★ エゾタカラコウ ★

2018年08月15日

お盆真っ最中、急にオタカラコウ(エゾタカラコウ)が見たくなり摩周湖の外輪山、西別岳(799m)に登ってきました。今年は6、7月と定期的に花を観察しに登っています。

おばんです。小太郎でごじゃります。

180814-160609003.JPG

************************************

                    ◆  エゾタカラコウ  ◆

あいにくの雨模様。迷いましたが、12時過ぎからゆっくりと登りだしました。とっつきのがまん坂は急こう配、ほぼ斜面をまっすぐに登る登山者泣かせの坂です。

冬季にオホーツク海側からの強風、摩周おろしが木々の成長を阻害し、クマザサの草地になっている斜面です。

この特異な地形環境が高山植物の豊富なバリエーションを作りだしています。標高は低いのですが、羅臼岳や大雪山の高山植物に引けを取ることがなく楽しめます。

180814-160737004.JPG

エゾタカラコウはがまん坂を登り切り、矮小なシラカバ林を抜けた第一お花畑あたりから姿を見せます。クマザサ草原の中からフキのような葉を広げ、花茎を長く伸ばします。

花は茎の先に複数個つけます。散房状になり咲くので遠くからでも目立ちます。他の植物が生えづらいササ原で咲くので、すごく目立ちます。

180814-132731001.JPG

急斜面でポツリポツリと間隔をあけ点在し、存在感がすごくあるせいか、多くないのに群落に見えます。

高度を上げ、第二お花畑から密度が増してきます。迫力が増してきて、私の満足度が上がるんですよ。

180814-155503002.JPG

お盆時期はエゾタカラコウが満開の時期。高山植物としては大雑把な花に見えますが、高山でも力強く咲く、生命力が好きなんです。

2016/09/06の記事も参照にしてください。

エゾタカラコウ:http://blog.hokkaido-np.co.jp/love-kotaro/2016/09/post-855.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                     花めぐり : クサフジ

180722-070551001.JPG

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9690

コメント

今頃咲く花もあるのですね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)