★ 角の品格と威厳 ★

2018年08月04日

エゾジカのオスの角が2カ月のうちに大きく、立派になりました。4歳以上の成人したオスジカは頭に四尖三又の角が生えてきます。

おばんです。小太郎でごじゃります。

 180714-095755003.JPG

************************************

                   ◆  角の品格と威厳  ◆

角の成長ぶりは速く、1週間前に見た角が一回りも二回りも大きくなっています。それぞれのシカの頭に出てくる角は一頭一頭が形、色つや、生え具合などみな違います。

出会うオスジカの角の形や左右に広がる角度、バランスを比較してみるとそれぞれ個性的です。体つき、顔つき、眼、耳の形、そして角。全体のバランスで、かっこいい、悪いが生まれます。

180708-162620001.JPG

一箇所だけが良くても、全体から見るとよいとは限りません。バランスです。それをさらに美しく見せるのが行動です。

外見が美しく、行動が優雅ならば、品格が磨かれます。角が成長してきだすと個々のオスの行動に変化が生じます。リーダーとしての風格が出始めます。

180714-095555001.JPG

一つ一つの行為に行動美が出てきます。移動するとき、食事をするとき、冬に見られなかった堂々とした落ち着きが出てきます。オスの行為や行動から感じる品位です。

そんなオスはオスにもメスにも一目置かれます。夏季だというのにすでにメスジカの群れの中に立派な角を持つオスジカを見ることができます。

180729-082109001.JPG

オスがどうやってメスの群れに入ってきたのか分かりませんが、リーダーになる一歩が始まったといことです。メスたちに寄り添うことで、まず認知され、尊敬してもらう。さらに群れの仲間にも「尊敬すべき相手」と評判を広めてもらう。

周囲に一目置かれ、信頼され、尊敬されてくるとメスからメス、子ジカから子ジカへ評価が広がり、いつの間にかリーダーオスとしての威厳がメスの群全体へ定着するはずです。

オスジカを見ているとこの「威厳」は一朝一夕では手に入りません。日頃の品位ある行動の積み重ねで、いつの間にが周囲から認められていくものみたいです。

180714-095636002.JPG

           形のきれいな大きな角はその役に立っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   花めぐり : チシマフウロ

180617-130623001.JPG

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9655

コメント

政治家の皆さんも見習ってもらいたいものです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)