★ 9月。ヒシクイやカモが渡ってきました ★

2018年09月04日

9月3日。8月28日にサロベツ原野でオオヒシクイが初確認されたと知って、風蓮湖と野付湾に亜種ヒシクイを探しに行ってきました。

おばんです。小太郎でごじゃります。

180902-052313002.JPG

************************************

              ◆  9月。ヒシクイやカモが渡ってきました  ◆

シギチドリの渡りがピークを過ぎ、寂しくなってきたところに、ガンやカモが入れ替わるように北から渡ってきだしました。

3日は朝から快晴。夜明け前の風蓮湖は風がなく、鏡の水面です。しかもしーんと静まり返っています。

深藍の空がゆっくり明るくなり、青の明るさが増してきて水平線が赤く色づきだしてきました。川の河口の葦の陰からケルルル、ケルルルと懐かしい声が聞こえてきました。

180902-050005001.JPG

約4か月ぶりの亜種ヒシクイの声です。太陽が水平線から顔を出すとと同時に32羽の群と6羽の群が飛び立っていきました。遠くて数を数えるのが精いっぱいでしたが、姿を見てわくわくしていました。

群れはそれだけ。カモの500羽くらいの群れが飛び上がってまた水面に降りていきます。引き潮で川の水が引いていくとコガモやカワアイサが上流に向かって飛んでいきます。

1時間ほど粘ってみましたが、湖面は静かになるばかり。32羽が飛んで行った方向にあるジュンサイ湖に「もしかしたら」と確かめに行ってみました。牧草地に囲われた池は周囲が林に囲まれ、サンクチュアリーになっています。

180902-070738003.JPG

クマザサをかき分け、湖面を探してみました。なかなかいい感をしています。遠くに先ほど飛び立ったと思える亜種ヒシクイたちが浮かんでいます。

ジュンサイの浮草の側で休んでいます。32羽のを確認しました。と同時に彼らは飛び上がって牧草地の方へ行ってしまいました。

180902-070829004.JPG

     さあ、これから雪が降る12月まで彼らの姿を牧草地の中で楽しめます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   花めぐり : ツリフネソウ

180808-075909001.JPG

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9766

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)