★ 凍りの時季 ★

2018年11月28日

寒気が北から張り出してきました。ようやく嫌われ者の登場です。・・・。私は大好きですが。雪がなかなか降らなくて、新記録になるのではと心配していましたが・・・。

おばんです。小太郎でごじゃります。

181125-085330004.JPG

************************************

                     ◆  凍りの時季  ◆

22日に道東に張り出してきた寒気は水と大地と空気を凍らせる力がありました。降り出した雪は少量でも融けず、わずか1時間で大地を白く塗り替えてくれました。

早朝は晴れていたのに、武佐岳を乗り越えてきた綿あめのようなぼやけた雲が走ってきたら雪が舞いだし、ホワイトアウト状態になりました。ちょうど観察していたヒシクイがぼやけ、見えなくなりました。

181123-091728001.JPG

気温がぐいぐい下がり、23日は最高気温がマイナス1℃しかなりませんでした。凍りだしの日でしたね。

25日、野付湾は氷が張りだしてきました。河口近くの水面は氷が張り、カモたちが追い出されていました。オオハクチョウは凍らないところに退避し、集まっています。

181125-065806005.JPG

薄い氷を割って泳いでいるオオハクチョウがいました。今季は内陸部より湾内でアマモを食べるオオハクチョウが多いようです。

湿原の中の池も氷が張り、水を飲みに来たオオハクチョウたちが氷の上で休んでいます。寒気が入ってきたからこその光景です。海水からアマモを拾い上げ食べると、入ってきた塩分を調整するために水を飲まねばなりません。

181125-083358001.JPG

日に何度か真水を飲みにやって来るオオハクチョウ。一休みしてまた食事をしに飛んでいきます。餌場と違い、水を飲みに来るだけですが、くちばしで水をすくいあげ、首を上げ喉に流し込む雰囲気、ビールをうまそうに飲む人とよく似ています。

181125-083407002.JPG

池の水が完全に凍り、湿原や干潟が氷に被われるまでのわずかな期間、やってくるオオハクチョウのくつろぎの様子が楽しめます。

181125-084607003.JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               身近な風景 : 朝焼けのグラデーション

              181125-062755001.JPG

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10082

コメント

いよいよ雪と氷の季節の到来ですね。野付らしい季節です。体に気を付けながら観察を満喫してください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)