと書きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                身近な風景 : 寒い朝・白い吐息

190113-081736001.JPG

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10302

コメント

旅に出かけた先で、鳥が分かると自然を見るのが楽しくなり、星が分かると夜が楽しくなります

地質がわかると、また別の楽しさがあるでしょうね
高校のころ地学には生物と同じくらい興味がありましたが、タモリの領域にはほど遠いです

サンフランシスコからサンディエゴまでの海岸は、行ったことがないので思い出しようがありません

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)