★ 雪少なくて・ゆったりエゾジカ ★

2019年01月24日

この冬、雪が少ない。中標津では5センチほどでしょうか。昨夜降った雪で、ようやく10センチほど。生活する人はとても楽です。動物も楽なようで、野付半島で暮らすエゾジカがのんびりとしてしています。

おばんです。小太郎でごじゃります。

181224-122215003.JPG

************************************

                ◆  雪少なくて・ゆったりエゾジカ  ◆

例年の今頃なら、積雪が膝上以上あり、歩きにくい。内陸に棲むエゾジカたちは草を掘り出すのにエネルギーを使うために体力の消耗が激しくなります。そのために掘り出しやすい雪の少ない海岸線や野付半島に集まってきます。

今季は積雪が少ないおかげで、野付半島に集まってくるエゾジカがとても少ないのです。いるのはいつも見かけるオスジカのグループとリーダーオスが率いるメスグループです。

野付半島には少なくとも4グループがいて、それぞれが縄張りを持って生活しています。生活リズムは同じようなもので、夕方から草地に出てきて草を食べだします。夜の間、活動し、朝になるとねぐらにしている場所に移動して休息をとります。

190102-065042001.JPG

雪が多い年は前足で雪かきをして埋もれた草を掘りだし、食べる作業を続けます。今季はそれがなく、のんびりと食事をしています。

昼間にハマナスの灌木の中で休むオスジカの表情は穏やかそのもです。夜中に食べた草を胃から口に戻し、丁寧に咀嚼しながら休んでいます。

181224-122012001.JPG

雪が多いときだと頬の筋肉が落ちてげっそりしているのですが、今年はふっくらしています。雪が多くて、ナナカマドの木の皮をかじって食べていた年に比べると、毛のつやが良くて肉付きが本当にいいのです。

181224-122531005.JPG

近寄ってものんびりと構え、ピリピリ神経質的な動きは一切しません。七福神の神々のような穏やかで、ゆとりのある顔をしています。

181224-122404004.JPG

                  拝みたくなるシカジカです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  身近な風景 : 注意の看板

190102-075413001.JPG

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10287

コメント

ということは、今年は質量ともにいい子供が生まれるのかな。

いい顔してますね
特に最初の写真の正面の顔がいいです

昨年北海道を訪ねたときに、何度もエゾシカをみましたが、これほど近くではなく、表情が読み取れることはありませんでした

>七福神の神々のような
>拝みたくなる

そうですね、同感です

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)