★ ヒバリ 繁殖中 ★

2018年07月01日

夏鳥のヒバリが子育て真っ最中です。活発に囀っていた時期に比べると上空に飛び上がっての天空囀りがすっかり減りました。

おばんです。小太郎でごじゃります。

180610-121607001.JPG

***********************************

                   ◆  ヒバリ 繁殖中  ◆

ヒバリは夫婦で子育てに励みます。餌になる虫を集め、くちばしにたくさん挟んで巣に戻ってきます。

子育て中はカラスやキツネに巣が見つからないようにとても注意を払います。巣から遠いところに降り、体を隠しながら巣に向かいます。

地味な体の色は地面やまわりの色と似せてあります。誰かが近づいたとき、動きを止めると保護色になり同化してしまいます。

180610-121732003.JPG

かと言って、いつもこそこそして巣に向かうわけではありません。私が巣に近寄りすぎた時、親ヒバリは低空で飛び回り、プレデター私の注意を自分に向けさせようとします。

私が反応しないと近寄り、ヒバリについて行くと前に連れて行こうとします。止まると帰ってきて目の前をうろうろします。囀って落ちてくるときはさっと遠くに降りるのに、雛が巣にいるときは親として必死に行動してます。

180610-121732004.JPG

普段は飛行している姿を捉えるチャンスが少ないののですが、この時ばかりはヒバリの飛行姿を撮ることができました。

180610-121737005.JPG

毎年、暴風にさらされ、せっかく生えた草が砂に埋まる場所なのに、植物が芽を出すとすぐに姿を見せるヒバリ。荒地のパイオニア。優雅に囀り、おっとりしているように見えるけど、どうしてどうしてバイタリティーに富むしっかりもの。

180610-121646002.JPG

植物が再生し、虫が生息すれば現れる環境適応に優れた鳥です。

                              花めぐり : コケイラン

180614-080950001.JPG

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9535

コメント

最後の写真、顔だけこっち向いてるの面白いですね。

家の近くの空き地でヒバリの声が聞こえ、たまに飛んでいる姿も見ますが上のような写真撮れません。残念。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)